ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

バラの無農薬栽培

無理して咲かなくてもいいのに…2

この子なんて、もうなにかわからないでしょ。まったく。 ノヴァーリスなんですよ。 この写真に撮ったもの以外に2つも。計3つ。 こんな小ささですが、けっこう香りがするんです。ティーベースのね。 まぁ、この時期って花を咲かすか咲かさないか難しいんです…

無理して咲かなくてもいいのに…1

花弁が5枚。ここまでくるとなんの花だったかわからない気がしなくもない。 毎年、高温期はこうなってしまうんですよね。ある程度、切って咲かないようにはしているのですが、咲いてしまう、咲きたいという意思があるのかと思いもう咲かせてしまっていますが…

上のほうにも少し

夏の花にしては、グラデーションがあって、オーブらしいなと思います。 先日、下のほうに咲いた花の記事を咲きましたが、今回は、サイドシュートにつけた花の写真です。 高さが地上2m程度のところで咲いています。(1枚目の写真は画面みたいで撮っています) …

こんなに開くのも珍しいので

花弁の数が少なかったのかしっかり開いてくれました。 ちょっと前まではこんな果物タイプだったのに。 香りは、今回の開いている方がしました。 っかりとしたフルーツ香です。 強さは中~強な感じですね。

それにしてもよく咲く

全体的に、葉は少なくなっているにも関わらず、返り咲き能力が高い。 その分、花弁が、少なくなってきていますが。 そして、香りも少し薄くなっていますが、香りの質はそのままで、すっきりとした 切れ味良い香りが楽しめます。 風通し、日当たり良いけれど…

下のほうは安全

コガネムシ要注意案件のこのオーブてすが、あんまり、返り咲きしません。というのは。バラゾウムシにことごとくやられてしまうから。 でもね、下のほうで咲いているてしょ。 夏のオーブはグラデーションはあるものの、ほぼピンクのバラ。香りもパウダリーさ…

夏剪定ではないよ…その3

いつもなら、こんなに葉が枯れることはないのにというくらい枯れているんです。 花はついていますが、一度ばっさり、すっきりすることにしました。 これも涼しくなり始めたころに咲いてくれれば良いかと思っています。

1日持たないから…

朝の水やり時に咲いているのを見つけると嬉しいのですが、この時期は夕方にはしおれているので、切ってしまうことにしてています。 この時期は、黄色みが減って、赤みがましてビビットな感じになるのですか…。 玄関に飾ってみたりしていますが、それでも、1…

ありがとう。そして…

新しい葉が出てきても、すぐに黒点でダメになるを繰り返していて、そして、枝も枯れてきて…。 ここ最近、手をかけないでも、残る品種だけ残そうという考えに切り替えたので、これも、さよならコースに乗せました。 そう、庭の片隅に地植え。鉢から抜いた時も…

夏剪定ではないよ…その2

夏剪定ではないよと書いているのは、秋に一斉に咲かせるために、一度にすべて切ってしまう夏剪定反対派なのでして…。でも、今年はせざるを得ないというかそんな状況のばかりなのでシリーズ化してしまいました。 パット見わかりにくいのですが、 結構いろいろ…

これだけは比較的返り咲きます

梅雨が明けたと同時に、酷暑で、人間もバラも弱り気味。 でも、これは返り咲いてきました。花は1日でドライフラワー状態になってしまうけれど…。 葉も、日が当たっていなかった場所は黄変して落としてきていますが、それでも他のバラよりも被害が少なかった…

夏剪定ではないよ…その1

日当たりが良くなかったのか、かなり葉を落としていたのと、 カイガラムシだらけだったので、 全体的に風通し良くしてみました。傷んでいる葉は全てとっています。 8月は開花しませんが、9月が楽しみです。

ぼちぼちと

先日も、写真載せましたが、その時は先が悪いなんて書きましたが、3つほど咲いているので、写真を撮ってみた次第です。 写真には2つしか写っていませんが。 比較的、高温でも花もちは悪くないかと思います。

やばいかも…

下葉が枯れて、土がふかふかだったので、あわてて鉢から抜いてみたのですが、 根がないではなく、土がないという状況。 コガネムシの幼虫が出てこなくてよかったのですが…。 どうやら、鉢底になにも入れないで植えてしまったので、土が流出してしまったよう…

暑い季節でも咲きます

毎年ですが、ムンステッド・ウッドは暑い時期でも、咲いてくれます。 ただ、色が薄く明るくなるのと、どうしても小ぶりに。 さらに、今年は日照不足+長雨で春からの葉がほとんどなく、あまり状態は良くないのですが、枯れることはないだろうということで、咲…

花というより

名前の通りなのですが、花というより、果物がなっている感じ。 いつもの年だと、もう少し花らしくなってくれるのですが、今年はこんな感じで、腐って終わるんです。 やはり、天候不順も影響しているのか感じています。 株全体も、黒点病でほぼ春からの葉は全…

夏の花

これも、やはり、日照不足の影響を受けてしまった感がありますが、花自体は、例年、夏になる小ぶりで黒味が薄れた明るめになりますし、花弁の数が減ります。 ただ、香りの質はさほど変わらず、あのダマスク香がしますが、強さは弱まりますね。

葉がもっと丈夫になってくれないかな…

葉が黒点病に弱いので、新しい葉が出ては、落ちていく感じですが、花付きは良いんですよね。 花の香りも良いので咲いてくれるのはうれしいのですが、全体的に弱ってくることが目に見えているというか…。 ですので、薬あるいは、アミノ酸液などこまめに噴霧で…

今年は天候不順なのだからかな

やっと返り咲きしました。 今年は、日照不足から、野菜の生育不良があり、今も野菜の高値が続いています。 野菜だけではなく、バラにとっても、日照不足はかなり影響があるのでしょね。 いつもの年ならもう少し早く返り咲いてくれている気がするものも多いか…

本当に久しぶりです

いろいあって、すべて葉を落とさせて、それから、葉を出して…と。 なので、葉はこの時期とは思えないくらいきれいです。 花はやはり、花弁の数が一番花よりも少ないですがね。

昔ながらのHT感が

花型の話ではなく、繰り返し能力や枝ぶりとか、そんな育てた感じがね。 花自体は香り良くいいのですが、やはり、ガーデンに合うかどうか、その佇まいがね。 僕は、どうも似合わない気がします。 黒点にもかかりますが、めちゃめちゃ弱いわけではなく、うどん…

知らない間に返り咲き…2

庭の端においてあるのと、背が高くないので、見落としがちなんです。 香りがとても良いので、香りを味わうのがとても楽しみなのですが…。 全体的に黒点で一度、大部分の葉を落としたのですが、咲いてきました。 黒点病には、正直強くないのと、樹勢も強くは…

今年はあまり咲かないかな

植え替えしなかったからか、それとも、窒素分多かったか、それとも天候不順なのか、その複合かわかりませんがあまり返り咲きが早くない気がします。昨年よりも。 でも、いくつか蕾があるので、10日間くらいは楽しめそうです。 香りは、甘いティー香。好きな…

これはまだ二番花

バラゾウムシの被害もあるけれど、単純に遅咲きの返り咲きかと。 全体的には、雨の影響で、枝がしだれてローズフックをあちこちにかけています。弱らせてしまったバラなので、あれこれ望めませんが、それでも、少しずつ元気なっている感じはします。

知らない間に返り咲き…1

毎日、仕事に通いで行くと、朝のひと時だけでは、なかなか庭全体を見ることができないものでして、気が付いたらなんていうこともあるんですよね。 そんな花の写真を挙げておきます。 まずはフラゴナール。 あまり返り咲きの頻度は高くないので、水やりと追肥…

意外と返り咲きします

そのままだと。枝が細くて柔らかいので、咲くと枝がしだれてしまうのですが、 ローズ・ドゥ・グランヴィルに絡めてあった枝で咲いたものがこっちです。 小さくてかわいい感じでちらほら咲いているのですが、けっこう花がつく感じで、地植えで大きく育てるの…

切り戻しもたまにしないと

沢山花を咲かせてくれているのですが、花後、花の少し下で切り戻しや摘み取りを行っていると、この品種どんどん葉と葉の間隔が狭くなって、寸詰まり状態になって、そして、その葉の付け根ごとから花芽が伸びてで秋までに、つまりすぎ状態に陥ってしまうので…

やられていた

鉢の中の落ち葉を拾っていたら、なんか土がふわふわしていて、ひょっとしてと思って、シャベルでほじってみたら 出てきました。 上っ面の柔らかいところを全て剥ぎ取り新しい土を入れておきました。心配になって、ほぼ全てをチェックしたら、このキルケに3匹…

雨が多いと

花に雨が着くとかなり重くなるのか、枝が曲がってしまいました。 こんな時には、フックですわ。 2個使いでなにもなかった感じに。

調子は?ですが…

今年は植替えていないので、シュートの発生もないですし、春先、ノヴァーリスの、のしかかり(?)攻撃で弱っていたので、あまり機体はしていなかったのですが、咲いてきました。 でも、一番は、バラゾウムシの攻撃ですよね。咲かない原因は。バラゾウムシがい…