読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

開花直前だけれど、すっきりしました-3

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事の続きになります。 結構芽吹いてくれました。ここまでくれば一安心。以前の記事に書いたようなこともあって、芽を摘んでおりませんでした。 ぱっと見然程問題なさそうなんですが、混んでいるところは 軽いうどん…

開花直前だけれど、すっきりしました-2

verandarosegarden.hatenablog.com 上記事の続きになるのかな。 僕のところのハープシコードは、買ったときには、なにか、テングス病みたいな感じになっていて、その後も枝が伸びないのに、芽ばかり出て、葉が茂ってしまい、込みすぎてしまうというが1年続…

たぶん一番花は全滅ですが…

小さくとも、庭の端ってあまり気がつかないのか、気がついたときには時すでに遅し、バラゾウムシとかにやられていて、一番花はたぶん咲かないんだなぁ~、と2週間前くらいに思いました。写真見ると大丈夫そうに見えるでしょ。これは一度やられて、それから復…

開花直前だけれど、すっきりしました-1

自分でも、今年は結構放置プレー気味だなぁと思っているのです。その理由は、病害虫、特にうどん粉病の発生が少ないことがあるのかと。でも、黒点病も少しずつ出だして、さらに、ハバチの幼虫による食害が出だしたので、すっきりさせるものはしてしまおうと …

これも出現

ある意味3番目に出て欲しくない害虫 そう、バラゾウムシ。 4月中旬になると出てくるんですよね。 一昨日だけで4匹、昨日は6匹とりました。 見つけるポイントは 葉の先や葉がかりかりにしおれている感じ。こんなところの近くにいます。 写真はノヴァーリ…

第一村人発見ではなく、第一うどん粉病発見

先日の雨のとき、葉の撥水性が落ちてきたので、黒点病予防も兼ねてこれの2つのミックス水溶液を噴霧しました。 いつもうどん粉病にかかるサフラノもまだうどん粉病出てないなーなんて思っていたら、意外なやつにうどん粉病を発見 わかりにくいのですが、右側…

この天候を利用して

ひさしぶりに家にいるときに晴れの時間が長い日がやってきました。 待ち焦がれていましたよ。 今日はこの2つの溶液をミックスして噴霧しました。 噴霧している最中に こんな箇所を2箇所発見。 分解してみると、こんな虫がいました。(上の写真と違うところの…

やはりだめでした

verandarosegarden.hatenablog.com 続きです。 やはりだめでした。この枝。どんどん枯れていきます。 思い切って枝元から切断しました。 枯れ枝は硬いので、直径1センチ位からノコを使いましょう。 見切れていますが、癒合剤も忘れずにね。

New Roses 別冊 「新しいバラの新しい栽培」

先日発売された別冊の本です。 無農薬栽培に関する記載は残念ながら少ないのですが、それでも、耐病性などについていくらか記載があるので、品種選びの際の参考にはなるかと思います。 こう書くと、まぁ、たいしていいこと書いてなかったのかなぁとおもわれ…

混み過ぎてきたので、間引き剪定を

ここ数日暖かい日が続いたので、いろいろな植物も一気に成長してきました。 特に、このハープシコードとパリスは、大きさの割りに、どうも葉が込みすぎていて、黒点病などの原因となりそうでしたので、少しすっきりさせました。 ハープシコード → パリス → …

4月に入ったら追肥始めましょう…鉢植えのバラ

4月に入り、写真の様に芽吹き、葉が大きくなってくると、もう植替え時の肥料からの栄養分は使われてしまっているので、僕は、今月から追肥を始めています。 特に、 僕が使っているこれや、自作の完熟有機肥料、1ヶ月程度しか効き目が持たない肥料の場合は、…

雨の当たらないところでの栽培は

verandarosegarden.hatenablog.com バラ自体は上のリンクのものと同じです。2週間程度で、かなり葉が展開してきました。 このバラの置いている場所が、雨が直接当たりにくいところなので、葉に汚れがたまりやすいのです。 そこで、それを綺麗にするために水…

もう水やりは忘れずに

verandarosegarden.hatenablog.com 続きです。 結構、切ったので、若干大丈夫かなと思っていましたが、結構いい感じでしょ。 これは、なるべく大きくしないで、育てたいなー。 それよりも、にわか雨があるから安心していたら、雨の当たらないところにあった…

芽吹きの季節は害虫も活発に

先日の記事でも、芽吹きの季節のことを書きましたが、同時に、害虫発生の季節でもあります。本当は発生ではなく、越冬したものが活動を開始するということなので、越冬させなければ、良いことなのですが、小さなものだと見逃してしまいますよね。 無農薬栽培…

ローズ・ドゥ・グランヴィルのその後

verandarosegarden.hatenablog.com 3月に入って二日目。実は誕生日なんです。 それはさておいて、暖かくなってきたので、もうそろそろ、病害虫対策を検討したほうが良い時期になってきました。 ローズ・ドゥ・グランヴィルです。 もうこんなになっているとこ…

剪定後の様子

verandarosegarden.hatenablog.com 剪定から1.5ヶ月後の様子です。 かなり、芽吹いてきていますが、枯れた枝も出てきました。 人間だったら、抗生物質投与とかの状態なのかと思っています。 でも、そんなことできませんので、枝を落とし癒合剤を塗ることぐ…

剪定を始めているのに…

未だ花が咲いているものが…。ということで、葉をむしったり絶対に休眠してもらうことに。 → このフィオーラは1個だけ開花していましたが、残りは最近の寒さでつぼみ成長しないので、それも撤去しました。写真には撮りませんでしたが、うどん粉病になりかか…

隙間時間で葉っぱとり

写真はハープシコードですが、まだまだ、葉を取りきれていないものがあります。 一見とらなくてもよさそうだけれど、アブラムシびっしりなんですよね。 寒くなると越冬を兼ねてアブラムシが葉の裏やつぼみの重なっている部分に入り込んでいるので、結構な数…

剪定準備

昨日から温度が下がり、ようやくバラも生長が止まることができそうなので、とりあえず、日陰のバラの葉をむしりとりました。 (年末年始の暖かさがあったので、ちょっと様子をみていました。) 葉があるといっても、この程度ですから、すぐ終わりました。 葉っ…

一応植替えしました「パパ・メイアン」

つぼみはついているし、今年はシュートを出してないから、植替えしなくとも、根が詰まっていることも無いだろうと思ったのですが、コガネムシショックがあったので、植え替えることに。 予想通りの根の状態でした。 これに浸けるのが今回の目的見たくなって…

「アブラハムダービー」の植替え

黒点病とガの幼虫につぼみをやられているアブラハムダービー。 昨年、植え替えたにも関わらず、シュートも出ず、いまいちなシーズンでした。 とりあえず、抜いて根と虫の確認を。 根が意外と張っていませんでした。とりあえず、コガネムシ確認を それから、…

「ノヴァーリス」の植替え

今年は本当に咲かなかった。ただ、葉が枯れてきているけれど、大きな病気はせず、春先のうどん粉病の蔓延のときだけもらいうどん粉病程度の発症で済みました。 ただ、コガネムシの幼虫を夏にこの鉢から発見しているので、どれぐらいの根の状況かと思いつつ抜…

「アプリコット・キャンディ」も植替え

花は何故か咲かないものの、一応つつがなくしているアプリコット・キャンディですが、夏には、コガネムシの幼虫も見つかっており、その実どうなんでしょうね。と思いつつ抜いてみると 上部に根が少なめになっており、一応、やられたけれど、復活してきました…

「ソフィーズ・パーペチュアル」の植替え

鉢をずらした衝撃などで、花びらが落ちてしまいましたが、それでも、つぼみが結構あって、まだ開花が期待できる状況でしたが、 いろいろなところに、カイガラムシがたくさんついておりました。 まず、そのカイガラムシの除去から初めました。 それから鉢を抜…

「ムンステッド・ウッド」の植替え

先月まで、花をつけて、今年もがんばってくれたムンステッド・ウッド。 でも、9月からの長雨で葉に黒点病が出ただけでなく、全体的に葉が弱っていたので、心配しながら抜いてみることに 根張りがいまいちでした。 コガネムシの幼虫は出ていなかったはずです…

「ハープシコード」の植替え

なんだか、いまいち全体的に活力が感じられなくなったハープシコード。花も1つしかつけていないし、ひょっとして、根になにかあるのかと思いみてみました。 割合新しい根はあるのですが、思ったよりは、ちょっと少ない感じ。 コガネムシの幼虫対策のため 3…

「オーバーナイト・センセーション」の植替え

こんな天候の良くないときに意外とがんばってくれたオーバーナイト・センセーション。ただ、他のバラ同様いろいろとやられています。 根の状況ですが、あまり成長していませんでした。結構、繰り返し咲いていたので、根の成長分のエネルギーが花に行ってしま…

鉢増し植替え「コントゥ・ドゥ・シャンボール」

verandarosegarden.hatenablog.com ハダニ、黒点病、カイガラムシの3重奏にやられながらもずっと成長し続けていたコントゥ・ドゥ・シャンボール。とにかく、カイガラムシとハダニがすごかったので、植替えにあたり、まず、葉を全て取り去り、カイガラムシを…

「サフラノ」の植替え

枝枯れが進んで、2本のみになった枝を植替え時に斜めに植えてまっすぐする計画のもと、鉢を斜めに育ててきました。 とりあえず、黒点病と虫食いが目立つサフラノですが 植え替え名人なる道具を使わないとなかなか抜けないくらいでした。思い切りぬいたので…

再発してました「アライブ」のがんしゅ

verandarosegarden.hatenablog.com 前回の記事を書いてから、2ヶ月。なんとなく元気が出てきたかな?という感じでしたが、土もちゃんと取り替えてなかったので、根の様子をちゃんと見ようと抜いて込みました。 根鉢もまあまああるなと思いましたが、崩してみ…

「レジスマルコン」の植替え

黒点病も散見され、そこそこ虫に葉を食べられていますが、そこそこな状況だったので、鉢から抜いてみると 根鉢もしっかりしていて、根も良い感じだったので、そのまま鉢増ししようかと思いましたが、 いちおう、コガネムシの件があるので、30分程度リキダ…

調子があまりあがらない株は夏でも抜いて確認が良いかもね

つぼみはつけているが、調子が今季ぜんぜん上がらない「クロード・モネ」 鉢を小さくしてみるかと思って抜いたところ 根鉢が崩れ、昨年よりも小さい。 これはと思い、水洗いしたところ ピントがずれていて、わかりにくいですが、がんしゅてきなものが。 この…

「レンゲローズの枝変わり」の鉢あげ

やはり、小さいバラは庭に植えると、知らない間にどこかしら引っかかって、特に手や脚をけがをしやすいので、鉢植えで育てることに。そこで抜いてみると 根が切れただけでなく、結構根が張っていなくてびっくり。 半日陰だったことと、モグラの通り道だった…

パット・オースチンの植替え

verandarosegarden.hatenablog.com 玄関においてあるバラは1つだけなので、忘れないうちに早めの植え替えをしました。 状態は、それほど悪くなく、虫にやられているのと、黒点病の葉があるだけです。 鉢を抜いてみると 無理やり抜いた割に、根鉢がしっかりし…

鉢増し植替えしました「ローズ・ドゥ・グランヴィル」

verandarosegarden.hatenablog.com 最近の気温は、11月?と思うくらい寒いですね。 これも、月の中旬から忙しくなるので、植替えました。 植替え前の様子。つぼみも無く、黒点病の葉も結構落ちています。 寒くなってきましたが、日照もあるので、元気を取り…

衝動買いしたらだめと言っている僕がね、また…

先日、バラの家に、土と肥料を買いに行きました。 その後、近くの方にお会いする約束だったので、自宅を早目に出たら、バラの家に早く着いてしまって、園内を見ていたら、入り口の特売コーナーを見なければよかったものの、見てしまったんですよ。 半額:150…

ジャック・カルティエ新苗のその後⑦

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事から早いもので、1月半程度過ぎまして、 虫に葉は食べられたり、アブラムシはついていますが、それなりに元気になってきました。ただ、9月中旬からの天候不順の影響で、つぼみはあるのですが、本当に小さい感じ…

バラの花がなかなか開かないときは

つぼみがかなり膨らんでいて、外側のバラの花びらがくすんできていて、えっ?と思うことがあると思います。 そんなときは、花びらを一枚一枚丁寧にめくってみてください。 そうしたら、 こうしたことになっているときがあります。 虫も捕殺し、食われた花びら…

エヴリディーチェの特売品を買って見ました

先日の日本橋三越の記事にちらっと書いた株がこれなんです。 電車であちこち持って歩いている最中につぼみが1個無くなっていましたが、取るので、関係なし。ついでに今あるつぼみもピンチしました。 根の状況はこんな感じ。根ぐされは無かったので一安心で…

危篤「フラゴナール」

先日、枝枯れが進んでいた時にステンキャンカーが進んだと思っていただけで確認しなかった僕がおろかでした。 今日、植替えが必要な株を探していたときのこと。 ちょっと持つと すっぽ抜けました。やられました。コガネムシの幼虫の被害です。 水で土を洗い…

こんな不順な天候の年でも咲いてくれる「ソフィーズ・パーペチュアル」

他のバラがよくない状況でも、こんなに咲いてくれる。 とにかく、連続開花性が高い。 黒点病で夏に全て葉を落としても、ここまで、復活して咲くというところは、かなりの評価をしています。 うどん粉病に若干強く、黒点病には弱いのですが、でも、強健。 ち…

しないほうが良いのですが…

この時期になると、うちのルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは下から2/3くらいまでの高さが小枝などをカットして丸裸にしています。 理由は、他のバラに日が当たらなくなって、庭全体が暗くなること。それから、落ち葉対策。そして、今年は 昨年ほとんど…

早いですが「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」の植替え

植替えする気は実はありませんでした。 でも、鉢を抜きたかったことがありました。それは どんどん葉が枯れて落ちていくのです。 この場所は日当たり悪く、昨年も「アライブ」が瀕死になった場所ですので、仕方ないなと思っていましたが、ひょっとしたらコガ…

今年の秋のバラは

先日の記事でも、有島先生とお話する機会があったと書きましたが、やはり、今年の秋は、9月の日照不足でバラの生育が悪い旨のお話をされました。 そして、来春のことを考えて、つぼみをとったりしているとも。 実は、僕の庭のバラも半数以上は調子を崩して…

びっくりするほど伸びてきました「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」

verandarosegarden.hatenablog.com 前の記事から半月程度過ぎて、新しいシュートが50センチを超えてきました。 さらに、 もう1つ出てきました。 こちらは、これから寒くなること、日が当たらなくなっていくことから、大きくなることが期待薄です。 ところ…

秋の開花「オーバーナイト・センセーション」

葉がみすぼらしい状態だったので、先月、全部むしったのですが、それでも咲いてきました。 9月の長雨で、つぼみが腐ったりしたものがありましたが、主に軒下で育てていた、このオーバーナイト・センセーションは大丈夫でした。 ただ、つぼみに、ガの幼虫が…

アーチの守鳥(?)

わかりにくいですが、真ん中に「シジュウカラ」がうっつています。 たぶん、いつも来てくれる個体だと思うのですが、彼(?)はアーチ周辺を丹念に飛び回り、いつも、数匹のガの幼虫を食べていってくれます。 僕も結構ガの幼虫を取る方ですが、彼には太刀打…

「パット・オースチン」のその後

verandarosegarden.hatenablog.com 上のリンク記事の続きです。 現状は シュートの花が終わり、つぼみがひとつあるだけです。 真北の玄関横においてあるので、けっこう日照時間が短くなってきました。 いろいろな葉に黒点病も出ていますが、進行は比較的遅い…

秋はさらに良い香り「パパ・メイアン」

この時期になると、いつも咲いてきます。 夏よりも、花がしっかりしていて、香りが強いです。 以前にも書きましたが、樹形は美しくありません。 花首がとても長く、ひょろっとした感じです。 この花のまま、シュラブ樹形があったら、非常にうれしいです。 と…

黒点病の状況「ローズ・ドゥ・グランヴィル」

verandarosegarden.hatenablog.com 上記リンク記事の続きです。 最近はこんな感じです。 黒点病もそこそこかかっている葉がありますが、他の種類のバラに比較すると進行が遅い気がします。 また、葉の黄変は、黒点病以外の原因のような気がしています。 新芽…