読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

新品種には要注意

2015年の春に、2014年春国内発表のフラゴナールを購入したのです。

いろいろなものには、高さ1.0m×幅0.8mくらいのことが書いてありますが、実際、シュートを放置しておくと、2m超え。

いろいろネットを見ても、情報はありませんでした。

f:id:verandarosegarden:20160310095930j:plain

というように、比較的新しい品種は、情報が少ないだけでなく当てにならないことがあります。

特に、海外ブランドの場合、作出国と日本では、気候が違うので、日本のほうが大きくなる傾向があるみたいです。

また、イギリスのものの中には、東北以南ではなかなか育てにくい暑さに弱いものもあります。

ですから、末永くバラを育てたいとお考えの方は、発表から2から3年経った品種を選ぶと、事前の情報と違うということが少ないと思います。

また、耐病性の方も違います。日本は、梅雨があり、台風が多くきますので、ヨーロッパより黒点病は発生しやすいと思います。

基本的に、寒冷地の方が病気は少ないのですよね。

 

New Rosesとか見てしまうと、新しい品種が欲しくなりますが、心の片隅に上のことをとどめておいていただければ、品種選びに失敗したということは少なくなると思います。