読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

この時期からが美しい「ムンステッド・ウッド」

バラの栽培 バラを育てる前に バラの無農薬栽培

完全に花が途切れるのは3週間以下で、ずーっと、少しずつ咲き続けているムンステッド・ウッド。

しかし、季節とともに、花の色は変わっていきます。

f:id:verandarosegarden:20160929072756j:plain

実際は、もう少し、黒い感じです。

この時期からは、赤いバラという感じではなく、濃い赤紫という感じの色になってきます。

近くに咲いている「パパ・メイアン」よりも、黒味が強く、でも、黒いバラと思わせない色合いが素敵だと思います。

小さめにおさまる、薫り高い、丈夫なクリムゾンのバラををお求めの方はお勧めです。

育てるときは、無農薬にして、花びらの香りを楽しんでください。

さらに、有機肥料を使うと、香りがUPするように感じていますので、それもお勧めしています。

今朝は、雨が降り続いていて、その中で撮ったので、写真がいつもながらしゃきっとしていません。

どんなに写真の性能と写す人の技能がすばらしくとも、この花のよさは写真では表しつくせません。ですから、是非、育ててみてくださいませ。