読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

またいろいろな虫が活発化しています

寒くなっていて、冬を迎える前に、虫たちの活動も活発化してきます。 夏はほぼ見かけなかった、アブラムシ。 そして、巣作りに翻弄しているハキリバチ。 葉の裏に生みつけられた、ガや蝶の卵。 アブラムシの天敵であるヒラタアブは今産卵中で、アブラムシを…

死ぬ気は無いよ…そんな感じの「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事にもぼんやりと写っていたのですが、 シュートが根元から立ち上がってきました。 勝手に、もうだめだと思っていては、失礼ですね。 しかも、 全体は 下の方の葉は落ちても、先日までの長雨で、サイドシュートがか…

この時期からが美しい「ムンステッド・ウッド」

完全に花が途切れるのは3週間以下で、ずーっと、少しずつ咲き続けているムンステッド・ウッド。 しかし、季節とともに、花の色は変わっていきます。 実際は、もう少し、黒い感じです。 この時期からは、赤いバラという感じではなく、濃い赤紫という感じの色…

春よりも秋の成長が良い「アルシデュック・ジョゼフ」

涼しくなり始める、8月下旬位から、今まで、休眠?と思えるような緩慢な状態から、急に成長が始まるんですよね。 そして、この時期から途切れなく、11月くらいまでぽちぽち咲いてくる。 この時期の花は、薄いのですが、青リンゴというかわかい柑橘系とい…

10月中まではやり続けます『液肥など』

梅雨のような長い雨の日々が終わりやっと数日でも晴れてくれそうな天気予報が出てきました。 そんなときは、とりあえず、液肥をあげるチャンスです。 最近、僕はこの3種類を使っています。 本当に、梅雨の様というより、梅雨よりも雨量があったので、鉢の中…

定期メンテナンス「コントゥ・ドゥ・シャンボール」

verandarosegarden.hatenablog.com 結局、昨年末の誘引が樹形とはマッチしていなくって、メデューサの様になってしまったコントゥ・ドゥ・シャンボール。 新しいシュートがあれば、何とかなるだろうということで、病気の葉も取り去り、元気の無い枝も、いろ…

黒点病が出てきましたが…「パット・オーストチン」

verandarosegarden.hatenablog.com 伸びたシュートの先に花が咲いてきました。 写真ではわかりにくいのですが、黒点病が少しずつ出てきました。 近くに、バラを置いていないのに、台風の風雨は黒点病の菌を運んでくるのでしょうかね。 それにしても、つぼみ…

「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」の茎の食害(カミキリムシ?)-4

verandarosegarden.hatenablog.com 実は、終わっていなくって…。 ぼけている写真で住みませんが、また、糞みたいなものが違うところから出ていて、さらに、パテうめしたところに穴が開いていて…。そんなことで、いろいろと探っていると 違う枝にも、下から針…

ジャック・カルティエ新苗のその後⑥

verandarosegarden.hatenablog.com 結構放置していたら、ひょろひょろになってしまっています。 そして、黒点病もほとんどの葉についております。 悪あがきついでに、枝も剪定して、黒点病の葉も取り去りました。11月前に開花したらうれしいなという感じで…

ここまで黒点病が進んでいます「ハープシコード」

定期メンテナンス時なのですが、結構、黒点病が広がってきました。 このハープシコードが黒点病になった原因は、たぶんハダニかなと思っています。 結構、ハダニがついたのか、葉がざらついています。 実際に黒点病がついている葉を全て取ると こんな感じに…

黒点病とうとう出ました「ローズ・ドゥ・グランヴィル」

verandarosegarden.hatenablog.com 前の記事から約3週間経ち、ちょうど追肥もかねてメンテナンスしようと全体を見ていたら、 黒点病発見。 周りのほとんどの株にも黒点病が出ていたので、少しは出るだろうなと思っていたので、衝撃は無かったです。 でも、…

「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」の茎の食害(カミキリムシ?)-3

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事の続きです。 数日間、下の穴の様子を見ました。 アリの出入りも無く、糞の排出もないので、 水がたまって腐るのを防ぐために、木工用のパテでふさぎました。 どうなるでしょうかね。 ちなみに上の穴は水が抜ける…

「アライブ」が元気になれない理由が…

毎週、液肥などをあげていても、一向に元気にならない「アライブ」 こんなときは、必ず、根の部分に原因があるので、抜いてみました。 そうしたら、 こんなに瘤がとれました。 (写真結構とり忘れてしまい、ここからしか写真ありません。) なぜかこの瘤にミ…

「フラゴナール」の現状

verandarosegarden.hatenablog.com この記事の後になるのか自分でもわからなくなってきていますが…。 花はぽつぽつと咲いてきていますが、弱っているのか、まともな形の花ではありません。香りはきちんとするのですが。 こんなことなので、花が咲いたら早め…

「オーバーナイト・センセーション」のその後④

verandarosegarden.hatenablog.com 実は、1つ間に記事があるのですが、その内容は、ステムキャンカーっぽい枝を除いたということでして、その他の全体の感じは上のような状況です。 現状は、黒点病などで葉がかなり落ちて、すっきりしたことと、もう1本枝が…

「アプリコット・キャンディ」のその後

初夏の開花後は、しばらくあまり咲いてなかったのですが、最近咲きだし始めました。 つぼみはたくさんあるものの、シャクガの幼虫などにばっさりやられるので、いくつ咲くかは微妙です。 そんなアプリコット・キャンディですが、前にも書いているのですが、…

結構返り咲いてきました「コントゥ・ドゥ・シャンボール」

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事から約1ヵ月後です。 今朝は毎週1度の液肥の日。庭に出るといい香りが。 アブラハムダービーも咲いていますが、それとは違うと思って、あたりを見渡すと 咲いていました。 つぼみも他にいくつかあるので、1週間…

こいつの仕業です

あ・れ・れ、葉っぱはどこ行ったの?というような茎の先端が結構あるかと思います。 よく見ると葉の中央の筋の根元は残っていますね。そんなときは犯人が近くに隠れているのです。 涼しくなるころに、毎年頼んでいないのに大活躍してしまう、シャクガ類の幼…

「アブラハム・ダービー」の開花

黒点病でも花は咲く 葉は結構、黒点病でなくなりましたが、また咲いてきだしました。 香りもきちんとあり、思ったよりも弱っていないという感じを受けています。 ちなみに夏剪定してしまうと、9月から10月のはじめにかけて、花のない時期になってしまいま…

「ソフィーズ・パーペチュアル」のコガネムシ(?)幼虫による食害

以前の記事に「継続で見ていく。」と書いていたのですが、コガネムシ類の幼虫は大きくなると鉢の下の方に行き、被害が大きくなります。 ここのところ、バラの調子がいまいちで、さらに、土が減っていることも続いておりましたので、昨日、鉢の中を見てみると…

「フリュイ」の開花

verandarosegarden.hatenablog.com 以前の記事から約1ヵ月後、フリュイが咲きだしました。 このくらいの花びらの数だと、つぼみから開花まで日数が短く、しかもボーリングしないので、いいかなと思っています。 香りもちゃんと乗っていて素敵な花です。 若…

「ルージュ・ピエール・ドゥロンサール」の茎の食害(カミキリムシ?)-2

verandarosegarden.hatenablog.com まだ薬使ってないんです。しかも買ってもいないんです。往生際悪いんです。 というわけで、今朝、穴を確認してみると、前日のような木屑のようなものは無かったのですが、細かい土みたいなものがついているのと、アリがた…

「ルージュ・ピエール・ドゥロンサール」の茎の食害(カミキリムシ?)-1

葉が一機に黄変してきたので、この時期だし、根元の確認ということで ネットをよけて確認してみると、根元に木屑みたいなものが…。 きちんとネットしてあったので、カミキリムシが入れるはずはないと思っていましたが、腐りかかっている部分を取り除いていく…

今年はあまり咲かないけれど

写真はノヴァーリスの花です。(撮影8月29日) バラゾウムシにことごとくやられて、花がほとんど見ておりませんが、久しぶりに咲きました。暑い季節なので、色も若干ピンクっぽいし、しかも、花びらの数も少ないですが、それでも、咲くといいなーと思います…

ちゃんと台風対策できないかも

昨日27日は一日中ほぼ雨が降り続いておりました。 今朝もまだ、雨が降っております。 先日、手入れとともに、ほとんど片付けはしてあるので、このまま台風が来ても、玄関前の鉢植えさえ、玄関の方に引き入れてしまえば大丈夫なことは大丈夫なのですが…。 …

商品試験みたくなってしまっているね「ローズ・ドゥ・グランヴィル」

verandarosegarden.hatenablog.com あれから3週間後、地味に咲いていますよ。 毎日のようにNHKの「とと姉ちゃん」を見ているので、商品試験という言葉が頭から離れなくなっています。 ただ、僕の場合、条件が僕仕様になっているのと、あきる野市牛沼137…

台風一過とはならず…

正しくは夕方から、8時までは晴れていたみたいですが…。 もう曇りだしておりまして、また豪雨がくるらしいです。 本当は天気が落ち着きそうな木曜にいろいろやろうと思ったのですが、台風の真っ最中家の中からカミキリムシを見つけまして、風雨の中捕殺しに…

ジャック・カルティエ新苗のその後⑤

verandarosegarden.hatenablog.com あれから2日間しか経っていないのに咲いてしまいました。(笑) 新苗なので、よそ様で拝見したときと花の形が若干違いますが…。 個人的には八重桜みたいな感じが結構好きです。 新苗で予期せぬ開花ですので、すぐ摘み取りま…

悪い見本の庭から…もう農薬やめたほうがいいですよ。

今月は体調のこともあり、休んでいることが多いので、このままだと引きこもりになると思い、ポケモンGOをやっています。 ただ、足の調子が不完全なので、長距離の徒歩は難しいので、自転車低速走行でやっています。 そんなことで、毎日行くのが、バラ園があ…

「オーバーナイト・センセーション」のその後③

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事から一ヶ月も過ぎ、この時期にしては順調に育っています。(写真は2日前です) いつもはこんなに咲いてはいないから。 ということは、V-RNAは結構効果があるということかと思います。 枯れた葉はあるのですが、出だ…

ジャック・カルティエ新苗のその後④

verandarosegarden.hatenablog.com 前回の記事から約1ヶ月経ちました。 いろいろあって、遠くから水遣りをしていただけで、ほぼ1ヶ月間放置状態に近かったらなんとつぼみが大きくなっていました。 本当はもう少し咲かさないで行こうと思っていましたが、こ…

シュートも伸びてきて順調な「パット・オースチン」

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事から期間が開いていませんが 先日書いたとおり、結構花を連続的に咲かせています。 先日、シュート出てきたかなと思ったら、もうこんなに伸びていてびっくりしたので、載せてみました。 今のところ、黒点病も出て…

「ハープシコード」の現状

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事の続きです。 あれから3週間ちょっと経った今の状態です。 盛夏が過ぎてこの状態なら非常に良いかと個人的には思っています。 前回から今日までの管理は、 ・水遣り(やるときはハダニ防止のために葉にもシャワー)…

「フラゴナール」は一番新しいシュート優勢が強すぎる

verandarosegarden.hatenablog.com 上記の続きです。 もっとしっかり前回のときにシュートを切ればよかったのかなと思っています。 今年の1本目のシュートにはぜんぜん栄養が回っていないのか、芽が出てきておらず、新しいシュートばかりに栄養が行っている…

夏にこれほど咲くとは「パット・オースチン」

玄関前の「パット・オースチン」この時期にこれほど咲いてくるとは思ってもおりませんでした。 いろいろなものに夏に弱いとあり、先週の暑さで、少し弱っていたものですから。 毎週1回のペンタ・ガーデンが効いているのかも知れません。 他のバラと離して栽…

真夏に花が欲しいのなら「ムンステッドウッド」をお勧めします

写真はボケていますが、花の数がわかればよいのでそのまま載せます 今朝の様子です。この暑い時期に咲いています。 もともと連続開花性が高い品種ですが、暑い夏でも、かなりがんばって咲かせることができる強健さがあるかと思います。 さらに、夏でも、香り…

1輪咲きました「コントゥ・ドゥ・シャンボール」

完全な四季咲きとはいえないので、この時期咲くとは正直思っていませんでしたが、水遣りする前に、気がつくと咲いていました。たぶん、シュートの二番花かと思います。 夏でも、強い香りを漂わせてくれています。たぶん、今日も猛暑なので、花は一日午前中ま…

「ローズ・ドゥ・グランヴィル」の鉢増し

verandarosegarden.hatenablog.com 先週、仕事から帰宅してみると、毎回のように風で倒れていたのと、根鉢もしっかりしてきたので、鉢増しすることにしました。 普通に植替えと同じ手順で →→ 鉢の高さがほとんど変わらないので、底に敷く土も薄めで、さらに…

メンテナンスのときは鉢の周囲も見回しましょう

バラのメンテナンスのときはよく鉢の周囲も見ましょう。 昨日のことですが、花びらが食べられている「オーバーナイト・センセーション」の鉢には シャクガの幼虫がいました。 特に、ガの幼虫は大きくなると昼隠れて過ごすものが多いので、鉢の周囲などを見て…

黒点病がとてもひどい「ソフィーズパーペチュアル」

黒点病にはとても弱い部類の入ると思います。 一度葉を全部落とし、新しく出てきた葉も黒点病にかかりっています。 それでも花を咲かせてきます。 樹勢がある程度ある品種かと思いますが、やはり、過酷な状況だと思いますので、液肥などはきちんと上げていま…

「フリュイ」のその後

verandarosegarden.hatenablog.com これはもう、一ヶ月以上経っていますね。前の記事から。 連続開花性は強くないかも知れませんが、また咲いてくれました。 虫に少し食べられたので、本来の形の花ではないですが、ポーリングするよりも良かったかなと。 香…

仕方ないですね。黒点病が出てきた「アブラハムダービー」

写真ではわかりにくいかも知れませんが、下の方の葉に黒点病が出てきました。 今年は5月から6月までの雨が少なかったので、黒点病の出が抑えられていましたが、最近の蒸し暑さと雨の量だと出てしまうのも致し方ないです。 落ちた葉は、暇なときに拾うくらい…

ローズ・ドゥ・グランヴィルのその後

verandarosegarden.hatenablog.com 早いもので前の記事から半月経ちました。 2本のシュートも曲がりながらも、伸びてきて、また、開花しだしました。 とても新苗とは思えないように樹勢のよさ。 まだ、黒点病もうどん粉病も出ておりません。 水切れを数回さ…

暑さに弱いが繰り返し良く咲く「パット・オースチン」

verandarosegarden.hatenablog.com 1ヶ月弱のブランクはありますが、また、パット・オースチンが開花してきました。 どうやら、評判とおり、葉が直射日光や暑さに弱いみたいですが、何とか、北向きの玄関脇で育ち続けています。 夏至が過ぎて、直射日光が当…

「フラゴナール」シュートの処理

verandarosegarden.hatenablog.com 上記記事の続きです。 あれから半月経ちました。シュートが勢い良く伸びて着ました。 このままでは、昨年の失敗を繰り返すことになりかねないので、シュートの処理をします。 処理といっても、指で、先端を摘み、折取るだ…

「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」のその後

特にどの記事の続きということはありません。 こんな感じで咲き続けております。基本シュラブなので、開花後は、花がらをとって、少し切り戻すことを続けております。 以前2本シュートが出てきたと書いたと思いますが、1本は風が強い日に先端が折れてしまい…

「アプリコット・キャンディ」の様子

verandarosegarden.hatenablog.com 上の記事の続きになるかな。 その後もけっこう咲き続けようやくひと段落ついたので、切り戻しとその他メンテナンスをしました。 今回は、返り咲きの後なので、少し深めに切っています。枝先だけ切ると、花がどんどん小さく…

「レジスマルコン」のその後

verandarosegarden.hatenablog.com 上記の記事の続きになります。 その後シュートの先端から4つほど花が咲きました。(写真は1つ目の花) それが終わったので、切り戻しの処置をします。 今年は2本太いシュートが出たので、割合順調に育っていると思います。 …

「オーバーナイトセンセーション」のその後②

2016-07-10 以前の記事の続きです。 10個以上花が咲き、1個まだ咲いているものの、切り戻し等の処置をしなければならないので、メンテをすることに。 ところで、1本茎がだめになってきているのです。ステムキャンカーか寿命かわかりませんが、とりあえず、1…

ハープシコードのメンテナンス

verandarosegarden.hatenablog.com 以前の記事から一ヵ月半後の様子です。 よく育ってきたと思います。バラを勧める理由のひとつにこの回復性の強い品種があるということもあります。 でも、この株、無農薬にしてはがんばっていますが、それなりにやられてい…