読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

クロード・モネの開花

バラの無農薬栽培 バラの栽培 庭のこと

やっとこさ、咲いてきました。

f:id:verandarosegarden:20160511090221j:plain

21種類しかない庭に5種類もデルバールなんですよね。僕の庭。

その5つのデルバールのバラの中で一番最初に咲きました。

結構株が弱っているそして、虫攻撃でこれぐらいかな。咲かせたのは。

終わったら、メンテを過激にしようかと思っております。

 

品種自体の特徴は、うどん粉には強くて、黒点には弱いです。もう出てます。

樹勢も少し強いくらいですが、なにせ、枝が太くなりにくい。細い枝にも咲きだしてくるからなのでしょうかね。

花はきれいで、香りもよくって、すぐには枯れないけれど、そんなに丈夫ではない。

当初、日本限定発売したのはわかります。

 

たぶん、ヨーロッパではもう無農薬でしか栽培できないので、かなり丈夫なバラしか売れないのでしょうね。

日本は農薬については、先進国と呼ばれている国のなかで、かなりゆるい国ですから。

まぁ、多くの日本のバラよりは丈夫かと。うどん粉病に強いので、なんとか株さえ大きくしていければ、丈夫になっていくタイプかと思います。

 

バラは最初の5年は大切に育ててあげれば、結構その後はいける気がします。

その5年を短縮しているのが、病気に強いバラといわれているものかなと、シュート更新タイプではなく、樹ができていくタイプ、ノヴァーリスの枝を見ていて、そう思いますね。なんか、もみじっぽい剪定ができそうですから(笑)