ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

寒くなったら

ここ数日で気温が下がり始めましたね。

そして、今年はもう夏日はなさそうな天気予報。

f:id:verandarosegarden:20181013082025j:plain

ということで、室内に取り入れました。寒さに強くない系のデンドロを。

f:id:verandarosegarden:20181013082113j:plain

f:id:verandarosegarden:20181013082202j:plain

ちなみに、僕は、最低気温が14℃を下回ってくる日が続き、12℃以下の予想気温が出たら、室内にいれることにしています。

ちなみに、同じデンドロでもノビレ系はしっかり寒さにあててくださいませ。霜が降りる手前までね。

強い重いフルーツの香り

f:id:verandarosegarden:20181013082454j:plain

あまり葉がないのにも関わらず、取り忘れたであろう蕾が開花していました。

花びらが少なめですが、こんな香りのフルーツはないのだろうけれど、嗅ぐと確実にフルーツを感じさせてくれる。しかも、重めで、過熟気味の濃厚なフルーツを感じさせてくれる。

うどん粉病にもけっこう強く、黒点病にはかかりますが、それでどうということはない丈夫さを併せ持つバラです。

選ぶポイントはやはり、その香り。

やはり、強い香りというものは、好き嫌いがあるのでね。

香りが気に入ったのであれば、是非、お手元に。 

今回は見出しが素敵です

f:id:verandarosegarden:20181014090022j:plain

最初よりもバラの記事が減ってきましたが、それでも、いろいろな方の庭の写真が載っていて、そして、その人の思いが垣間見える文章があるって、素敵な本だと思います。

特に「生きることをバラで飾ろう」って素敵な見出しだと思いません?

たくさんのバラでなくっても、お気に入りのバラを1つでも、いいわけですし…。

著作のこともあるので、中身の写真は出しませんが、年に2回しか発売しないので、こんな写真の多い素敵な雑誌がなくならないためにもたくさんの人に買っていただけたらなと思います。

10回目なのかわかりませんが、表紙のデザインもすっきりして良くなったかと思います。

紫っぽくなってきました

f:id:verandarosegarden:20181012195940j:plain

寒くなってからの蕾にいよいよ花が咲き出しました。けっこう、本来の色が出てきました。

ただ、台風と

f:id:verandarosegarden:20181012200521j:plain

バラゾウムシにやられて、こんなのも多いのですが…。

花の数は、春に比べて少ないのですが、秋の花はしっかりとした花が咲くので、皆様も秋のバラはしっかり楽しみましょう。

特に、春~夏に香りがほぼない品種でも晩秋~初冬にかけての花には香りが乗るものもありますので、嗅いで見てくださいませ。

 

秋にシュートが出るのですよね

f:id:verandarosegarden:20181008130802j:plain

台風と黒点病で少し葉がやられている他は比較的元気かと。

f:id:verandarosegarden:20181008130904j:plain

良く見るとサイドシュートも出て来ていました。ここ数年、この時期に枝が出てくるのですよね。

前にも書きましたが、アブラハム・ダービーも今年で販売元からの販売は終わりなので、欲しいなーと思っている方は、見つけたら買っておかないと、ほぼ手に入らなくなると思います。

f:id:verandarosegarden:20181008131235j:plain

それにしても、虫にやられてブラインドでなっている枝が多かったので、切り戻しと、だめな葉はとりさりました。

 

 

久しぶりの境内

昨日は、いつも通院している高幡不動のクリニックへ。

薬局で調剤待ちしている間に高幡不動の境内に。七五三参りの家族の姿がちらほらと。

でもね、本当に菊の前のこの時期花が少ない。

咲いていたのが

f:id:verandarosegarden:20181014054804j:plain

狂い咲きしたのか、このつつじだけ。

写真は撮らなかったのですが、台風でやられたと思われるところを切った木がけっこうありましたよ。

f:id:verandarosegarden:20181014054936j:plain

ちなみに、紅葉はまだまだ先です。

一番早いので、これくらいですので。

今月末には菊祭りがあるので、その準備もすでに始められていて、次の通院が楽しみです。

 

 

それから、

 

高幡不動のクリニックには、通い始めて11年経つのですが、その先生は漢方の業界ではそれなりに有名(かなりだったらごめんなさい)な先生でして、その先生主催の市民公開講座は先週終わったのですが、座長として行う市民公開講座が11月4日、東京都医師会館(最寄は御茶ノ水駅)で、14時から2時間の予定であります。

 

大きなタイトルは

「いつまてせも治らない不調! それは未病かも!?」

でして、

・健康長寿のための漢方養生 と題して

 慶應義塾大学環境情報学部教授 医学部兼担当教授の渡辺 賢治 先生が

・あなたの不調を食事で改善 と題して

 慶応義塾大学SFC研究所 上席所員の宗形 佳織 先生が

の講演があります。

 

入場無料 要予約(定員280名)です。

詳しくは、日本臨床漢方医会 

 日本臨床漢方医会

のホームページを見てくださいませ。

 

なんで、ここに書いたかというと、昨日、診察時にチラシもらったのもありますが、日常の生活の中で、健康に過ごすヒントがあるんですね。

最近はテレビ番組でも同じ様なことをやっていますが、テレビではカットされてしまうような面白い話も聞けてしまったりするところがライブのよいところです。

ちょうど教養番組のライブ版かと思って、お時間がある方で漢方にご興味の有る方は聞きに行かれてみてはよいかもしれませんよ。

 

 

そこそこ咲いています

f:id:verandarosegarden:20181012210750j:plain

台風で、黒点病のひどい葉は落ちて、比較的きれいな状態です。

残念ながら、ふるい枝が枯れてしまっていて、1本立ちになってしまいましたが、比較的元気にすごしているかなと。

ただ、今後の暴風対策で庭のレイアウト変更のため、1度鉢にあげないとだめかなと思っています。

若干不整形な花ですが、香りは強く出ています。

来年も地植えにして、植物との混植をめざそうかとも考えています。