読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

みつろうクリームを作ってみました

いろいろなこと

バラにはなんにも関係ないかな。

前に

verandarosegarden.hatenablog.com

で食べ物のことを書きましたが、このカフェに併設されているところで、はちみつと蜜蝋が売っているので、ここで蜜蝋を購入してきました。

そして、スーパーでピーナッツオイルが安く売っていたことから、みつろうクリームを作ったのです。

※ピーナッツオイルはピーナッツアレルギーがある方および小さなお子様には使わないほうが良いです。(ピーナッツアレルギーがなくとも、皮膚から、ピーナッツオイルが体内に入り、その後、ピーナッツ成分が入ったものを食べるとアレルギー症状が出る場合があります。)

まず、

f:id:verandarosegarden:20161030103845j:plain f:id:verandarosegarden:20161030103943j:plain

測りと空き瓶、オイルと蜜蝋(黄色の板)とアロマオイルを用意して

f:id:verandarosegarden:20161030104224j:plain f:id:verandarosegarden:20161030104328j:plain

蜜蝋20gにピーナッツオイル60gをいれ

f:id:verandarosegarden:20161030104438j:plain

よくかき混ぜながら湯煎します。

全てがとけても、それでも、よく攪拌して、湯から瓶を取り出し、荒熱が取れたら、固まる前にアロマオイルを適量入れます。

僕は、今回ペパーミントとラベンダーを入れました。

f:id:verandarosegarden:20161030104651j:plain

出来上がり。

こつはひたすらよくかき混ぜることです。

f:id:verandarosegarden:20161030105014j:plain

今回なぜ作ったかというと、左官用の鏝の木製のにぎりの柄の部分に塗るためです。

直接手に触れることから、昔ながらに蜜蝋を使ったものを使いたかったのですが、身近に売っていなかったので、作ったのでした。

はさみの柄などにも使えますし、普通に高級なクリームとしても使えます。

ピーナッツオイルではなく、様々な植物油でつくれるそうなので、自作してみるのも楽しいですよ。