読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

マンション管理士の方のブログにも書いたけれど

もう新築マンションはお勧めしません

購入価格が戸建てよりも上回ってきているから。

しかも、メンテナンス費用も戸建てより上。

自由にガーデニングできません。

なかなか、物件を見つけるのが難しいけれど、庭をしながら、住むとなると

中古の戸建て物件をリフォームして、住んでいくというのも視野に入れるのがいいかなと。

マンションのことに携わるのはやめようかなと結構悩んでいます。

結局、マンションって終の棲家にするのは、今の日本人の考え方、風潮だと無理があるし、心配事が尽きない可能性が高いから。勧められないんです。

僕も神ではないから、未来のことを当てることはできないけれど、本当に皆さんが考えて欲しいことは。

どういうライフスタイルを描いてそして、どう死んでいくか。

戦後の日本人が苦手なところでしょ。この考え。

家族とどう生きるか。子供はどんな風に育って欲しいか。自分たちはどう老後を迎えたいか。そして、体調のことなど。

真剣に考えたら、答えが出てくると思います。

そして、それに向かってみる。違うと思ったら軌道修正してみる。

あと、20年経ったら、それほど都心の方が価値があるとは思えません。しかも、田舎の価値が上がるかと。

そのひとつに自動車の自動運転システムが鍵を握っているかと思っています。

 

僕は、独り者なので、比較的自由です。

両親が北海道におり、その両親の比較的近くに独身の姉が住んでおります。

3人とも、僕がけっこうな病気をしたときに吹っ切れたらしく、僕に自由な生き方をしても良いということで、こういうふらふらとした生き方をしておりますが、それでも、なにかあれば、帰らなければならないかとは思っています。

それと、僕自身。本当の健常者と身障者の間くらいの心身の状態であるのです。

ですから、僕の心身をうまくメンテしてくれる医者が必要です。

いつも、見た目は元気そうに接しているので、本当に近しい人しか知りませんが、メンテ不良だととたんに動かなくなるか暴走します。

だから、僕をメンテできる医者の近くが条件となっています。でも、2週間に1回くらいの通院なので、それほど至近でなければならないということでもありません。

通院していると、そんな方がたくさんいらっしゃいます。

僕みたいなかたは、やはり、医療機関をある程度視野にいれて、住む場所を探す必要があるのでしょうね。

 

長くなってしまいましたが、そうやって、1つ1ついろいろと考えて条件を出して、それに当てはまるところとなると選択肢は以外と少ないかと思いますよ。

 

とにかく、頭の中の憧れだけで家を選ぶのはやめた方が良いかと思います。

ましてや、マンションを選ぶときは、すごく慎重に。

買ってからの負担が多いことは重々承知してください。