読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

こんなに開いてきました

オーバーナイト・センセーション レジス・マルコン バラの栽培

f:id:verandarosegarden:20170303214518j:plain f:id:verandarosegarden:20170303214722j:plain

左:レジス・マルコン 右:オーバーナイト・センセーション

新芽もいろいろな形があり、そして、展開される葉もいろいろな形や色があります。

僕のところのバラは、レジス・マルコンの様に開いてもすぐに緑にならず、かなりの期間赤いものと、オーバーナイト・センセーションのように、緑に赤の縁取りがあるタイプの2つに大別されます。

どうやら、赤い期間が長いタイプの方が、気のせいか丈夫なような気がしています。

でも、初々しい新葉ってかわいいですよね。

そして、生命の息吹を感じさせてくれます。

 

何回も書いているかも知れませんが、もうこんな風になってきたら、剪定、誘引はあきらめた方が良いです。そして、春の開花後に剪定等なさるほうが良いです。せっかくの芽をだめにしてしまうから。特に誘引時はかなり芽がこすられることがあるので、知らないうちに取れてしまいますよ。

 

でも、本当に、芽吹きが早くなってきていると思います。十数年前の本には、剪定が3月上旬までとなっていた本を見たことがありますが、今では遅すぎです。

 

温暖化しているので、やはり、誘引は12月、剪定は2月初旬までに終わらせたほうがいいです。関東地方平野部は。