ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

ムンステッド・ウッド

少し涼しい日が続いたら

毎日の様に雨があり、涼しい日が続いたら、ムンステッドウッドの花の色も黒く濃くなってきました。夏も良く咲いてくれたのですが、秋の濃い色合いが素敵なのですよね。この花は。 今年の酷暑で葉はやられ気味ですが、それでも、少しずつ咲いてくれるかとは思…

夏にも比較的強いかな

まぁ、花の色は薄く、花びらは少なくなるのですが、夏でも毎年咲いてくれます。ただ、日の良く当たるところだと花びらが焼けますが。 夏に強いというより、夏に成長するというのが、正しい気が近年してきました。 春のような全体的に勢いのある芽吹きがこの…

やっぱりこの香りが好き

イングリッシュローズの「ムンステッド・ウッド」です。 他のバラの蕾が、激しく食害されたのに比べて、このバラは被害がそれほどでもありませんでした。 それで、一度にこんなに咲いているというわけです。 これだけ咲けば、少し近くに行くだけで、香ります…

これはどうなるものやら

長雨ですっかり調子を落とした、ムンステッド・ウッド。 昨年は、出たシュートもだめになったし…。基本、株元からの枝は、古い枝ばかりになってしまった。けっこう枝の寿命は長いほうだから、気にしなければ気にしないでいいのだし…。 調子悪いときは、あん…

秋の開花がいまいちだった「ムンステッド・ウッド」の植替え

蕾があるのですが、もう1ヶ月ほど動いていません。葉もいいのが無いということで、植替えの前に葉と蕾を取ってから行うことに。ついでに、枯れていた枝も切りました。 一応、根鉢はありますが、 あまり状況はよくありません。これは、接いだ部分を隠したく…

こちらも楽しみな季節です「ムンステッド・ウッド」

寒暖の差があればあるほど、色の深みが増してくる品種なので、これから、12月くらいまでは咲かせてみたい気がしますが、いつも、植替えまでで断念してしまうのです。 それでも、11月までには、今よりも、黒味がかった赤になりますし、香りももっと濃厚に…

もうそろそろ咲くころかなと思っていたら…「ムンステッド・ウッド」

今年は、立派なサイドシュートが2本増えたのですが、あまり返り咲きしなかった「ムンステッド・ウッド」。いつもだと、ずーっと咲いているのですが、今年は8月の天候不順のダメージがあるのでしょう。 そんなこと思っていたら。 全然予期していない、とい…

記録はつけた方が良いですね…今年はやけにシュートの出がいい「ムンステッド・ウッド」

今年は、やけにシュートが出る。茎の途中も株元からも。 その分、花は少なめなのですが。 でも、夏なので、その方がいいかなと思っています。 追肥はいつもと同じだし…と思って、よくよくいろいろとどうしてだろうと考えていたんです。 そこで、とりあえず、…

「ムンステッド・ウッド」で作るバラのお酒

今年も2番花の季節となりました。 僕は、花を1日だけ楽しんで、翌日、利用することに。 写真は前日のものでして。 → → → 花を摘み、花びらとしべに分けます。 花びらを水であらい、水を良くきります。 氷砂糖と水をきった花びらとホワイトリカーを入れて冷暗…

気がついたら咲いていました。…4「ムンステッド・ウッド」

うちにあるイングリッシュローズは全て下向くというか…。この花もやっと撮影するくらいの低いところで咲いていました。 強いフルーツ香のバラです。同じフルーツ香のアブラハム・ダービーよりも、ちょっと重めな感じです。ベリー系なんでしょうね。 耐病性に…

ムンステッド・ウッドの剪定

イングリッシュローズの中でも、比較的コンパクトにまとまる種類ですので、放置していても、すごく大きくはならないのですが、やはり、きちんとした花を咲かせるためのメンテナンスとしての剪定は必要となります。 これも、枯れた枝があったので、根元から切…