ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

ノヴァーリス

晴れよりも曇りの日が似合うかな…

曇りの早朝、とったので、画質が悪いですが、リヴェールの2番花が先日からぼちぼち咲いています。あまりにもうつりが悪いので、別の日に 撮りなおしました。開くとこんな感じなんですよ。 サイドシュートが伸びて、ノヴァーリスとクレマチスに絡んだところで…

なかなか、そろって咲くって難しい…

もう、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールも終わりに近づいてますが、クレマチスが咲いてきました。今となってはこれは何?だったけなー。となってしまうほど、クレマチスの方は大事にしていませんが…。 こっちは、ノヴァーリスが咲き終わってきた感じで…

ひょんなことから鉢替え

ノヴァーリスの枝を整えたり、コンポスト肥料を土にうめたりしたのですが、その際に、リパブリック・ドゥ・モンマルトルの枝枯れを発見して切りましたが 3本もだめになりました。 ノヴァーリスの日陰になっていただけでなく、クレマチスも絡んでいたりと…。…

これが咲いてくると、春の開花は一段落

たぶん、僕の庭では、蕾がバラゾウムシにやられてしまう筆頭のノヴァーリス。ただ、地植えにしたから、樹勢がさらにUPで、蕾の2/5がやられてもけっこう咲いてくれる感じです。10匹程度しか捕殺できてないにも関わらず、しかも、前書きましたが枝抜きしてい…

どちらか選ばなくては

毎年、日陰で頑張ってくれている、リパブリック・ドゥ・モンマルトルですが、流石に、ノヴァーリスの枝が覆いかぶさってきて、これでは、下の枝が伸びれない。蒸れている。そして、アブラムシもびっしり。(捕食者にみつかりにくい) でも、ノヴァーリスの枝…

意外と枝が固くないので…

成長して、葉が大きくなってきて、何度が雨が降ると、枝がしなだれてくる。 そうすると、庭が小さいので、周りのバラに影響してしまうので、 園芸用のアルミ線でしばることに。 作業しているとふとした時に、こんな風に害虫を見つけることがあるので、その際…

メインを切る

あれこれ土のスペースの剪定をしてきましたが、これがある意味メインです。 2番目に大きな株ですし、隣家の目隠しともなるので。 とりあえず、広がり防止でやっていた、盆栽用アルミ線をすべて取り去り、 この隣室との境の部分から剪定することに。 となり…

ずーっと

寒くなってきたので、咲き進まないのと、どうも、花弁の数と大きさのバランスから開かない。前にも書いたけれど、ボーリングのままです。 ただ、たまに雨がふったりするので、腐って終わるという感じです。 まだ蕾が残っていますが、この寒さだと咲くのかな…

めずらしく開かない

こんな感じで、もうかれこれ数日。外側だけ開いて、内側は開けない状態。そう、ボーリング。中の方を触ってみたけれど、キャベツを1枚ずつめくっていくと、だんだん剥きづらくなっていく感じと同じく、花弁がみっちり重なりすぎていて、開けないみたいです。…

あと少しだけれど

だんだんと寒くなり、成長も鈍くなる時期で、剪定の時期まであまり伸びないのですが、それでも、越境はまずいので、対処することに。 とりあえず、柔らかい針金でまとめる前に、弱小枝や内向きの枝など、蕾かついていない枝中心に選定をしてから、針金でまと…

素敵な香りの季節

今年は地植えにしたので、やはり、勢いというか樹勢が違うこともあり、バラゾウムシやガの幼虫に蕾や、芽の先端を食べられてもすぐに分岐して蕾を付け咲いてきたので、一度にたくさんではないけれど、それこそ、ちらほらとずーっと咲いていた感じです。 しか…

無理して咲かなくてもいいのに…2

この子なんて、もうなにかわからないでしょ。まったく。 ノヴァーリスなんですよ。 この写真に撮ったもの以外に2つも。計3つ。 こんな小ささですが、けっこう香りがするんです。ティーベースのね。 まぁ、この時期って花を咲かすか咲かさないか難しいんです…

隣の敷地から覗いてみると

すごい咲いています。でも、 自分の家の方からだとこんな、「花はどこ?」っていう感じです。 南向きの庭なので、どうしても、こうなってしまいますよね。 理想を言えば、平屋建てで、家から見て北西に庭があると、家から見てこちら側に向いて咲いているよう…

大地の力?

少し前にも書いた、ノヴァーリス。 鉢植えだと、植え替えてもベーサルシュート(根元からの新しい枝)が出づらくなっていたのですが、数年ぶりに地植えに戻したら、出てきました。 それだけでなく、 例年よりも咲きがいいです。また、バラゾウムシも復活して…

台風を思わせる風雨の中で

今日は、台風のときの様に、窓を叩きつける雨で目覚めました。 庭へ目をやると、花が散って、花びらが散乱していて、夕方片付けないとなーという感じ。 そんな中 ノヴァーリスが咲いてきました。 写真も家の中から撮っているくらいなので、香りの確認もなに…

良い状態を保つためのメンテ

ノヴァーリスの枝が開いてきて、隣のリパブリック・ドゥ・モンマルトルに覆いかぶさっていたので、 針金で枝の開きを調整しました。 周りに何も無ければ、中心部の蒸れが少なくなるので、枝が開いても良いのですが、僕のところは狭いもので、ある程度、調整…

切り忘れないうちに-②

けっこう一年で伸びるので、まずは、弱小枝と未熟な部分を切っていきます。 → こんな風にばっさりと 全ての枝を切っていきます。 普段見るところから見て全体のバランスを整えていきます。 そして、隣家との境は少し短めに、そして、芽の位置を確認して剪定…

すぐに剪定できなくともしておきたいこと

週に2日のお休みだと、なかなか、庭まで手が回らないことがありますよね。 剪定もなかなか進まないことがあると思います。 でも、せっかくの厳冬期。休眠させるのなら今ですよ。 そこで、僕のところも放置してあった2つの株をすっきりさせました。 ひたすら…

レイアウトチェンジ…その2『ノヴァーリスの地植え』

1週間ほど借り置きしていたのですが、風で倒れたりしたので、ちゃんと植えることに。 いきなり、これが出てきましたが、その後、もう一匹しか見つけられなかったので、そのまま続行。 最初に植えようとした場所は、クレマチスが植わっていたので、少しずら…

この時期のみの香りを楽しむ…②

雨上がりの朝、花弁が痛んでいますが、そっと虫をほろって、香りを思いっきり嗅いで見る。 夏までのティー香メインの香りと違い、いろいろな香りが混ざって感じられるようになってきました。個人的には、若干ブルー香に近いものをそして、なにか果物のような…

紫っぽくなってきました

寒くなってからの蕾にいよいよ花が咲き出しました。けっこう、本来の色が出てきました。 ただ、台風と バラゾウムシにやられて、こんなのも多いのですが…。 花の数は、春に比べて少ないのですが、秋の花はしっかりとした花が咲くので、皆様も秋のバラはしっ…

台風の跡

昨日、いろいろと大変でしたが、まず始めにやったのが、倒れていたノヴァーリスを起こして、剪定しました。 写真は引き起こしたところでして、フェンスにもたれかかっていたので、完全横倒しにはなっていなかったものの、風が強かったのだと改めて思いました…

酷暑の爪あと…2

今年の夏は、暑くてもかなり咲いてくれたのですが、 実は、このノヴァーリスは暑さに花びらも弱いのですが、 今年は 葉も小さく、ちりぢり部分が。そう、高温障害。 でも、温度が下がってきてから展開した葉は通常に戻っています。 この時期なら、夏剪定を兼…

色が濃いと日持ちしません

洗濯物が写り込んでいますが、気にしないでね。 皆様が必死に写真を撮って選んでいるブログが多いのに対して、いつも気楽過ぎてごめんなさい。 この写真の中に4種類のバラの花が写っています。 今回は当たり前のことを書きますが、赤いバラは、色やけが激し…

紫のバラではないけれど

写真を見るとたぶん、ピンクのバラに見えるかと思いますが、ノヴァーリスです。 夏になると、やはり、多くのバラで、いろが薄くなったりします。 そして、花びらの枚数も減ったりしますね。バラは花びらが香るので、花びらの枚数が減れば、香りは少なくなる…

雨の合間に

梅雨に入り、湿度が高いだけでなく、強い雨が突如降ったり、1日以上雨が降ったりと庭に出て、手入れしたくとも出来ない日が続きますよね。そんな最中、傷みながらも沢山咲こうとしているのが、このノヴァーリス。 ちなみに、けっこうこんな梅雨時の曇りでも…

途中経過通りだめでした

verandarosegarden.hatenablog.com 病気に強く、木自体は丈夫なんだけれど、僕の中では、無農薬栽培に不向きなのではと思い始めているノヴァーリス。 というのも、バラゾウムシに非常に好まれ、しかも、少しぐらいの攻撃でも、すぐ蕾がやられてしまうから。 …

風雨の跡

今朝起きて窓を開けると、ノヴァーリスの枝が折れているのを発見、寝起きのまま、ビニールテープ、支柱、鋏を持って急行(5メートルもないが…)。 わかり無くいですが、中央の色が違うところが表面が裂けてしまったところでして、そこをまず ビニールテープで…

飛来もするのでやはりだめですね

数日前から、1日あたり1から2匹ほど捕殺しています。 そして、 verandarosegarden.hatenablog.com リンク記事で書いたものも、やはり、完全な効果はありませんでした。 というのも、バラゾウムシは飛ぶのでね。 ただし、根元だけに巻いた枝にしか発見してい…

お試しをしてみることに

昨年、展示会にて、試作品だが、幹を上る習性のある害虫をそれ以上、上らせない効果があるというテープの展示があったので、興味があり、メーカーの方とやり取りして試供品をいただいていたので、取り付けて見ました。 無農薬栽培ではないかもしれませんが(…