ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

バラの香り

バラゾウムシ被害率No.1

今年は、ノヴァーリス越えの被害に会ったのは、オーブ。 全体がこんなんでも、花が3つ。 フェンスに挟まって咲いているのもあるが、それを入れてもである。 パウダーのような素敵な香りがするのに…。

今年はあまり咲いてません

何故かブラインドの枝が多かった。肥料多かったのかな。葉の茂りがいいから。 この花は、1つ1つの見た目というよりも、香りを是非楽しんでいただきたい。 すっきりとした上品な味わい。なになにの香りというよりも、切れ味の良いビールみたいな宣伝があるの…

もうそろそろ仕立てを考えなければ

白~アイボリーに少しピンクかかる感じかな。 日中ひらくとこんな感じ。 香りは中香より少し強いレベル。 フルーツにティーという感じかな。 いい香りですよ。まだ、1年間しか育ててないので、黒点病の最終評価はしないのですが、まぁまぁいい感じというレ…

開花ラッシュ…6 花の見た目の雰囲気が素敵

咲き始めま写真 これも、実は、がんしゅを患っています。それでも、リカバリーして咲かせてくるので、基本は丈夫なのでしょうね。 やはり、この品種は、あまり巨大にはならないので、鉢植えで愛でる感じか、地植えでは手前に植えて線の細い主張しない草花と…

濃厚なベリー系ソースの香り

タイトルに書いたとおり、ベリー系。 よく、喫茶店のケーキなどにかかっているべリー系のソースってありますよね。 そんなソースの香り。 今年は、そんなソースを髣髴とさせる香りが強いです。 樹形はすっきりとした上に横には伸びないので、省スペースで栽…

開花ラッシュ…5 中香ではなく、咲き始めは強香かと

いろんなところで中香と紹介されていますが、咲き始めは香りの強さはかなりです。強香と紹介されていても、実際はそれ程香らない品種よりも、かなり強くしっかり香っています。基本、ティー香であるとは思いますが、それにフローラル感を与えているものの香…

沢山咲いてきたので、また載せました

verandarosegarden.hatenablog.com 房咲きしてきました。香りも、やはり、先日のものとは違って、レモン感は減ってきて、ダマスク感が出てきました。 何故か、バラゾウムシにもほとんどやられず、房咲きになっています。 全体を写すとこんな感じ。 無農薬で…

毎年、今年が見納めと思いながら

がんしゅ病に冒され続けて、毎年、一進一退を続けているアライブ。 一度、体調を崩してしまうと、元気な人でも、あんなに弱ってしまってという方がいるように、そんな人と同じな状態。 ただ、基本的なことはわかったので、あれこれしようとするのはやめて、…

開花ラッシュ…3 今年も紅茶が飲みたくなる香り

この子もバラゾウムシにけっこうというかかなり蕾がやられましたが、咲いてきました。 全体的にはこんな感じです。 まぁ、この位の開く直前の方が、香り高い紅茶の香りが楽しめます。 強香ではありませんが、はっきりわかる中香と言うのが良いくらいです。 …

開花ラッシュ…2 いつもの年より何故か黒い

春の一番花なのに、今年は秋の様な色の濃さで咲いてきました。 香りは、相変わらず、濃厚なフルーツ香。 今年は置く場所を変えてみたら、バラゾウムシの被害があまり無くなりました。 代わりに、エドゥアール・マネがやられてしまった感じです。 ということ…

開花ラッシュ…1 バラゾウムシにやられすぎて咲かないと思っていました

本当に、蕾が出来始めたころは、10個以上蕾があったのに、あっという間にバラゾウムシにやられて数個に。一番花はだめかと思っていたら、咲いてきました。 こんなに大きな姿ですが、1つだけでしょ(笑)。 まぁ、わかりにくいところに数個蕾があるので、まだ…

いつもと香りが違う

今シーズン、1つ目の花が開いてきました。キルケ。 見た目は少し貧弱。品種問わず、最初に咲く花には良くあることなので、気にしていませんが、その香りが、たしか昨年とは違う。 どんな香りかというと、ほぼレモンの香り。 かぎ始めは薄いダマスクの香りす…

今年は遅かった

いつもだと、4月中に咲きだすのに、少し置く場所が変わったからか? どっちにしても、ある程度の数咲いて来そうなので、いいのですがね。 甘い香りも顕在だし、特に変わったことも無いのですが、暖冬であっても、3月、4月寒い日があったら、開花が遅れるの…

見た目、香りだけではない

やっと咲いてきました。 ご存知の方も多い、パパ・メイアン。 ベルベット感ある、赤黒い花びら。 バラといえば、この香りというような、強く甘いダマスク香。 実は、この2つだけではお勧めしませんが、 案外、育てやすいのです。 黒点にはなりますが、「まぁ…

1つだけ大きく

6番目は、ボレロ。 もともと初期の成長が良くない品種らしいのですが、1本立ちでしかも株自体の調子は?なのですが、あまり手をかけずに育てようということで、咲かせてみました。 香りは強く、フルーツの香りにいろいろ入った感じですが、あまり重い感じでは…

んー これで開花?

香りはするんですよ。ダマスク系の。しかもしっかりと。 中央にグリーンの部分が見えるので、やっぱり、暑かったり、寒かったり、の急変があるとおかしなことになるのかもしれませんね。 それから、若干欠けている部分もあるので、窒素分が多かったか。 まぁ…

無事に咲いてきました

僕の庭、今シーズン4番目の開花は、アブラハム・ダービーでした。 先日の雨→寒さ→暑さで、開きかけの蕾が一度しわしわになってしまったので、だめかなと思っていたのですが、無事に立派な花を咲かせてくれました。 そして、 もう一つ。 今年は、壁面に誘引す…

今年の2番目

(咲き始めの花) なんと、二番目がこの花とは。 理由はアルシデュック・ジョゼフと同じ、剪定前に出だした芽が残っていて、そこについた蕾が咲いたということです。 というわけで、この子の残りの蕾は非常に小さい状態。 ちなみに香りは、微と中の間くらいの…

これもだめに

昨日、雨を避けようと、縁側に入れたときのことです。 全体的には元気なのですが、 芽が出てるなぁーと思っていた、古い枝がだめになってきていました。 もともとだめだろうという枝とあわせて2本切り詰めました。 原因は、やはり、水分・栄養分が流れやす…

なにかを得れば…

まぁまぁ、というか、調子良すぎて大丈夫なのと、思ってしまう感じでして… あら…、良く見てみると枝枯れしてきてました。 上の方から、他の葉や枝を傷つれないように切っていきました。 ある枝の中で一番古い枝でしたので、なくなる運命。 でも、地際まで枯…

枝が硬くなってきたので

蕾と花が1つずつありましたが、やはり、数日さむさが続くと、枝が硬くなってきていて、もともと剛直系の枝なので、もっと硬くなったら、誘引時に折れたり裂けたりしやすいので、やってしまいました。誘引を。 中くらいの高さのところがスカスカなので、もう…

予想に反して

少し前に、寒さでだめかも…。と思った記事を書いたのですが、そのころの予想よりも、実際天候が暖かったためか、けっこう咲いてきました。 お決まりの、全て下向きでね。 香りは、何故か、アルシデュック・ジョゼフに似ているの。柑橘系のまじったティ香 と…

12月上旬でも

やっと、寒くなり始めましたが、それでもまだ咲いているソフィーズ・パーペチュアル。この品種はある程度香りが安定していて、甘いフルーツというかダマスクというか、おいしそうなフルーツ焼き菓子をおもってしまう香りです。コーヒーよりも紅茶が似合うや…

まだ咲いてくれるかな

verandarosegarden.hatenablog.com 上のリンク記事で書いていますが、コガネムシの結構な被害からやっと立ち直り咲いてくれました。 ただ、10月からの寒さと日照時間の減少で、なかなか蕾が大きくならず、やっとここまでといった感じです。 オレンジティー…

日の出直前の美しさ

写真ではなかなか伝わらない。クリーム色の部分がもっと透明感があって、そして、全体的に柔らかな雰囲気。 それが、日がでるとコントラストがついた感じで、柔らかな感じが少なくなる。個人的好みの問題であるが、晩秋から初冬にかけてのオーブは上品で、柔…

良い香りはすれど…

寒さと日照時間が短いからか、花も これくらいの開いた状態で止まっているし…。ただ、香りは強いフルーツ香がしっかりあります。 黒点病がけっこうついていますが、去年よりは、良い状態でシーズン終了かな。 近々鉢増し予定ですが、来シーズンはどこに置こ…

開花なんだろうけれど…

verandarosegarden.hatenablog.com 上のリンク記事の続きです。 黒点病は出ていますが、ここまで元気になってきました。 ただ、窒素分が多かったのか、これで、全開の奇形の花が咲いていました。 これでも良い香りがするのでびっくりですが、 もう一つもたぶ…

今年最後かな

急に、平年並みの冷え込みとなり、蕾のままで終わりかなと思っていたら、 咲いていました。 比較的丈夫な部類に入りますが、黒点病は出ます。 そして、直立であまり大きくならないので、ガーデンローズではなく、鉢植えで、雨が直接あたらない場所、ベランダ…

お勧めのファーストローズは…

今日も咲いています。4月の終わりから11月の終わりまで、途切れることはほとんど無く咲いている感じがします。 前も書いたかもしれませんが、オールドローズに分類されていますが、現在のブランドローズに引けをとらない、いや、それ以上のものもあるバラ…

来年の準備…①

台風のおかげで、庭の誘引の木製品の設置の見直しが必要になって、一度地植えにしたものを鉢植えにする必要がありまして、ボレロも抜いてみることに。 香りが良い花が咲いていましたが、もう開いているので、蕾とともに取り去ることに。 意外と、というより…