ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

バラの栽培

これくらい蕾があれば

台風19号でも、枝折れがなく無事でしたが、よくよく見ると蕾が結構食べられています。 ただ、20以上蕾がついていれば、結構咲いてくれるのです。 でも、無農薬とは言えども、天敵が結構まだ頑張ってくれています。寒くなってくると足長バチは期待できないの…

素敵な香りの季節

今年は地植えにしたので、やはり、勢いというか樹勢が違うこともあり、バラゾウムシやガの幼虫に蕾や、芽の先端を食べられてもすぐに分岐して蕾を付け咲いてきたので、一度にたくさんではないけれど、それこそ、ちらほらとずーっと咲いていた感じです。 しか…

リセット後1か月…2

結構、強いティー香を伴いながら咲いてくれました。 全体的にはこんな感じです。約1か月前、すべて葉をとったので、ぱっと見はきれいですが、 黒点が結構出てきています。最初の年だけは黒点出なかったのですが、この頃は出てくるようになってしまいました。…

強い台風らしいので

今度の週末に強い勢力を保ったまま台風が近づく予報なので、剪定をしてしまうことに。というのも、先日の弱い台風の時でさえ、サイドシュートが折れたバラがあったので、こんなやわらかい枝がながく伸びていると、意図しないところで折れたりするのと、強風…

リセット後1か月…1

カイガラムシがひどくて、黒点病で葉の落葉が激しくなったので、先月上旬に株の2/3程度の葉をむしり、カイガラムシを除去して、ついでに、せっかく出たシュートですが、方向が悪く、チュウレンジハバチにやられていたので、深めに切り戻したりしたのですが、…

えっ!

肥料をあげようと土を掘ったら、スッカスカ。そのままちょっと土をかき混ぜていると いましたよ。コガネムシの仲間の幼虫が。でも、株は比較的元気がいいと思っていたら。 鉢底を通り越して出た根が水分を吸い上げていたみたいでして…。 抜いてみるとさらに…

バランスが悪いので…

メンテナンス時に、落ちそうな黒点の葉を取り除いたのですが、ちょっとというか、かなりバランスが悪い。 ということで、ばっさりいきました。 ちなみに1本立ち、防止ということもありますし、あわよくばシュートの期待も…。ちょっと時期が遅いから、シュー…

やはりメンテは必要です

今年は、肥料をきって育てていたのですが、さすがに足りなくなって気がしたので、今月から再開することに。 同時に、雑草を抜いたり、 このような枯れこんできた弱小枝を切ったりしました。 その他、害虫のチェック&捕殺などをやっています。そんなに頻繁に…

悪あがきかも

春からの葉がまだこれくらいの状態で残っているものの、徐々に葉を落としてきています。それなれだけなら良いのですが、いろいろなことでブラインドになってしまった枝が億そして、 葉の付け根の部分、弱小枝などいたるところにカイガラムシが…。 ということ…

本当に久しぶりに

この写真だと何の花だかわからないかもしれませんが、パットオースチンです。 葉も新しく出てきたのですが、もう、黒点が出はじめています。 根張りをいかにさせるか考えながら育てなきゃならないのがわかってきたので、ちょっと悩み中です。

今年は枝枯れの多いこと

キルケ、パット見、新しい葉が茂ってきていて元気かなと思っていたらね、 枝の枯れ始めが2本も。 マネもか…。その他も結構枝枯れがあって、一応、コガネムシも疑ってみたけれど、かじられていないし…。 やはり、雨多い年は枯れるのが多い気がしています。

実は放置しすぎていて実情を把握しきれていなかったから

気がついたら、咲いている感じとは毎回書いていますが、でも、アーチにもたれかけさせたままで、枝ぶりもなにもほぼ見てないというのが実情。 カタログとは違って、うちのはほぼ香らないから、身近なところに置くこともないのだろうかと思い、地植え向き品種…

来年へ向けて

今年は、自由な感じで自然樹形で行くことにしていたのですが、他のバラも大きくなってきて、どうしても、そのままの大きさで保てないもの、そして、大きくしてみたくなったもの等があり、これだけ1つスペースを割くわけにはいかなくなってきました。 そこで…

やっちゃいました→2か月後

実は、8月頭くらいに、枝枯れと樹形の気に食わなさから、バッサリ行って、しまったのですが、8月下旬には芽が出てきました。 9月下旬はこんな感じ。 チュウレンジハバチにやられたり、先端もなにかにやられたり、葉も黒点になってきましたが、そのまま育てて…

久しぶりの開花…5

小さくて花弁が少ないのですが、咲いてきました。いつも通りの良い香りでね。 鉢をサイズダウンさせてから、太い枝が出なくなったので、あまり大きな花は咲きませんが、省スペースで楽しむことができるのでこれはこれで良いかと。 黒点病にすごく弱いわけで…

黒点病に意外と弱い

毎日、落ち葉を拾うのですが、落ち葉の割合の多くが、そう、ローズ・ドゥ・グランヴィル・ 今年の気候ということを抜きにしても、春一番で出てくる葉以外は、結構すぐに黒点になるというイメージを持っていただいても差し支えないと思います。 そして、黒点…

久しぶりの開花…4

いろいろと不調+外注で、蕾がついても、やられてを繰り返してやっと咲いたという感じです。なので、この花も結構食われてます。 全体的にも、まだ復帰途上といった感じでして…。 まぁ、もともと返り咲きの能力は高いほうではないかと思っているので…。今年の…

久しぶりの開花…3

本来の花型ではないですが、咲いてきました。 僕よりも、喜んでいるのは、花粉や蜜を集める虫たちでして、この写真を撮り終わるとすぐにミツバチの仲間が来ていました。 全体的には、こんな感じ。ちょっと肥料やってなかったからかという感じですね。肥料を…

久しぶりの開花…2

本当に久しぶりでして…。暑い季節、蕾が少ない+外虫で咲かなかったという感じです。涼しくなってくれると、やはり、バラにとっては良いみたいです。 結構葉が黄変して落葉しています。原因は黒点というよりも、日が当たらないところ、そして、春からの葉で古…

久しぶりの開花

シャドーストライプがわかりにくいですが、ビェ・ドゥです。 そして、さらにわかりにくいですが、花に来る虫を狙ってカマキリがおります。 こっちの向きから撮った写真の方がわかりやすいかな。 こんなところにカマキリがいるので、香りは嗅いでおりません。

やりたいときに鉢増し…2

先日、記事にしたシャリマーですが、あの時の花が咲き終わり、台風の対策で鉢をずらそうとしたら、スポッと抜けたんですよね。そしたら、根ががっちり巻いていたので、鉢増しすることにしました。 小さな蕾がついていたのですが、虫にやられていたり、チュウ…

初秋の開花…5

小さめですが、けっこう咲いてきています。 咲き始めは、左上写真の様な感じですが、咲き進んでくると右上写真の様になります。 まだ暑いですから、花弁が少なめだし、色はショッキングピンクですが、あのベリー系フルーツ香は健在ですよ。 レジス・マルコン…

初秋の開花…4

ほぼ、すべての葉を黒点病(がメイン)で落としてから、葉の復活がてら咲いてきた感じです。 今年の夏は、低温・長梅雨からの酷暑で、いつもの年なら暑いときにでも結構咲いてくれるのですが、今年はそうでもなく、開花時期がずれた印象です。 何となく、夏の…

やりたいときに鉢増し…1

いつも、土替えや鉢増しする時期まで、あと、3か月あるかないかですが、でも、3か月大きいんですよね。 ということでやってしまいました。 verandarosegarden.hatenablog.com 前のリンク記事で書いたとおり、背が高くなり、倒れやすくなったこと。 そして、…

初秋の開花…3

今年は、7月くらいに、がっちり剪定したりしたのと、食害に結構あっていて、先端丸裸状態の枝が多くて、あまり咲いていません。 このあと、ブラインドの枝を切り戻しなどかるーくメンテしました。

けっこう咲いてきました

verandarosegarden.hatenablog.com 上のリンク記事の続きです。 今回は3つ同時に咲いてきました。そのほかにも蕾がありましたが、少し虫食いのあるものは摘み取りました。 やはり、結構元気でして、黒点病にはかかっていません ちなみに、黒点病の葉が写って…

復帰してきました

verandarosegarden.hatenablog.com リセット後、4週間程度で、こんな感じ。 今年は肥料を少しやらないでいるので、葉も花も小さめで復帰中です。 蕾は、これからやられてすべて咲くわけではないと思いますが、それでもこれだけあれば、少しは楽しめそうです。

初秋の開花…2

この時期、恒例の葉無し状態での開花です。(笑) 花弁がほぼなく、5枚のものもありますね。 花がらはきちんと摘んで、秋雨がある時期なので、水のやりすぎに注意しながら育てると、もう少ししたら復活してきます。 こんな花弁が少ない状態でも、甘い香りは存…

初秋のアーチのメンテ

太いサイドシュートに咲いた後、切り戻しをしたら、伸びてきて、箒状になって咲いてしかも、越境しだしたので、強めにばっさり行くことに。 ついでに、アーチの方に沿うように剪定しました。 この、アルシデュック・ジョゼフは半常緑な性質があるので、寒く…

初秋の開花…1

夜温が下がり涼しくなってくると、バラの花もけっこう咲きだしてきます。まだ、夏の疲れからか、しっかりした花ではないこともありますが、個人宅の庭でしたら、なにもない期間が1か月くらいあるよりも、これくらいでも、なにかしら咲いているほうが良いので…