ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

バラの栽培

咲いてきました

今年は、8月以降、全体的に肥料を少なくして育てているせいか、それとも天候のせいか、花つきが良くないのですが、それでも、咲いてきてくれたクロード・モネ。 今となっては、香りの質・量ともすごく評価にあたいするものでは無いのですが、やはり、見た目…

今年は花が少ないですが…

やはり、虫の影響もあるのか、ただ、晴れの日が少ないのか、兎に角、花つきが良くない気がします。しかも、 花弁がいい感じで少ない。 花弁が多くボーリングするよりも、いい感じで花弁が少なく開くほうが良い。 というのは、香りが感じやすいから。 そして…

やはり弱い

また、咲いてきてくれました。甘いティー香で、花色も鮮やか、とっても、花はいいんですよ。でもね、葉がけっこう弱い。 その1.黒点病に弱い パット見、丈夫そうな葉ですが、黒点病がすぐにぽちぽち出てきてしまう。パット・オースチンよりは強いですが、そ…

ノヴァーリスではありません

僕の庭の紫系の花が咲くバラって、ノヴァーリスなんですが、それに匹敵する位、紫な花が…。 それはキルケ。 もう紫系統の花が咲くバラと言っても過言では無いぐらいです。 でも、良い香りは健在ですよ。

シュートの先に蕾ができたので

ノヴァーリスの中を伸びていた、サイドシュートに蕾が付き、花が咲いていたので、ある程度、枝が固くなっただろうということで誘引してしまうことに。 結構、寒くなってからでも咲いていたので、上の写真のような、芽がいまいちな殆どの枝先を切り戻し、もう…

乱れてきたので…

ぼちぼち咲いているのですが、切り戻しだけで、そのまま育ててきたら、こうなるわけでして、まだ、例年だともう一巡、咲けるときがあるので、少しすっきりさせることに。 本当は、もっとがっちり行きたかったのですが、まだつぼみが結構あって、それが開花し…

香りある季節に

コガネムシの幼虫+カミキリムシの幼虫攻撃もあり、調子がいまいちだった、アルシュデュック・ジョゼフでしたが、結構茂って復活して花がちらほら咲いています。 そして、この蕾が匂いを嗅ぎやすい位置にあったので、朝嗅いだところ、結構なティー香が。いつ…

良い香りがすると思ったら

少しずつ、葉がやられてきているなー(黒点病ではないけれど)と思って見に行ったら、良い香りが漂ってくる。となりのコントゥドゥシャンボールかなと思っていたのですが、1つ咲いていたので、 一応嗅いでみたら、びっくり。雨上がりの朝早くだったので、さほ…

まだまだ害虫の季節です…3

休みの朝何気なくバラを見ていると、あっ! とちぎった葉っぱには ここまで大きくすればわかりますよね。そう、チュウレンジハバチの幼虫です。 先週、いきなり寒くなったので、「もう虫なんていないよな~。」って。思っていませんでしたか? まだまだいるん…

まだまだ害虫の季節です…2

切り戻したノヴァーリスが咲いてきました。 最近の低温で色が濃く、カメラで撮ったものを見ると、結構な紫のバラに見えますよね。 そんなノヴァーリスですが、 こんなにもまだ茂っているので、害虫天国でして、 蕾や葉がやられています。そして、いろいろ見…

咲いてきました

株元からの枝も1本になってしまって、いつだめになってしまうかわからない状態ですが、なんとか復活してきました。 ついでに 花も開いてきました。香りもあって、花がいいだけに完全に復活してほしいものです。

根が食害されると弱るよね…

いつものこの時期ならもう少し咲いていてもおかしくないのですが、 やはり、コガネムシの幼虫が入ると木全体の調子に下がり、花も付けなくなるといった感じてしょうかね。 1つだけ咲いていた花は、花弁がきれいなので、余計に残念な気持ちです。

がっちりやられてた…

枝枯れしてきているし、なんか変だなと思って掘ってみたら、 空洞が そして、でかいサイズのがたくさん出てきました。小さいサイズのもいますが、でかいのがいて、根がけっこう食われていました。 とりあえず、水で洗ってみて、枯れた枝の切り残し部分を短く…

今年良かった品種

実は、このアブラハム・サポートダービーが「今年一調子良かったのでは。」と思っています。 数年前は、もう枯れるのかなと思ったこともありましたが。 やはり、太くて長いシュートを出せる根の環境を作ることが必要な品種なのかな。 言い換えれば、大きな鉢…

やっとみられる感じに

もともと丈夫な品種なのですが、コガネムシの幼虫の根の食害と暑さが重なって体調不良に陥っていたキルケがやっと調子を上げてきました。 花数は少ないのですが、香りもまあまあしてくれるので、復活途中としては良しとしたいです。

おっ…

咲いてきました。 verandarosegarden.hatenablog.com 血迷った約2ヶ月前。そこから、復活して花が咲いてきました。 しかも、きっちりとした花で…。 結論から言えば樹勢はあります。だったら、なんであんなへんなことになっていたのだろうか…。 誘引の仕方に…

木は弱ってしまいましたが

先日、枝枯れが発生して、1本立ちになってしまったサフラノですが、まあまあ咲いてきました。 以前にも書きましたが、鑑賞時間は日が登った直後がベストかと。昼間は花弁が開いてだらしなくなるのでね。

花弁は少ないが

秋バラの季節になったのか、徐々に咲いてきました。 そして、花色が春よりも濃い。香りは花弁の数に比例するので、1つ1つの花の香りは春よりも弱いですが、それでもこれだけ咲けば甘い香りが感じられるのです。 黒点病には本当に葉が弱いですが、木自体はま…

いいですね~

1週間前くらいに咲いてきました記事を書きましたが、それから少しずつ咲いては散りを繰り返し、今が一番の最盛期かな。香りも楽しめていい感じです。 最初は中心ピンク周囲薄いピンクから全体的に色っぽくなって散ります。花弁がバラバラに散るので、片付け…

枝枯れするなと思ったら…

あれほど元気になってきたはずなのに、葉が落ちてよく見ると 枝枯れが数箇所。おかしいと思って 数匹でてきましたよ。しかも根があんまり無い。ということで 使いましたよ、ダイアジノンを。これはちゃんと土の中に埋めてくださいね。それでないと効果がおち…

この枝は…

先日、ノヴァーリスの初秋の剪定をしたときにはこんな枝はなかったのですが、しその写真を撮っているときに、気が付きました。 よくよく、株元の方へ枝を追っていって見ると、リヴェールにたどり着きました。 サイドシュートなのですが、なんちゃって誘具に…

完全な花が咲かないことが多いかな

けっこう窒素分過多のときには、花が割れたり欠けたりするのですが、今回はしばらく施肥していないので、原因は、それでは無いです。先日咲いたものはきちんとした花だったので。 じゃー、原因は?となるのですが、たぶん、蕾が大きくなっている期間に、いき…

これから調子上がるのかな…

やっと、落葉より新しい葉の展開の方が上回ってきたような気がします。枝も2本位だめになったし(以前、カミキリムシに入られた枝で弱っていので…)。 まぁ、良いこともあるんですよ。それは花弁数が少なく、ちゃんっと開いてボーリングしない。こんな感じの花…

いい感じでしょ…

最初の開花のときは、ダービーの様だと書いてしまいましたが、だんだんと気温が低くなってくると、かなりオレンジと茶色の間のような色からピンクになっていくことがわかりました。 どんな花が咲いてくるかわかってきたし、枝ぶりもこんな感じにできるのかな…

やはりだめでした

結果の写真です。1本だめでした。完全ではないものの、葉がだめになりだしので、切りました。でも、その先(根本側)まで行っている可能性があるので、全体的にダメになる可能性も否定できないかな。 レジス・マルコンも。こちらは、土を少し掘って切り取った…

台風対策

今回の台風は雨台風らしいのですが、一応、アーチの向きを今で90°変えてから初めての台風ということでアーチの倒壊に備えて近くの鉢は軒下の方へ避難させました。 もう雨が断続的に降っており、小雨のときに行ったのですが、皆さんも無理せずに。 今回は東海…

遅れてこれも咲かせてみました

小ぶりな花で、ちょっと咲かせるの早かったかなっと思っていますが、今年新苗で育てた他のバラも咲かせているので、咲かせてみました。 曇り/小雨の天気でこの小ささでも、けっこうしっかりとした香りの強さ。そして、柑橘系を思わせるフルーツ香。完全な株…

葉を落としながらも頑張ってます

左の花のパット・オースチン、右の花のフラゴナールも両方とも黒点病がひどいですね。9月に入ってからのぐずつくいた高温多湿の状況からだと仕方ないのですが、やはり、それよりも8月の酷暑の方がバラにとって影響があったのか、夜温が下がったころから、徐…

ここまで来ました

verandarosegarden.hatenablog.com 突如やってしまった1ヶ月ちょっと前から今どうなったか。枯れたという結論は書かないので、育っていますよ。 左側の鉢です。 まあまあ復活してきたかと。実は、となりのエドゥアール・マネの枝をずらすときに、1本伸びてい…

こんなところにも…

玄関の寄植えのロベリアが枯れてきたので、抜いてとりあえず、庭のミニバラの1つでも入れておこうかなと思って取ったのですが…。 根がない。そして はい、コガネムシの幼虫。 ということで、 とりあえず植えときましたが、どうなることやら…。 流石に、地植…