ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

バラの無農薬栽培

調子悪い株の植替え…その1「ボレロ」

黒点病でほぼ葉を落としてしまい蕾だけになってしまったボレロ。 しかも、長雨の影響をずーっと受けっぱなしでした。 新芽が出てきて、葉が展開しようとする時期になっていました。 箸もズブズフささり、これは、コガネムシの幼虫も考えなくてはと思いつつ抜…

これも今シーズン最後かな…「アブラハム・ダービー」

昨日の朝はすごく冷えましたね。 僕のところでも、車のルーフはガリガリしていましたよ。 そんな中、開いてきました。 いたるところに黒点病だらけでも、ちゃんと咲いてきます。 しかし、成長して大きくなっても、黒点に強くなることは僕の株ではないのでは…

華やかさがある…「エドゥアール・マネ」

名前のもとになった画家の作品はあまり華があるとはいえないけれど、このバラは華があると個人的に思っています。 だから、違う名前が良かったなーって思ったり。 うどん粉病にも少しかかり、黒点病にもまあまあ罹患しますが、丈夫な部類です。 シュラブにし…

鉢増し・土換えシーズン突入…まずは「ポラリス・アルファ」から

ここ2週間ほどで、黒点病が目立つようになってきました。でも、今年みたいに雨の多い年で、10月後半まで黒点病が目立たないというのは、非常にすばらしい品種です。 そして、春先、鉢が残ってなかったので、9号の平鉢に植えていたのですが、大きくなると…

久しぶりに咲いてました…「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」

ここ数年の様子から、夏の終わりからあまり開花しない感じがしているのですが、今年もその印象が強くなりました。ただ、開花の発見が遅れるほどの日当たりが良くない場所にあるので、条件の良い場所だと、もっと咲くかもしれませんね。 香りは濃厚。花の色と…

名前にマッチしている花だといつも思う「ビェ・ドゥ」

今年は特に、長雨の影響で調子が悪く、蕾も何個かだめになってしまうし…。雨の少ない年なら黒点病がほぼ出ないときもありましたが、今年はばっちり出ています。 それでも咲いてくれました。 春よりも、ピンクが薄く、淡く、やさしい感じが、なんとも言えない…

久しぶりにこの香りを嗅げました「アライブ」

1ヶ月半以上あきましたが、咲きました。蕾をある程度制限していたので、仕方ないのですがね。花びらが少ない状態ですが、それでも、濃厚なフルーツ香は健在です。 そして、今シーズンは、昨シーズンよりも、少し株が元気になったので、それが一番良かったこ…

秋はながーく花が楽しめるので、こんな変化も。

上と下の写真は同じ花なんです。 下の写真の状態で咲き始め、10日間くらいすると上の写真の状態に。 こんなバイカラー的になったのはあんまり見たことないかも。 夏だと、色の変化の前に散ってしまうから。 香りは薄くなってしまうけれど、見た目の変化を…

ケルビーノを新苗から育てる…9.0

verandarosegarden.hatenablog.com 昨日、通院のため、仕事は休みにしていたので、午後から、来年の庭をどうしようかと考えながら、いろいろ見ていたら、咲いていました。 これで今年は最後かな。9月から10月かなり放置していたので、樹形がだめだめです…

秋に色が薄くなるんです…「オーブ」

同じ品種、同じ株だと思えないくらい色が違うでしょ。 上の写真が今の花。下の写真が今年の5月の花。 かなり多くの品種が、秋になると花色が濃くなるのに対して、この「オーブ」は逆に、ピンク色が花びらの先端の方に集中して、その他の部分はクリーム色の…

久々に会って来ました「新雪」と「春がすみ」

昨日は、土を買いがてら、「新雪」と「春がすみ」に会いそして、知人の新居へ行ってきました。 バラの家さんのローズ・シナクティフ。いろいろ、名前が変わったけれど、相変わらず素敵なバラです。 さてと、「新雪」はというと、 ほぼノーメンテらしいのです…

んー開かないや…「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」

どこかしらに赤い蕾がついているものの、ボーリング選手権があったら、常連入り間違いなしの品種なので、秋でも、本当に開きません。 それでも、この濃い赤の蕾だけでも、濃い緑の葉の中にあるだけで、目立ちます。 それでいいという方にお勧めですよ。 一応…

こっちも咲いてきましたが…「ラ・メール」

verandarosegarden.hatenablog.com 前回の記事で僕の中での思いのたけを書きましたが、かわいそうなことに、命と引き換えに、花を咲くことを運命付けられたような感じです。 ですので、この写真を撮った後、花は取り去りました。 これも数年、摘蕾して木を作…

もう咲いてきちゃった…フィオーラ

verandarosegarden.hatenablog.com 1ヶ月しないで、また開花しました。 こんなほぼ枝だけの丸裸状態なのに。 葉も黒点病にかなりやられているでしょ。まぁ、肥料を毎月あげているので、枯れることは心配していませんが、少し全体としてさびしいですね。 1…

いつもながら…「パット・オースチン」

長雨で、一番蕾がだめになったので、少し間が空きましたが、それでも、けっこう蕾があるんです。 でも、いつもながら横というより、下向きに咲いていますが、 下から撮るとこんな感じです。 でも、この花はの意義は、いつもながら、このなんともいえない色が…

台風一過…

もう雨はしばらく要りませんね。 ところで、先日、記事を書いてから、けっこう連続して咲いてきています。サフラノ。 夏までは、クリーム系の色が入った白っぽい花が多いのですが、秋は、アプリコットのような色の物が出てきます。 そして、 花びらの裏側は…

また台風

雨の中で咲く、ソフィーズ・パーペチュアル。 先週の台風の時点での天気予報では、しばらく雨は降らない…と言っていましたが、かなり雨が多い。 今回は、予報が良い方向に変わり、明日の朝には関東は晴れの予報になってきているが…。 このような雨ばかりの天…

咲きづらくなってきましたが…「ポラリス・アルファ」

あの長雨の中、蕾に色が着いてきていたのに、腐らなかった蕾が開きました。 花弁が少なかったのが功を奏したのでしょうが。 それでも、咲くとうれしいです。 ところで、他の品種の黒点病の葉がくっついていたところの葉に黒点病らしきものが出来てきました。…

ちょっと変わった感じに…「パパ・メイアン」

長雨に腐らずに耐えたのですが いつもとちょっと色が違う。 蕾の段階で、ブルーイングして、赤黒から紫黒へなったみたいです。 写真ではわかりにくいですが、アニメの悪役の魔法使いが持つようなイメージを抱いてくだされば…(なぞ発言ですかね)。 例年この…

また少し濃く

長雨に蕾が4個だめになりましたが、それでも、まだ咲ける蕾はありました。 一時は全てだめになるかとも覚悟していましたが…。 雨が降り続いたけれど、それでも、秋は紫色になってきます。 でも、晴れが多い方がもっと紫色になるのですがね…。 今年は、この…

2ヶ月ぶりに…「ハープシコード」

verandarosegarden.hatenablog.com 上のリンク記事から約2ヶ月経ってやっと咲きました。 ここのところの長雨で蕾が腐ることも懸念していましたが、軒下に移動させたこともあって、開いてきました。 いつもより、香りも強くて、確実にティー系の香りがします…

長雨続きで

花は咲かず、つぼみは腐るといった感じです。 でも、先日 verandarosegarden.hatenablog.com 書いた記事の中のジャックカルティエは、雨の当たらないところで育てているので、 、完全に開きました。良い香りです。さらに、 verandarosegarden.hatenablog.com…

ケルビーノを新苗から育てる…8.0

verandarosegarden.hatenablog.com 鉢増ししてから、約1ヶ月、ほぼ放置状態でした。 新しい枝はさすがに出てきませんでした。その代わりに枝が伸びて、蕾が出てきたという感じです。 ちなみに、黒点らしい黒点病は出てませんが、 こんな感じで、この時期で…

年間通してけっこう咲いてくれています「サフラノ」

腰高窓から下を向いて撮った写真なので、雰囲気がいつもと違うかも知れませんが、咲いています。 比較的高さ方向にはコンパクトなのですが、けっこう横に広がっていきます。 この窓の下は、雨がなかなか当たらないので、黒点病に弱い品種にとっては良いので…

この品種も庭木としてお勧めできます「アプリコット・キャンディ」

前回の開花から1ヶ月程度で咲いてきてくれました。 カイガラムシなどついていますが、それを感じさせない程度に、咲いてくれるのはうれしいですね。 あと、ここ数日、秋雨前線の影響で、冷たい雨が降っていますが、比較的花びらが雨に強いのもいいですね。 …

毎年、秋が調子いい「アルシデュック・ジョゼフ」

まぁ、アーチの片方のビェ・ドゥの調子がいまいちというべきか…。 でも、毎年、秋に調子が上がるのは常でして…。 一度に咲けば、すごい数の花になるのでしょうが、いつもずれて咲くのも常でして…。 でも、好きになってきましたよ…。 これも、庭木としていけ…

ちょー久しぶり、この素敵な香りを嗅ぎたくて…「エウリディーチェ」

黒点病に少し葉が弱いこともありますが、昨年、ジャンク品扱いの苗だったので、あんまり勢い無くってね…、ズボラ栽培だと。 僕は、この品種、花のかわいらしさもあるけれど、香りが好きなんです。フラゴナールも香水の香りと書きましたが、僕は、これも香水…

秋の「ノヴァーリス」は素敵です

やはり春よりも、秋に色が濃くなるので、夏だと、ピンクのバラにも見えなくは無いときもあるノヴァーリスが、秋には、ちゃんと紫のバラですと言える感じに色づきます。 まぁ、紫というより、藤色かな。正しくは。たぶん、日本人好みの色かと思います。 僕が1…

久しぶりに「フラゴナール」

今年は、とにかく枝を増やしたいということで、花を咲かせないで、枝を増やそうとしていました。ということで、数ヶ月ぶりに小さな花ですが、見ることができました。 そして、そのすばらしい香りも、味わうことができました。 バラの香りといえば、一般的に…

ぼちぼち咲いています「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」

1週間くらい前より、少しずつ咲いてきました。 春よりも、ずっと花の数は少ないものの、ボーリングは少ないです。 こんな感じで、花びらびっしりではないので、開きやすいのかと。 それでも、香りはしますし。ボーリングで終わるよりは良い感じです。 これ…