ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

やっとやりました…2

f:id:verandarosegarden:20210211193203j:plain

先日の続き。これも、コガネムシの幼虫が発見されたものなので、残存がいないかどうか調べるために植え替えすることに。

f:id:verandarosegarden:20210211193544j:plain

抜いてみると、比較的根があってよかったです。

ある程度、古い枯れだした根の部分を除去し植え付けました。

f:id:verandarosegarden:20210211193645j:plain

シュートが出てくれるといいのですがね。

 

やっとやりました…1

お久しぶりです。

今年は、植え替えを最低限しようかと思っていたので、忙しさにかまけていたら、こんな時期に。

f:id:verandarosegarden:20210210172217j:plain

昨年、新苗で買って育てていましたが、途中、コガネムシ類の幼虫にやられて、小さな鉢のままでした。とりあえず、様子を見てみようということで抜いてみました。

f:id:verandarosegarden:20210210172412j:plain

けっこう、根が張っているので、6号から8号に鉢増ししていました。

今回は、

f:id:verandarosegarden:20210210172635j:plain

これを始めて使うことにしました。昨年弱ったときから黒点病出だしたので、早く、丈夫にしたいのでね。

f:id:verandarosegarden:20210210172752j:plain

普通に肥料も入れて

f:id:verandarosegarden:20210210172842j:plain

植え付けました。

実は、土は再利用したので、どうなるかな…。

今年の庭は…1

あけましておめでとうございます。

昨年末は、新しい仕事を始めたので、時間・精神的余裕がなく、ブログはほぼおやすみ状態でした。今年もそんな感じかなー。

 

年末、31日にバラのメンテもしている友人に、ビブラマリエとフリュイをもらってもらい、2つ減らすことに成功。

 

というのも、やはり、今までのように、メンテにかける時間が無い。

 

ということで、小さな鉢植を減らしたい。

 

あとね、自宅にいる時間が短くなることがわかったので、今までの、僕が隣家のごちゃつきを見なくするためのレイアウトから、隣家かせ見てもらえるような感じにということで、オープンな感じにするような剪定をしていきました。

f:id:verandarosegarden:20210102213201j:plain

特に、ノヴァーリスとルージュ・ピエール・ピエール・ドゥ・ロンサールはかなり低めにしました。脚立に乗らずに花柄をつめる高さにすることで、庭の開放感とメンテナンスのしやすさを両立させてみることに。

その他、地植えの2つは処分。香りがせず、花つきも悪く、黒点病に弱いものでしたので。

あと、調子悪かったバラをだめなら捨てる一歩手前状態にすべく、地植えに。

とにかく、手入れを減らす様に試行錯誤していくことにしました。

嫁がせました

お久しぶりです。1ヶ月以上空きましたね。

自分の庭のバラを少しずつ減らしていきたいということで、今回は、今働いているところの代表者の家の庭に植えてきました。

朝9時頃に撮影したので、けっこう夏でも、日当たりの良いところです。

この家の家政婦さんが世話をしてくれることになっていまして、下草はその方が植えてくださる感じです。

ちょっと、ビエ・ドゥの方は、コガネムシの幼虫が生きて見つかったので、どうなるかなと思っていますが、来春には花を咲かせてほしいと思っています。

 

こんなことを書いた理由がありまして、

元気いっぱいではないけれど、手元にあるバラをまだ処分したいのです。

ただ、捨てるというのは申し訳ないので、一応、バラを育てている、あるいは育てたことがある方で、引取に来てくださる方には差し上げます。

今のところ、パリス、サフラノ、ボレロ、ビブ・ラ・マリエ、ポラリスオースチンアルファ、フリュイは、手放してもいいかなと思っています。地植えしてくれるのなら、オーブ、パット・オースチンも差し上げます。ただ、オーブは軽トラでないと運ぶのが大変なサイズになっています。

 

もし、欲しい方いらしたら、

kishi32@sea.plala.or.jpまで、メールくださいませ。

 

地植えにしてから

f:id:verandarosegarden:20201111084117j:plain

ぼちぼち返り咲きしてきているノヴァーリスですが、

f:id:verandarosegarden:20201111084229j:plain

このままで1週間止まっているんです。そうですボーリングしてしまっています。

夏とは違って、花数が少なくなって、1つあたりの花の花弁の数が多くなるのか、それと、地植えによって、栄養吸収が鉢植えよりも高まっているためか…。ただ、寒くて開かないだけなのか…。

開きません。

逆にボーリングしやすい、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールのほうがちゃんと開いて咲いているのが、ちょっと心配になってしまうのですがね。

カーテンを開くと

f:id:verandarosegarden:20201109210848j:plain

秋になると花首が結構伸びて咲く品種がけっこうありますが、その性質を生かした感じで誘引できると素敵ですよね。

とりあえず、1つだけですが、窓を開ければ、

f:id:verandarosegarden:20201109211048j:plain

手で触れられて、そして、香りを嗅げるって素敵なことですよね。

そんな、シーンを楽しむには、秋の誘引が大切になってきます。

そして、その前に品種選びが重要です。

細かくは書きませんが、その構想している間が一番楽しいのではないでしょうか。来年はこんな感じにしたいな…、あんな感じがいいなー。とか。

でも、なかなか、長尺苗でも1年では理想の風景になりません。だから、3から5年かかるもんだと最初から考えて準備していくと良いのかと思います。

実際、このようになるまで、ある程度育てた苗で、2年かかっているのでね。

久しぶりに

f:id:verandarosegarden:20201108202233j:plain

いつぶりか忘れるほど久しぶりに咲きました。肥料を切って育てていますが、それでも、花が欠けるとは…。

今年、花が少ない原因は、肥料不足ではなく、天候不良なのだと確信できましたよ。

全体的な写真はありませんが、結構黒点病で葉を落としています。

ちなみに、この株も取りに来てくれて、ちゃんと育ててくれる人であれば、差し上げますので、ご連絡ください。