ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

バラの栽培

もっと早くしておけばよかった

黒点も出ていますが、ぼちぼち咲いていたので、今まで、植え替えを伸ばしてしまったというのもあるのですが、もう12月に入ったので、やりました。 培養土が鉢底から流れていたり、(空洞にはダンゴムシが越冬中)蟻が巣を作っていたり、根がよく張っていない…

ずーっと

寒くなってきたので、咲き進まないのと、どうも、花弁の数と大きさのバランスから開かない。前にも書いたけれど、ボーリングのままです。 ただ、たまに雨がふったりするので、腐って終わるという感じです。 まだ蕾が残っていますが、この寒さだと咲くのかな…

振り返ってみて

昨年の日記をチェックしていると、どうやらこのケルビーノを昨年、土替えなどしていないことが判明。ということでやりました。 根が良く張っていて、抜くのにけっこう苦労しました。とりあえず、少し根を切って一回り小さくして植え付けて終わりだなって思っ…

こんなに香りがしたのは初めてかも

植え替え時に蕾を数個残していましたが、それが咲いてきました。 だめになった蕾、枯れこんできた枝、黒点だらけの葉、植え替え時の根をかなり落とした影響も出てきているとは思いますが、そんな中咲いた この花、ビェ・ドゥらしいシャドーストライプはほぼ…

気がついたら咲いていた

地植えにして1か月弱、気がついたら蕾が開いていました。 暗い時間にとったので、ボケてますが、こんな感じの花です。 まだ香りはちゃんとしないですが、何となく、グリーンの感じが感じられました。 やはり、ある程度、年数を重ねて大きくならないとダメな…

久しぶり&今年最後の開花

弱らせてしまってから、数年間はあまり咲かせないし咲かないのですが、やっと咲いてきました。 いつもと同じく、表現するならフルーツ香。でも、今回の花は、ベリーではなく、いちごのような香りが入っていました。 黒点にはじわじわかかりますが、基本的に…

久しぶりの開花

久しぶりの開花。いつもよりも、クリームイエローの割合が高いので、一瞬「?」となったのですが、間違いなく「クロード・モネ」です。 そして、色合いだけでなく、香りの質も少し変わっているような。いつもと。 フルーツの香りがいつもより少なく、アニス…

来年へ向けてレイアウトチェンジ…5

何となく、今年は元気がなかったのと、2シーズンこの土で過ごしたので、植え替えることに。 抜いてみると、根鉢はしっかりしていましたが、全体的に詰まりすぎ?な感じ。 なので、根を完全にほぐすことに。 それだけではなく、1周り鉢を小さくして置く場所を…

凄い久しぶりに

昨日、雨が上がったので、外を見てみると、先日から開きかけていた蕾が、しっかり開いていました。 地上から2m程度の場所なので、香りを確認することはできなかったのですが、たぶん、濃厚なティー香がしているかなと。 この季節、朝の小一時間程度しか直接…

大物の2年に一度の植え替え…3

3つ目は、ソフィーズ・パーペチュアル。ぬけづらかっので、久しぶりに「植え替え名人」なるものを使いました。 あれ…。根が底の方に無い…。 小さめなのと大きなものが1匹ずつ。犯人はこいつらだが、また疑問は深まるばかり。 絶対、なにかに食べられているか…

今年最後かな…

メンテンス時に1個だけ残しておいた蕾が徐々に開花しています。 なので、開ききるまで花が落ちないかどうかですね。 香りもまあまあしますが、色が薄くなるにつれ、香りが薄れている感じです。 開花直後の強い香りも好きですが、薄らいできた時に感じる、少…

大物の2年に一度の植え替え…2

2番目は、リハブリック・ドゥ・モンマルトル。秋から少しずつ復活してきました。2年ではなく、3年くらい植え替えてないというか、植え替えてもほぼ土をほとんど変えていない植え替えだったので、今回はかなり土を落として植え替えてみようと。 これは本当に…

大物の2年に一度の植え替え…1

今回は、この4つの大きめな鉢のうち、3個を植え替えすることにしましたが、この時はすんなりいくかと思っていました。 とりあえず1つ目のムンステッド・ウッドを。 地上部の割には、根鉢の下側が崩れてしまっています。 イングリッシュローズの国内栽培では…

ぼちぼち咲いている…4

今年は、あんまり咲かなかったというイメージがあったのですが、数は少ないけれど、ぼちぼち咲いていたんです。 葉は黒点が出ていますが、全体としては、安定していると思っています。 甘い香りも安定しています。他の品種は季節によって香りの質が変わるよ…

このままじゃ…だめだよね

庭の端に置いていて、気がつけば、水やりもちゃんとやられてないし、花も春に咲いて終わりなので(買った当時は四季咲き)、ついつい、なんにもしてなかったのです。 土はからからで、まぁ、こんな感じ。捨てるのも…。 ある意味、捨てるかんじのような場所に…

ぼちぼち咲いている…3

黒点病が今年はかなり出ていますが、ぼちぼち咲いてきました。 不完全な花ですが、ティーの香りがしっかりします。 蕾の花がすべて咲いたら、植え替えしようかなと考えています。 ちょっと今年調子悪かったので、来年は調子が上がるとうれしいです。

元気はつらつではないので…

なんか、シャキッとしてないのと、昨年、コガネムシの影響で植え替えたけれど、今年は確認していないから、ということで、ヤバいかなと思いつつ植え替えに。 いつも通り、根を露出する時間を短くするにも、ちゃんと次に植える鉢に土と肥料は準備しておきます…

ぼちぼち咲いている…2

昨年と比べて、本当に今年はすごく咲いてくれている印象が強いです。 寒くなったので、花弁が痛みにくいので、花の命も長い。しかも、けっこう香りも薄くなりながら残っていてそれもいい。 これで黒点病に葉が強ければ、いうことないのですが…。 それでも、…

余ったものを利用して…2

このセットに入れられるちょうどよい株がないかなーと思って 壁際を見渡したらありました。 とりあえず、培養土と肥料を鉢に入れるまでは準備して、 とりあえず、誘引を外してから 根鉢はあるものの、なんかちょっとすかすかしている。土うまく入れられなか…

ぼちぼち咲いている…1

全体の感じとそれぞれのUPの写真です。 それにしても、すごい黒点でしょ。このアブラハム・ダービーは結構黒点になるのですが、葉が黒点に罹患してから、葉が落ちるまでの時間が長い。葉を落とさないように頑張っている様な気すらするのです。 先月末から…

余ったものを利用して…1

今シーズン、誘引はせずに枝同士を絡めたりしていたのですが、どうしても、花が咲くとした向きに咲く花につられて細い枝も下垂していました。 先日の、レイアウト変更で余った鉄製の誘引具を利用することに、 少し弱小枝は整理して、なるべく、重ならないよ…

来年へ向けてレイアウトチェンジ…4

蕾もちらほらついていますが、黒点病もけっこうかかっている状態。ただ、今年は、細いながらもベーサルシュートが2本出たので良しとしたいのですが、なにせ、購入後数年の勢いはなく、処分も頭をかすめましたが、誘引も剪定も極力しない放置栽培を試みようか…

来年へ向けてレイアウトチェンジ…3

まだ、花が咲いているだけではなく、蕾もついています。ただ、昨年も植え替えていないし、手隙の期間なので、やってしまうことに。 → まずは、隣になるオーブの誘引の幅を狭くすることから始めて、 植える場所に鉢を設置しました。鉢は、風で倒れないように…

めずらしく開かない

こんな感じで、もうかれこれ数日。外側だけ開いて、内側は開けない状態。そう、ボーリング。中の方を触ってみたけれど、キャベツを1枚ずつめくっていくと、だんだん剥きづらくなっていく感じと同じく、花弁がみっちり重なりすぎていて、開けないみたいです。…

来年へ向けてレイアウトチェンジ…2

次は、エドゥアール・マネをアカデミー・オルレアンの隣にもっていくことにしました。というのも、黄色のバラとなじみそうな、フェンスを覆えそうなバラがパットオースチンとこれ。で、パットオースチンこれよりも、黒点に弱いので、エドゥアール・マネにし…

虫食い多いけれど…

久しぶりに咲いてくれました。今年は長雨の影響で、軒下栽培でも、かなり黒点が出ていて、日照不足+長雨のWパンチで弱り気味だったのかな。 でも、秋の花。香りは強く、そして濃厚。さらに、長めに楽しめるという感じですかね。 この時期になると、濃いピン…

地植えにしたら本来の性能がでるのか?…②

地植えにしたら本来の性能がでるのか?という品種がもう一つ、前回のシャンペトルと一緒に買った、リヴェール。ネットには耐病性があるとされているが、今年の天候というのもあるけれど、いまいちで、ノヴァーリスやアプリコットキャンディの足元にも及ばな…

地植えにしたら本来の性能がでるのか?…①

蕾もついてきたのですが、 黒点も地味について、この品種も葉をパージしやすくて葉も少なくなりやすい。 耐病性に優れるという文句が書いてあったけれど…。しかも、花の香りもほぼ感じられないということもあり、ある意味、姥捨て山へという感じで 春の彼岸…

今年は辛いわ

フリュイだけの話ではないのですが、なんでつらいかという原因は長雨で晴れの日数が少ない。葉がどんどん落ちていくのは黒点病なのですが、葉自体は黒点病が目立ちにくいのですが、少しでも罹患すると葉をパージしてしまう性質があるんですよね。 そしてね、…

あと少しだけれど

だんだんと寒くなり、成長も鈍くなる時期で、剪定の時期まであまり伸びないのですが、それでも、越境はまずいので、対処することに。 とりあえず、柔らかい針金でまとめる前に、弱小枝や内向きの枝など、蕾かついていない枝中心に選定をしてから、針金でまと…