読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの誘引

ここ数日、朝の冷え込みがありますね。

今週、誘引の依頼があるので、その前に自分のところのを誘引ということでやりました。

f:id:verandarosegarden:20161217093946j:plain

誘引前の写真。以前に長すぎて邪魔な枝は切ってあるので、写真ではわかりませんが、長い枝は1本だけかな。だから、然程いじる必要はないのですが、左右のバランスがよくないので、整えるような形で誘引するのと、弱小枝の取り除きや、カイガラムシの除去を兼ねて作業しました。

f:id:verandarosegarden:20161217094227j:plain

花数だけを増やすのであれば、もう少し寝かせた誘引をした方がよいのですが、それでなくとも、結構咲いてくれるので、扇形の樹形が好きなのと、あまりにもいじった感じが好きではないので、これぐらいの状態で誘引しました。

隣とのフェンスの役割を果たしてもらうので、古い枝もあまり減らしておりません。

あと、僕は誘引に

f:id:verandarosegarden:20161217094701j:plain

麻ひもや結束バンドやビニール帯ではなく、これを使っています。

非常に誘引が楽です。紐よりは高いですが、それでも、10mで、320円(去年の価格)ですので、作業性を考えたら高いものではありませんよ。

色も黒のほかに緑もあります。

 

ここで、誘引で一番大切なことは、安全第一です。

脚立や三脚を使うことがあると思いますが、高いところに上がるときは、基本、近くに人がいるときにした方が良いです。はしごを使用するときは必ず2人でするようにしてください。

 

また、1.5mを超えてくるようでしたら、ヘルメットを着用したほうが良いです。

そして、近くに植えてあるバラが作業時に引っかかったりする場合は、トゲをとってからしています。

バラには悪影響かも知れませんが、それで枯れることはありません。

安全はなによりも優先して誘引をおこなってください。