読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

早いですが「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」の植替え

料金 仕事のこと バラの無農薬栽培 バラの栽培

植替えする気は実はありませんでした。

でも、鉢を抜きたかったことがありました。それは

f:id:verandarosegarden:20161016091030j:plain

どんどん葉が枯れて落ちていくのです。

この場所は日当たり悪く、昨年も「アライブ」が瀕死になった場所ですので、仕方ないなと思っていましたが、ひょっとしたらコガネムシの幼虫かなと思い、寒くなるのを待っていた次第です。

そこで、まだ早かったのですが、コガネムシの幼虫確認と植替えを兼ねてやりました。

f:id:verandarosegarden:20161016091309j:plain

根はよく周っており、コガネムシの幼虫も発見されなかったので、一安心ですが、それでも、昨年よりも根がびっちりしていません。

f:id:verandarosegarden:20161016091440j:plain11月の予想が温かい可能性があるので、いつもよりも、底の根を切り落とさず、5センチ程度の厚みでカットしました。

土をある程度振るい落として

f:id:verandarosegarden:20161016091620j:plain

ハイフレッシュをまぶしておきました。

そして、鉢の方は

f:id:verandarosegarden:20161016091707j:plain f:id:verandarosegarden:20161016091752j:plain

穴はメッシュシートを敷いてからうっすら土をいれ、今回は、植替えが早すぎるので、先日の展示会で貰った三菱化成の化成肥料を入れました。(12から1月頃に有機肥料だけだと底をつく可能性があったので)

そして、土を敷いて

f:id:verandarosegarden:20161016092110j:plain

いつもの肥料を入れ

f:id:verandarosegarden:20161016092151j:plain

こちらにもハイフレッシュをかけてから、植え込みました。

f:id:verandarosegarden:20161016092245j:plain

そして、リキダス水溶液を土にかけて、1時間後に再度

f:id:verandarosegarden:20161016092404j:plain

リキダス水溶液をあげて終わりのフルコース植替えを実施しました。

いつもだと1ヶ月後にするのですがね。

 

あと、宣伝もしておきます。11月11日までに植替えのご依頼を頂いた方には、1時間500円の割引サービスを実施いたします。

 

大きな鉢の植替えは大変ですので、是非ご利用ください。