読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

要注意!!スズメバチが活発化しています

いろいろなこと 害虫

昨日読者の方が、アシナガバチに刺されたことを書かれていましたが、もっと凶暴な、人を死に至らしめる、日本ではナンバー1の野生生物であるスズメバチの活動が活発化してきたみたいです。

僕の庭には幸運にも、巣は無いみたいですが、こうやって、PCを使いながら庭を見ていると、結構スズメバチが来るようになりました。

どうやら、餌を探しているみたいです。飛び方がアシナガバチと一緒で、なにかを探しているような感じですので。

ただ、アシナガバチと違って、攻撃性が高いので、かなり要注意です。

僕は、ベランダの外側にハチ用の殺虫剤を用意しています。

無農薬栽培を推奨していても、これは別ものかと思います。

刺されて死んでしまっては、栽培どころではないですよね。

とりあえず、一番注意すべきは、身の回りにスズメバチの巣が無いか調べておくことです。

スズメバチが1度に数匹同時にいた場合、近くに巣がある危険性が高いです。

いつ刺されるかわからない危険状態なので、できればその場から静かに離れましょう。

それがもし家の庭だった場合、万が一の際のハチ用の殺虫剤を持ち(お守り代わりで決して巣を見つけても使ってはいけません。襲ってきたときの緊急時用です。)、昼間は刺されにくい、白装束(必ず髪は全て隠すことと、ゴーグルしてください。)をして、家の周りに巣がないか確認してくださいませ。

巣が無かった場合でも、比較的近くにある可能性が高いので、近所の方にスズメバチの巣が近くにあるかもしれないことを伝えておくと良いでしょう。

もし巣があった場合は、自分で対処せずに、専門業者に駆除の依頼をしましょう。

この時期はもう巣がかなり大きくなっています。市販の殺虫剤の1、2本では足りなくなっているレベルが多いみたいですので。

本当は、6月くらいの時期に巣を見つけて対処しておくことが良いでしょう。アシナガバチと同じ様な生態ですので、そのころだと、女王蜂1匹とその他数匹の働き蜂だけで、巣も小さく、殺虫剤1本もいらないくらいで除去できるからです。

 

あと、この時期大切なことは、香水、化粧などで甘いにおいのするものはつけないこと。特に、屋外のバーベキューなどのときは重要です。飲み物の匂いだけではなく、香水などの香りが遠くに漂うものはハチに来てくださいと言っているようなものです。

 

それから、山菜などの採取で山に入るときは、特に要注意です。周りに巣があるかないか確認することも重要ですが、汗のにおいをさせないなどの工夫も必要です。

 

なぜ、匂いのことを書いているかというと、非常ににおいの感知能力が高いことがあるのと、匂いで、行動を決めているところがあるからです。

人の匂いには攻撃、甘いものの匂いの中にハチの警戒フェロモンに含まれている匂いがある場合があるからです。

 

そして、緊急性が高くなければ、植え込みの剪定はしないことです。

特に、密な生垣は、スズメバチの巣があっても気がつきにくいので。

 

熊やいのししが危険といわれていますが、間違いなく一番危険なのが、スズメバチですから、心して生活することが必要ですよ。