ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

久しぶりの開花…3

f:id:verandarosegarden:20190918144805j:plain

本来の花型ではないですが、咲いてきました。

僕よりも、喜んでいるのは、花粉や蜜を集める虫たちでして、この写真を撮り終わるとすぐにミツバチの仲間が来ていました。

f:id:verandarosegarden:20190918145010j:plain

全体的には、こんな感じ。ちょっと肥料やってなかったからかという感じですね。肥料を今回みたいに切ったことが初めてですが、これはちゃんと肥料必要なんだということがわかる品種ですね。

久しぶりの開花…2

f:id:verandarosegarden:20190917082509j:plain

本当に久しぶりでして…。暑い季節、蕾が少ない+外虫で咲かなかったという感じです。涼しくなってくれると、やはり、バラにとっては良いみたいです。

f:id:verandarosegarden:20190917082714j:plain

結構葉が黄変して落葉しています。原因は黒点というよりも、日が当たらないところ、そして、春からの葉で古くなって傷づいたりしたものが黄変して落ちているといった感じです。

 

この時期に咲くのは珍しいかも

f:id:verandarosegarden:20190918145313j:plain

右端に写っているアブラハム・ダービーではなくって、このウシタエね。

支柱も立てていないので、ナチュラル感満載でしょ(笑)。

まぁ、このウシタエは、開花期不定な種なので、咲かせたくても咲かせられません。ただ、暑いから寒いになった時に花芽が形成されるような感じはしています。

f:id:verandarosegarden:20190918145645j:plain

外にいた割には、色が薄いのが残念ですが…。

初めて見る方いるかもしれないので、書いておきますが、

洋ランと呼ばれている、デンドロビュームに属するウシタエという自然交雑種です。

原種のデンドロは育てにくいものが結構ありますが、これは交雑種なので、育てやすいです。

最低気温は12度以上にして、太陽にあてて(真夏は木陰)、水を切らさなければよいです。

数年に一度植え替えして、肥料も年に数回液肥やるくらい。

デンドロの仲間ですが、良く売られているノビレ系とは違うので、水を切って乾かしてはいけませんよ。

久しぶりの開花

f:id:verandarosegarden:20190912105208j:plain

シャドーストライプがわかりにくいですが、ビェ・ドゥです。

そして、さらにわかりにくいですが、花に来る虫を狙ってカマキリがおります。

f:id:verandarosegarden:20190912105353j:plain

こっちの向きから撮った写真の方がわかりやすいかな。

こんなところにカマキリがいるので、香りは嗅いでおりません。

やりたいときに鉢増し…2

先日、記事にしたシャリマーですが、あの時の花が咲き終わり、台風の対策で鉢をずらそうとしたら、スポッと抜けたんですよね。そしたら、根ががっちり巻いていたので、鉢増しすることにしました。

f:id:verandarosegarden:20190910095019j:plain小さな蕾がついていたのですが、虫にやられていたり、チュウレンジハバチにやられていたりしたので切り戻したり、込み合っていたところは少し枝の整理をした状態です。

f:id:verandarosegarden:20190910095631j:plain

本当は、もう少し小さな鉢の方が安心かもしれませんが、この品種はこれでも大丈夫だと思っています。(ただ、少し水はけがよいように鉢底の炭はいつもより多めです。

 

初秋の開花…5

f:id:verandarosegarden:20190910151926j:plain

小さめですが、けっこう咲いてきています。
f:id:verandarosegarden:20190910152046j:plain f:id:verandarosegarden:20190910152010j:plain

咲き始めは、左上写真の様な感じですが、咲き進んでくると右上写真の様になります。

まだ暑いですから、花弁が少なめだし、色はショッキングピンクですが、あのベリー系フルーツ香は健在ですよ。

レジス・マルコンさんのお料理は頂くことはないとは思いますが、この香りだけはたくさん頂きたいなと思いますね。

初秋の開花…4

f:id:verandarosegarden:20190908173829j:plain

ほぼ、すべての葉を黒点病(がメイン)で落としてから、葉の復活がてら咲いてきた感じです。

今年の夏は、低温・長梅雨からの酷暑で、いつもの年なら暑いときにでも結構咲いてくれるのですが、今年はそうでもなく、開花時期がずれた印象です。

何となく、夏の花ですね。形や色的には。