読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

ビブ・ラ・マリエ!の植替え

ビブ・ラ・マリエ! ジャンク品(?)扱いのバラを救う

verandarosegarden.hatenablog.com

で書いた株の1つ目です。

f:id:verandarosegarden:20161203143622j:plain

黒点病で葉がほとんど無く、花がかろうじて2個咲いている状態でした。

一番心配なのは、根の状態なので、鉢をはずしてみると

f:id:verandarosegarden:20161203143944j:plain

案外、根があってよかったですが、良い状態とはいえない感じです。

土もどちらかと言うと、水を抱き込むタイプの土なこともありますが、問題は、水遣りのしすぎな管理でしょうね。

購入してから、水をやっていないにも関わらず、べしゃべしゃな状態なのでね。

やはり、多くの植物は、ずーっと根がぬれていると根の成長が悪いのです。根を伸ばさなくとも、水がすぐ吸収できるので。

それでも、根ぐされに強い植物は良いのですが、バラは違いますので、かならず、乾く→湿気っているの繰り返しが起こるようにする必要があります。

ですので、「プラ鉢+水持ちの良い土+水のやりすぎ=だめ」です。

特に、この時期は、空気が乾燥していますが、寒いので、それほど水を要求しません。ですから、水遣りは土の状態を見てからあげるようにしてください。

f:id:verandarosegarden:20161203144642j:plain

結構土を落として、

f:id:verandarosegarden:20161203144736j:plain

V-RNA水溶液(リキダス買うの忘れていたので)に浸けて

f:id:verandarosegarden:20161203144855j:plain

f:id:verandarosegarden:20161203144952j:plainf:id:verandarosegarden:20161203145036j:plain

いつもの様に植え付けます。鉢底に土の流れないようなものを入れ、それを覆うように土を入れて、

f:id:verandarosegarden:20161203145209j:plainf:id:verandarosegarden:20161203145309j:plain

肥料を規定量入れて、土を肥料にかぶせたものを準備してから、

バラを水溶液から取り出し、土を入れます。

f:id:verandarosegarden:20161203145453j:plain

そして、水を何回かに分けてかけ、完全に全ての土がぬれる様にしてください。

これでおしまい。

咲いている花をとって、半日陰の明るい場所に移動しておきました。