読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

復活してきました

ジャンク品(?)扱いのバラを救う

僕の庭の「ハープシコード

f:id:verandarosegarden:20151201105252j:plain

 前回の更新の11月19日より早12日が経ちました。

 その間は、土が乾いたらリキダス水溶液をあげて、サフラノ用に作ったあまりの菌の黒汁&有機100%液肥を噴霧しただけで、なるべく日に当たるようにしていました。

 黒点病にかかっていて、かりかりになって、枯れていた葉は取り除き写真のような状況です。

 芽もいろんなところから出てきて、さらに、新しい葉も展開しています。

 たぶん、もう、枯死することはないかと思い一安心です。この状況だと、冬越しは外でできそうです。

 それにしても、この「ハープシコード」は、作出者の木村卓功氏の書いていた通り、丈夫な品種だと思います。弱い品種だと、根がやられていて、寒さが厳しくなってきたら、芽吹きはストップしますからね。まぁ、今年は運よく暖かい日が続いていたということもありますが、本当に良かったです。あとは、来春に向けていかに育てていくかです。