ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

香りはそのときどき

いろいろなバラで、2番花が咲いてきました。というのも、一番が1つだったりしたので、正しくは1.5くらいなのかもしれません。

そんな中で、

f:id:verandarosegarden:20200604064919j:plain

フラゴナールが咲いてきたのですが、

f:id:verandarosegarden:20200604065031j:plain

                                  (一番花)

咲き始めは一番花の花色と明らかに違うのです。写真は周りの光の影響を受けますが、見た目にはもっと違って、一番はどちらかというと、若干紫イメに入りかかるようなピンク色。でも、今回咲いたのは、ピンクというより、黄色みかかったサーモンピンク。

さらに、香りも同じ香水系なのですが、花弁が少ないので、香りの強さは少し控えめで、ミルラ系の香りが強くなっていて、若干僕にとっては好きではない方向へ来ています。

ただ、咲き進むと

f:id:verandarosegarden:20200606053347j:plain

ピンクになって落ち着いてきました。

四季咲のバラは、季節などの諸条件で花の形、色、香りが変化しますので、栽培していると、その変化を楽しむことができますよ。