ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

今年は本当に寒い

昨日、高幡不動のクリニックへ行ったのですが、薬局待ちの時間に、高幡山へ梅を見に行きましたが… 僕の大好きな、良い香りのするしだれの梅は上の方に2~3つ咲いているくらい。 いつも早咲きの梅も このくらいしか咲いてません。 今日も、千葉の方では粉雪…

やっぱり買って帰っちゃうよね…①

先日の世界らん展にて、本当はマキシラリアの香りがしてこなれた価格の株を探していたのですが…。無かったので、買うのをやめようと思っていましたが…。買っちゃいました。 衝動買いに近いものですね。知り合いの店員さんが上手くって…。 でも、バラ以上に衝…

アンジェラの近況

verandarosegarden.hatenablog.com とりあえず、1ヶ月経ちました。 株元からも芽が出てきたので、どうやら死んでいません(ほっとしてます。)。 というわけで、枝の上の方と株元の枯れた部分を少し切りとって、また、1ヵ月後の様子を報告という感じですかね。…

ハープシコードも

けっこう芽も出てきているのですが、アブラムシがいたり、 花がら摘んだままのところや 昨年、秋に急に寒くなったので、延びきらなかった枝に芽が密集していたりと 切れるところが少ない割りに気にいらないところが多かったので、少しずつ小さな鋏で剪定しま…

世界らん展に行ってきました

昨日、東京ドームで開催された世界らん展へ行ってきました。 今回の目的は、2つ。来月くらいから、新規に壁面緑化の商材を扱った仕事を開始するにあたって、なにか参考になるディスプレーを見たかったこと。もう1つは、先日記事に書きましたが、Denが1つほぼ…

ジャック・カルティエの剪定

小さいし、パット見そんなに切らなくてもいいかなって思ったのですが、 昨年終わりに出たシュートが途中で止まった所はこの方向ではわからないのですが、アブラムシびっしりだったり、 枝先がけっこう枯れているものもあったので、 切っていくと、けっこう短…

「ケルビーノ」の剪定

今日から、また、バラの剪定ねたに戻ります。 札がなく、枝だけの株だと「えっ、これなんだっけ。」状態なのですが、たぶん、ケルビーノかと。 シュート出す準備も出来ているみたいで、元気ありそうだから間違いないかと…。 だから、なおさらのこと、古い枝…

やっとこさ、食べてみた

今日は、久しぶりにバラはおろか植物のねたではありません。 完全に食べ物ねた。 発売以来、いつ関東に来るのか待っていたら、昨日、いつも行くスーパーで発見。 中身は そして、1本割ってみると ルマンドが入っているのがわかります。 早速食べてみましたが…

こちらも見てきました「メアリー・ローズ」

verandarosegarden.hatenablog.com ときおり、ラインなどで連絡し合っていたのですが、きちんと見に行ったのは、おいてきたときだけだったので、昨日様子を見に行ってきました。 こちらも、寒さでやられていました。 隣町だけれど、川向こうなので、暖かいか…

寒さでやられていました

verandarosegarden.hatenablog.com 昨日、近くに行くことがあったので、その後の様子を見に行ってきました。 本当は、先月訪問予定でしたが、僕の体調不良でのびのびになってしまってました。 ここだとあやしいかなと思っていたことが、やはり、エアコンの風…

これも、良い香りがしますよ

なんの花だかわかりますか? この時期、良い香りがする花(?)が売っています。 それは 榊。小さな花だし、たくさん咲かなくても、かなりの香りの量です。 バラで言えば、中香~強香の間くらい。 普段は、神棚に生の榊を上げていない方も、香りの良い花がついて…

ポラリス・アルファの剪定

あらためて、枝だけになった姿を見ると、シュートが箒形に育ってしまったということがわかります。 下の方に良い芽があれば、ばっさりいくのですが、残念ながらありませんでした。 1本元気のない枝を下から切った以外は、基本的に、細い枝を全て切り落として…

サフラノの剪定

コンパクトにはまとまっているものの、細い枝が密集して出ている状態。このままだと、蒸れてしまうので、かなり切ります。 すっきりしたでしょ。昨年の様にまとまって咲く感じにしてみましたが、どうなるかなー。 こっちを見れば、切ったなーって思いました。

寒いけれど、乾燥しているから、ちゃんと水はあげましょう

自分への戒め記事です。(あっさり書きます。) 僕は、漢方薬を煎じて飲んでいるので、煎じ中は、処方により奇妙な匂いのすることが多いので、換気扇を回しているのですが、外気を取り入れると こんなことになってしまうんです。見ずらいですが、湿度が検出限…

アブラハム・ダービーの剪定

こうやって見ると、鉢をサイズダウンさせてよかった感じの枝ぶりでした。このままでも別に咲きますが、けっこう細い枝にも大きめな花を咲かせてしまい、下向きの花ばかりになるので、なるべく、細い枝を切るところから始めました。 開花シーズン中に切り戻し…

パパ・メイアンの剪定

昨日は、比較的早く戻ってこられたので、1つ剪定しようと5時過ぎからやりました。 それにしても、明るい時間が長くなってきました。 かなりのサイズダウンをしたので鉢とのアンバランスさが目立ちますが、もともと、ババ・メイアンは花枝が長くのぴて咲くだ…

んー。今度こそだめかも

verandarosegarden.hatenablog.com 今年に入って、新芽が2つ出るものの、腐ってだめになり、昨日、見てみると、既存のバルブも根元が腐って、異臭が。 抜いてみると、根もほぼ腐ってしまっていたので、 1本だけ腐ってなかったバルブと根をミズゴケを巻いて乾…

レジスマルコンも元気ないかな…。

いつもの年だと、新しく伸びた枝が、11月のじんわりした寒さで枝がしまって、いい感じになっていくのですが、昨年は11月から冬本番でしょ。その前も長雨で日照不足で育ち悪かったでしょ…。バラにとっては災難な日々が続いているので、 こんなところがあって…

命あるということは

冬なので、家の中で育てることにした多肉・観葉植物。空調をエアコンに頼っているので、どうしても、室内は乾燥しがち。しかも、太陽の光も降り注ぐようには部屋の奥には降り注がない。昼間だけ太陽にあたるところにもってきたりするが、 間延びしてしまうし…

意外と良くないフラゴナールも切る

一見、高さそろえて終わりに思ったのですが、 やられている枝もあり、切ってみると下まで 中心部がやられている感じでした。枝の傷から、病原菌が入り障害を起こしている感じです。 意外に、カイガラムシもついていたりして。 ということで、あまり下からは…

また雪

2月2日の7時30分くらいの様子です。 うっすらと雪が積もっています。 今回の雪は量が少ないものの、水分が多くて コニファの枝だと、よく判り易いのですが、重いので、曲がっています。 バラの枝はもう少し丈夫ですが、細い枝は折れたりしますので、雪が解け…

ちょいとだけ切ってみました…「パリス」

このままでいいかと思っていましたが、鉢の下にナメクジとかいないかなと思ってみていたら、 これはやはりだめだよな、そのうち折れるから切っておこうと切ったら、細い枝もあることに気がつき とめてない枝もあったので、けっこうやり直しました。 まぁ、基…

枝を少しでも長生きさせるための剪定…「アライブ」

昨年、右の枯れ枝から出ている枝に栄養を行かせようと、左側の枝を低めに剪定して育てていましたが、それでも、元気の良いほうの成長は良いのです。 あと、もう1本くらい根元からシュートが出てきてくれれば、あきらめて、樹形をすっきりさせるのですか、が…

整えただけの剪定に…「フリュイ」

それほど、樹形が気に入らないわけでもないし、けっこう先端の芽もしっかりしていたけれど、少しバランスが悪いのと、短く飛び出した枝などがあったので、それを中心に切りました。 こんな感じで出来上がり。 でも、意外と切っていました。 今年は、寒いので…

病害虫対策のための剪定…「エウリディーチェ」

けっこう、新しい葉も出てきていて、このままでも、いいかなと思いましたが、 アブラムシとかけっこうついているので、できるだけ持ち越したくないので剪定しました。 意外と切りました。 これも、花つきが良いので、細い枝でも、花をつけちゃって、かわいそ…

樹形リセットの為の剪定…②「ボレロ」

実は、これが最後の花。良い香りがするので、切らずに残していました。でも、もう切ってしまわなければと思いましてね。 こんなんだから(笑) とりあえず、花枝と葉のついているところを落として さらに剪定して、枝の角度が悪いので、支柱で補正して、それに…

樹形リセットの為の剪定…①「ジル・ドゥ・ブリザック」

昨年、育てている最中、置き方が間違っていたのか、片方にひん曲がっている感じに育ってしまったので、ここは、小さいうちに補正しようと切ることに 左側の枝は、もう少し行きたかったのですが、芽が出そうなポイントが怪しかったため残しました。今年はちゃ…

今年はたくさん咲きました

松島せっこくという名で、9年前に宮城の業者さんから買いましたが、毎年、上手に咲かせられなかったのですが、今年はその分なのかたくさん咲きました。 購入のときに、業者さんから、「この株が一番、ビンクが乗っているからいいよ。」といわれたのを買った…

別に剪定しなくっていいかなと思ったけれど…④「ビブ・ラ・マリエ!」

これもそこそこいい感じだけれど、 長めなしっかりとした花枝を伸ばしてから咲くので、細く短い枝が飛び出しているような部分は切り取り、枝の先端は、ある程度の太さのところまで、切り戻しました。 ほって置くと、花の咲く位置が高くなる品種なので、短め…

別に剪定しなくっていいかなと思ったけれど…③「フィオーラ」

ただ、意外と花が細い枝でも咲いてしまうことが昨年わかったので、咲かせないためにも、 細かな枝は、全て切り取りました。右の太い枝にもう少し芽が出てきたら、もう1箇所切りたいところがあるくらいです。 今日からシーズン一番の寒さなので、2月の中旬…