ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

雨ばかり降っているので

東京は17日間、連続で雨が降ったと発表がありましたが、8日の様ににわか雨だったら良いのですが、ここ数日は、霧雨→雨→霧雨みたいな天気で、レーダーにも降水が確認できないレベルでずーっと降っていまして、庭に出ても風邪ひくのもなんですので、暇つぶし…

まぁ、なんとか「クロード・モネ」

これも気がついたら、咲いてました。 今月10日まで、ほとんど仕事で明るい時間あけていたので、見落としが多かったんですよね。 こんな、花が。夏の時期で、弱っているので、こんな花なんですよね。でも、ダリアっぽくて、これも好きですが…。 株全体も元…

怪しい…「オーバーナイト・センセーション」

最近の梅雨のような天気で、黒点病が蔓延してしまった、僕の庭、その中でも、一番がこのオーバーナイト・センセーション。 花は咲いているものの、全体的に、なにか様子が変ということで抜いてみました。 コガネムシはいませんでしたが、昨年の植替え時より…

黒点病蔓延中「アブラハム・ダービー」

弱りながらも咲いているのですが、黒点病+カイガラムシということから、花をとり、秋に綺麗に咲かせようという、夏剪定をしました。 とにかく、葉の付け根に、カイガラムシがいることから、黒点病のついた葉はほとんど取りさり、カイガラムシも取りました。 …

夏剪定ではないけれど…「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」の剪定&誘引

台風の後、越境がひどいものなどは臨時的にひっぱったり、切ったりしましたが、それでも、こんな状況。そこで、昨日、半日かけて、剪定&カイガラムシ取り&誘引をしました。 古い枝も5本ほど、切り捨てたり、いけるところはばっさりと。 そうしたら こんな…

かなり健闘しています「パリス」

verandarosegarden.hatenablog.com 前の記事から、少しずつ返り咲きを続けていて、この時期にでも、けっこう咲いているのです。 黒点病に注意みたいなことがカタログにはかいてありますが、意外とそれほど病気の進行は早くないみたいです。 でも、 ただ、細…

今月の「ローズ・ドゥ・グランヴィル」

verandarosegarden.hatenablog.com ぼちぼち咲き続けています。でも、 日の当たりにくいところの葉は落ちてすかすかになってしまいました。 それと、全体的に盛り上がってきたので、誘引をすこしやり直しました。 やはり、日陰に強めであるとは書いてあるも…

ジル・ドゥ・ブリザックを新苗から育ててみる…3

verandarosegarden.hatenablog.com 1ヶ月ぶりくらいの更新ですかね。 この株は。 実は、気がついたら、蕾が大きくなっていたので、咲かせてしまいました。 柔らかな感じのお花です。 香りですが、この時期として考えれば、しっかりしているほうです。 そし…

切りすぎちゃった「サフラノ」

コガネムシの幼虫を発見するも、相変わらずの様子。この時期、枝が横に伸び、正直、邪魔な存在。しかも、中心部分が込み合って、蒸れてしまっているので、少しすっきりさせてみようと鋏を持ったのですが、 冬の剪定ぐらいいってしまった…。 それと、けっこう…

「ポラリス・アルファ」の様子

verandarosegarden.hatenablog.com 8月に入ってから、返り咲きしてきました。 約1ヶ月のサイクルで繰り返し咲いていますが、やはり、暑い季節なので、花が小さいです。香りはティー系の香りはちゃんとします。 花は小さいですが、花びらの数は然程減らない…

ちょっとお疲れ風ですが…「アライブ」

verandarosegarden.hatenablog.com 安定してきたものの、まだまだ本来の姿ではないので、ばっさり行かずに葉を多めに残しています。 蕾は、制限して残しています。 そして、液肥も週に一度あげています。そして、今回は月一の肥料もあげました。 7月中旬ま…

丈夫だからこそメンテナンスが必要「レジス・マルコン」

verandarosegarden.hatenablog.com 1ヶ月程度でまた返り咲いてくれています。 ただ、 切り戻した後に、確認していなかったら、房状に何本も枝が出て蕾が出来ていました。 少しじめじめした日が続く予想でしたので、ばっさり切り、 込み合っていて、黒点病や…

あやしいけれど…「フラゴナール」のメンテナンス

ここ最近、じめじめした感じなので、忙しくもあり、3日間放置していたら、しおれていました。そこで、お水を何回もあげてもまだ写真のような状態。 根鉢を確認しましたが、とりあえず、これだけ根があれば大丈夫なので、そのまま鉢に戻しました。 それより…

ケルビーノを新苗から育てる…4.0

verandarosegarden.hatenablog.com 半月程度たった様子です。 前回の記事でも、新しいシュートの芽を摘んだにも関わらず、それでも、新しいシュート優先に成長が続いています。 それと、土の上に置きっぱなしでしたので、根が出ちゃっていました。ということ…

今年もつくりました

花がたくさん咲いても、この時期だと1日よくて2日しか花が持たないのです。 そこで、 そんな花びらを採って、花びらのみ洗って 重さを測り 同量の砂糖をまぶし、冷凍保管 凍ったまま、少し水を加えて加熱し、沸騰させて、 茶漉しで花びらを濾して、 瓶につめ…

切ってもいいんですよ…必要ないシュートは

毎年のことですが、調子がいいと、シュートをたくさん出してくれる、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールですが、もうそんなに枝数が必要ないんですよね。 まだ、この品種は良い方で、けっこう人気ある品種で…、たとえば、マダム・アルフレッド・キャリエ…

残念、まっ白でなかった

植えてから3年経って、やっと咲いたホスタ。僕のところにはこの他に4つしかホスタがないのですが、全て紫の花なのです。 そこで、白がでないかなーと思っていたのですが、やはり紫でした。 でも、限りなくうすい紫に紫のストライプが入っている上品なお花。…

記録はつけた方が良いですね…今年はやけにシュートの出がいい「ムンステッド・ウッド」

今年は、やけにシュートが出る。茎の途中も株元からも。 その分、花は少なめなのですが。 でも、夏なので、その方がいいかなと思っています。 追肥はいつもと同じだし…と思って、よくよくいろいろとどうしてだろうと考えていたんです。 そこで、とりあえず、…

こちらも返り咲きしてきました

先月、切り戻して、約1ヶ月くらいで咲いてきました。 これはリトルボーイかな。 こちらは、ベティ・コーニング、みかんのような香りがあります。なぜか、バラのアルシディック・ジョゼフとも香りが似ていますが、ベティ・コーニングの方がみかん感が強いで…

今年もこいつが…コガネムシの幼虫

バラを枯らす要注意害虫が今年も 数年前までは対策していたものの、完全に防ぎきれなかったこと、見た目が悪いこと、メンテナンス性に難があるので、今年は止めました。 そうしたら、やはり出てくるものです。 水やりの際に、土を巻き上げるような水流で発見…

久しぶりに「アルシデュック・ジョゼフ」

虫でやられた蕾もありましたが、いつもだと、少しは6月に咲くのです。 でも、今年は6月だめでしたね。病気が少ない良い年だとは思っていましたが、花がいつもとずれている気がします。 いつもながら、黒点病もうどん粉病も出ていません。 半常緑性みたいなの…

2番花が咲いてきました「ジャック・カルティエ」

verandarosegarden.hatenablog.com 蕾が食べられたりしてなかなか咲かなかったので、二番花か疑わしいところですが、咲いてきました。 シュートも短いですが、2本出たので、とりあえず、今年は良しとしたいところですが、同じ分類の「コントゥ・ドゥ・シャン…

そういえば…

先月、近所の農家の軒先の直売所で買った梅を氷砂糖とともにつけてあったのを久しぶりに見ると、かなり、液が上がってきていたので、これで2品作りました。 (写真は先月、瓶にいれた当初のもの) とりあえず、濾して 煮沸して、 熱いうちに瓶に入れました。文…

咲かせないで、夏すごさせようと思っていても…

verandarosegarden.hatenablog.com 蕾とっていたのですが、気がつくと 咲いていました。 けっこう、僕って、大雑把でゆるいので、まーいーか。ということに。 栽培して売るという仕事ではないから。いかにゆるーく行って、バラを楽しめるかという観点に立っ…

土増しもしています

コガネムシの幼虫が入っているわけでもないですし、根ぐされしているわけでもなく、株がグラグラしないのですが、土が定期的に減ります。 鉢植えのバラは。 少しずつ、水やりのときに鉢底から水とともに土が流れ出ますし、バラも生長と共に、土を分解、吸収…

3番花だけれど、今年初めてなんです「ノヴァーリス」

1番はバラゾウムシでやられ、二番もいろいろなものにやられたので、早めに切り戻しして、やっと今年花を見ました。 ですので、小さい花です。しかも、高温障害風な葉になっていますね。 でも、香りはするんですよ。アプリコット・キャンディよりも。 いろは…

耐病性だけでない「アプリコット・キャンディ」の魅力

連日、最高気温が30度を超える東京の西の端でも、この咲きっぷり。 房咲きなので、このまま茎を切りカスミソウとあわせてブーケトスに使えるくらいの、そんな状態になってくれます。 酷暑でも、花持ちが比較的よいです。 「アプリコット・キャンディ」は、少…

今年も作りました

冷凍庫の片づけをしたときに、先月採りためて置いて忘れていた、ワイルドストロベリーを発見。 でも、今年は少なかったなぁーと実感。 植えてから数年すると植え替えないと勢いがなくなり、あまりならなくなることは知っていましたが…。 それはともかく、ジ…

こんな花も

バラ以外の植物は少ないのですが、それでも、中型のホスタも6月から少しずつ咲いています。このホスタは、3年ほど前に庭に植えてから初めて咲きました。 そして、この花も。 葉は食べていないのですが、実は花が好きなんです。ニラ。見るのがですよ。 涼しげ…

久しぶりに花をみました「ウシタエ」

verandarosegarden.hatenablog.com 今年の冬に咲かなかったので、1年と5ヶ月ぶりくらいに咲きました。 ちょっと、ここ数年、弱っているので、少ししか咲かなかったのですが、このオレンジの色が大好きなんです。 初めて、見る方もいらっしゃるかも知れません…

「フリュイ」の二番花

verandarosegarden.hatenablog.com 前回の記事に書いた噴霧はあまりしなかったけれど、それでも咲いてきました。 二番花のなかで、最初に咲いたものはもう少し大きかったのですが、気がついたら、半分散っていました。 春よりも、香りの強さは落ちますが、そ…

「フィオーラ」の二番花

verandarosegarden.hatenablog.com 上のリンク記事の続きです。 先月末に、新芽以外の全ての葉が黒点病で落ちてしまって、見るも無残な姿になってしまっていましたが、それでも、咲いてきました。(というより、放置していて、ひとりでに咲いてしまったが正解…

こっちも様子を見に「モリニュー」のその後

今日は昼間、モリニューの嫁ぎ先へ 葉が虫には食べられていましたが、黒点病もうどん粉病も出ておりませんでした。 ただ、どうも、グラグラするということで、鉢から抜いて、少し調べてみましたが、コガネムシの幼虫はいませんでした。 若干、根張りが弱かっ…

この時期なのですが、初めて、僕の庭で咲きました「ビブ・ラ・マリエ!」

実は、一昨日から咲いていたのですが、忙しくて写真撮れないうちに2つだめになって、最後の1つが撮れました。 この猛暑の中の開花ですので、完全な花ではないですが、アクセントある良い香りが、強めにしました。 花枝が長く伸びて1輪だけ咲く感じでしたので…

ソフィーズ・パーペチュアルがやっと咲いてきたのですが…

今年は、本当に開花が遅れました。成長がずっと止まっていた感じでして…。 実は、数年前から疑っていたのですが、たぶんウイルス病に感染していると思います。 ただ、それが、未だ株を枯らすに至っていないことと、他に感染しないことから、様子をみておりま…

今年はシュートの伸びが旺盛です「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」

朝、撮るとどうしても逆光に。 けっこう返り咲きしてきました。 それにも増して、ことしは根元以外の場所からのシュートの発生がすごいです。 特に、昨年、カミキリ虫に食べられていなかった枝からの発生が。 かなり命の危機があったのかとも改めて思ってし…

ジル・ドゥ・ブリザックを新苗から育ててみる…2.75

verandarosegarden.hatenablog.com タイトルの数字は気分的なものなので、気にしないでくださいませ。 施肥した際に軒先から戻してなかったので、ついでに書きました程度です。 特にそれほど変わりはありません。 虫に葉は食べられているのとハダニがついて…

ケルビーノを新苗から育てる…3.5

verandarosegarden.hatenablog.com 同じに買って、同じように育てている、ジル・ドゥ・ブリザックよりも、かなり樹勢が強いことがお解かりになるかと思います。 双子芽の小さいほうを摘んだのと、 どうしても、新しいシュートに養分などが流れやすく、この枝…

一瞬「?」となりました「ラ・メール」

verandarosegarden.hatenablog.com 樹勢は強くなくとも、1ヶ月程度で返り咲くみたいです。上のリンク記事を見てわかりました。 午前中の太陽があたり、午後の日はほどほどさえぎられ、風通しの良い場所においていても、僕が行きにくい場所だと放置されている…

「アプリコット・キャンディ」の近況

うちの株だけかも知れませんが、春の開花よりも、何故か、二番花の方が花付きが良くて、房咲きするのです。写真に写っていないところにも蕾や花がけっこうあります。 原因は、この時期、バラゾウムシが減ることかな。でも、大き目のゾウムシかカメムシの仲間…

「レジス・マルコン」も比較的元気です

7月に入ってから咲いてきました。 雨や酷暑で、蕾の段階から、先端の色が取れてしまってましたので、ちょっと残念な花ですが、 香りはしっかりしており、ベリー系のアイスのような香りがします。 今のところ、うどん粉病は見られません。そして、黒点病もぱ…

久しぶりに、嫁ぎ先へ

いつも使っている肥料が無くなったものですから、昨日は、バラの家さんに寄って、そして、近くの嫁ぎ先の友人の作業場へ行ってきました。 バラの家さんは二番花が綺麗に咲いていましたよ。 僕のところとは大違い。地植えと鉢植え、農薬使用と無農薬栽培の差…

あんまり書いてなかったけれど、元気です「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」

けっこう虫にやられてしまっていますが、それでも二番花を咲かせてきました。 この時期の花は春や秋に比べて半分くらいの大きさになってしまいますが、それでも、良い香りは顕在です。 今のところ黒点病にはかかっていませんが、近いうちに出てくるような気…

「ローズ・ドゥ・グランヴィル」の近況

verandarosegarden.hatenablog.com 6月の下旬からぼちぼち咲いてきております。 日陰の部分は咲きませんが、それでも、枝がけっこう伸びてきたので、二番花が終わったら、誘引をはずして、木の誘引具を分解して、上に移動させないとだめかなと少し思っていま…

「ポラリス・アルファ」の近況

verandarosegarden.hatenablog.com 春の開花から1ヶ月くらい経ち、7月に入ってから少しずつ開花してきました。 まぁまぁ、花付きは良いみたいです。 ただ、パリスと同じで、養分過多かもね。 うどん粉病も黒点病も今のところ、ほぼ無い状況です。

「サフラノ」の近況

verandarosegarden.hatenablog.com 台風、水害皆様のところは大丈夫でしたでしょうか? 今回は九州、新潟県でかなり被害があったと聞いておりますが、今日は生憎、遠方での仕事なので、僕も、庭の片付けはできず、明日以降になるかなという感じです。 ただ、…

「フラゴナール」の二番花

verandarosegarden.hatenablog.com 春の花が咲き終わってから、1ヶ月たったころから徐々に咲き出してきました。 相変わらず、良い香りがします。(特徴がありますがね。) そして、 全体的には、サイドシュートが3本と、根元からのシュートが1本出ています。 …

「アブラハム・ダービー」の近況

ここ数年、シュートも出ず、古い枝だけなってきてしまったので、元気はあまりなく、しかも、一昨年から、カイガラムシの攻撃にもあっていて、なんとなくしょぼっています。 でも、7月に入って咲いてきました。ほぼ1日の花の命ですが。 この花も暑さに弱いで…

「ムンステッド・ウッド」で作るバラのお酒

今年も2番花の季節となりました。 僕は、花を1日だけ楽しんで、翌日、利用することに。 写真は前日のものでして。 → → → 花を摘み、花びらとしべに分けます。 花びらを水であらい、水を良くきります。 氷砂糖と水をきった花びらとホワイトリカーを入れて冷暗…

「パット・オースチン」の近況

梅雨の中、二番花が6月下旬から少しずつ咲いては散ってを繰り返しております。 僕の持っているバラの中で、一番他の植物となじむというか、庭に溶け込むのではないのかと思っています。 そんなパット・オースチンですが、気がついたら、シュートが1本真横に…