読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

エヴリディーチェの特売品を買って見ました

先日の日本橋三越の記事にちらっと書いた株がこれなんです。

f:id:verandarosegarden:20161103101330j:plain

電車であちこち持って歩いている最中につぼみが1個無くなっていましたが、取るので、関係なし。ついでに今あるつぼみもピンチしました。

f:id:verandarosegarden:20161103101516j:plain

 

根の状況はこんな感じ。根ぐされは無かったので一安心ですが、根づまりに近い状況みたいで、新しい根はほぼ無い感じです。

というわけで、新苗は早い時期に買いましょう。

f:id:verandarosegarden:20161103102558j:plain → f:id:verandarosegarden:20161103102825j:plain

上部の草つきの土や周りの土を簡単に落として

f:id:verandarosegarden:20161103102952j:plain → f:id:verandarosegarden:20161103103057j:plain

リキダス水溶液入りのバケツに入れます。(チェルシーガーデンを信用していないわけではありませんが、虫の幼虫のこともありますので15分程度は浸けて置きます。)

f:id:verandarosegarden:20161103103256j:plain → f:id:verandarosegarden:20161103103401j:plain

その間に、鉢底に土がもれないようなものをいれます。土がもれでない構造でしたら、入れない方がいいです。(僕は、植替え時にいちいち取るのが面倒なので、鉢底用の炭か天然素材のものを敷いています。今回はヤシガラマットの切れ端をいれました。というのも、鉢の土は庭に投棄するからです。)

f:id:verandarosegarden:20161103103731j:plain 

f:id:verandarosegarden:20161103104003j:plain → f:id:verandarosegarden:20161103104049j:plain

今回は、植替えが少し早め(2週間程度)なのと、使わないで捨てるのも、もったいないので、入れました。ただし、素性のわからない有機肥料(完熟が確認できない)と化成肥料は根に直接触れないようにします。

f:id:verandarosegarden:20161103104209j:plain

f:id:verandarosegarden:20161103104306j:plain → f:id:verandarosegarden:20161103104350j:plain

さらに、即効性を持たせたいので、いつもの有機肥料を入れてから、土を少しかぶせておきます。

ここまで、準備できたら、バケツから苗を取り出し投入。

f:id:verandarosegarden:20161103104522j:plain 

f:id:verandarosegarden:20161103104633j:plain → f:id:verandarosegarden:20161103104722j:plain

そして、ハイフレッシュをまぶして、取れそうになっていた接木テープを除去して、

f:id:verandarosegarden:20161103104857j:plain

培養土を入れるのですが、つんつんではなく、ゆさゆさとんとんしながら入れていきます。

f:id:verandarosegarden:20161103105019j:plain

そして、リキダス水溶液を土にかけます。土がへこんだら、土を足して、また、水溶液をかけます。

さらに乾いてからもう一度かけるか

f:id:verandarosegarden:20161103105146j:plain

バケツに入るようでしたら、鉢ごと漬けてしまいます。

f:id:verandarosegarden:20161103105302j:plain

支柱をさして直して終わり。

IKEAの家具の組み立て書より、詳しく書いているつもりなので、この通りやれば、たいてい大丈夫。ただ、培養土はバラ用の良いものを使ってくださいませ。

 

ここから、宣伝

鉢バラの植替えのみは、簡単なのですが、鉢がたくさんある方、時間がない方などは、

交通費・資材等代金、土廃棄料抜きの作業料金を

10号鉢未満でしたら、1鉢500円。10号鉢以上でしたら、1鉢1,000円で植替えしております。

全く、培養土や資材が無い場合は、こちらで用意いたしますが、その際は10号鉢程度までなら+1,000円程度です。

鉢増し時の鉢は、お客様でご用意していただくか、事前にご連絡くだされば、こちらで用意いたします(実費は頂きます。)。

ただし、どの場合も、水だけは、ご用意願います。