ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

春の模様替え…2

f:id:verandarosegarden:20200221075406j:plain

実は、昨年の模様替えで、もともとここにあったスチールラックをキッチンに持っていき、その際、キッチンで置くだけになっていたスチールラックをこちらに持ってきたのですが、棚数が足りずやはり使いずらい。もともとキッチンのものと材質が同じなのですが、棚の大きさが違うこともあり、棚が共用できないという弱点がありました。

もう同じものも売っていないので、とりあえず、この棚は処分することにして、棒などを利用することに。

というわけで棚の作成です。

f:id:verandarosegarden:20200221075802j:plain

今回も45×35×1950(?)の垂木6本と12mmの構造用合板1枚。それと前回の物入ベンチの残り(棚板1枚分と棚板につける分の垂木)。構造用合板はあらかじめ棚板の幅に切ってもらいました。それでなければ、車に乗せずらいのと、運転しにくいので。ということで、木材買うのなら、ホームセンターなどのカットサービスのあるお店が便利ですよ。

f:id:verandarosegarden:20200221080232j:plain

道具は前回と一緒なので割愛しますが、大切なこと書いておきます。それは保護メガネの使用です。やはり、カット時などささくれなどが飛んできますので、DIYで木工したいという方は是非用意して使用してください。一番大切なんだけれど、忘れやすいことなので、書いておきます。

f:id:verandarosegarden:20200221080434j:plain f:id:verandarosegarden:20200221081555j:plain

今回は構造用合板を600×380のサイズでカットして(380幅で切ってもらってきているので、僕がやったのは600で切る)、それに、垂木を380mmの長さでカットしたものを板の両端にビス止め。これを7個用意します。

f:id:verandarosegarden:20200221080655j:plain f:id:verandarosegarden:20200221081739j:plain

後は、同じ長さの垂木(買ってきたものから380とった残りで、比較的曲がってないもの)に板が水平になるようにビス止めしていきます。その際、下穴はあけた方が良いです。

f:id:verandarosegarden:20200221080855j:plain

クローゼットの物を全部出し入れた状態。暗い場所なので、画像が荒れてますがこんな感じということがお分かりいただければ。もし、オープンな環境で使うのであれば、ゆがみをとめる、筋交いみたいなものがサイドに必要となりますが、今回はこういったところに置くので、つけませんでした。

f:id:verandarosegarden:20200221075406j:plain → f:id:verandarosegarden:20200221081111j:plain

改善前(?)と改善後

やはり、ケースが重なっていないと、ケースを取り出して、ものを出して使って、そして、すぐしまいやすい。こういった些細なことが、部屋が散らからない、片づけしやすいということにつながりますので、クローゼット内の使い勝手も大切ですよ。