読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

危篤「フラゴナール」

害虫 バラの無農薬栽培

先日、枝枯れが進んでいた時にステンキャンカーが進んだと思っていただけで確認しなかった僕がおろかでした。

今日、植替えが必要な株を探していたときのこと。

ちょっと持つと

f:id:verandarosegarden:20161103145457j:plain

すっぽ抜けました。やられました。コガネムシの幼虫の被害です。

f:id:verandarosegarden:20161103145604j:plain

水で土を洗い流したところ、根が一部復活してきていますが、ほぼ丸裸状態。

f:id:verandarosegarden:20161103145747j:plain

V-RNA水溶液に浸けてから、6号鉢に植え付け(もともと9号鉢)

f:id:verandarosegarden:20161103145920j:plain

鉢ごと、V-RNA水溶液に漬け込み、

f:id:verandarosegarden:20161103150057j:plain

ほとんど無かった葉を取って、強制休眠状態にしました。

数日前もカイガラムシを取ったのですが、(そのときも、そんなにぐらつかなかった)

カイガラムシがまた成長していたものを発見し、除去しました。

 

これは、結構まずいかも知れません。枯れる覚悟はしています。

でも、フラゴナールだって、死にたくないでしょうから、できることはします。

それは、土の乾湿のコントロールです。

 

植え込み時に鉢を大幅サイズダウンしたのも、ハイフレッシュを入れたのも、根の復活・成長を最優先にするためです。

 

バラの声が、僕にはまだ聞こえないのか…。

 

ちなみに犯人は

f:id:verandarosegarden:20161103150552j:plain

この2匹の他、4匹。6匹の共同犯行でした。

そして、ハサミムシが土から出てきませんでした。