読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

今年の秋のバラは

バラの無農薬栽培 バラの栽培

先日の記事でも、有島先生とお話する機会があったと書きましたが、やはり、今年の秋は、9月の日照不足でバラの生育が悪い旨のお話をされました。

そして、来春のことを考えて、つぼみをとったりしているとも。

実は、僕の庭のバラも半数以上は調子を崩しています。

ただ、調子を崩しながらも、「ムンステッド・ウッド」はがんばって咲き続けてくれています。

f:id:verandarosegarden:20161016093316j:plain

ただ、写真を見ていただけるとわかるとおり、いつもより、花の厚みがありません。

香りもいつもの年よりも、少し落ちる気もしていますが、それでも強い香りを出してくれています。

色は、写真では表しきれていなくって、もっと黒に近い色です。

そして、もうひとつ

f:id:verandarosegarden:20161016094830j:plain

パパ・メイアンが咲いているのです。

これは例年とおりという感じですかね。もともと枝数が少ないので、たくさんは咲かないのですが、小ぶりですが、しっかりとした花を咲かせてくれます。

 

でもね、いつもなら咲いているはずの、ビェ・ドゥやノヴァーリスも全く咲く気配がありません。

この秋はリカバリーの秋にしなければならないのかなと思っています。