ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

ホスタも今が一番かな

f:id:verandarosegarden:20180416105055j:plain

先日の強風で、少し傷ついてしまいましたが、やはり、葉物は出たてが綺麗ですよね。

写真ではわかりにくいですが、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールの株元に、3つのホスタを植えているのです。

個人的に斑入りが好きなので、3つとも斑入りですが。

ホスタって、もともとは日本に自生している植物なので、本当に手がかからなくていいし、しかも、西洋に渡って、愛され交配され、栽培種も作られたくらい、洋風・和風問わずほぼどんな庭にもマッチしてくれるすばらしい植物ですよね。

大きくなると、ちょっと値段が高いのですが、小さくて安い時に買って大きく育てていくという楽しみ方もできる植物だと思っています。

庭にちょっとしたスペースがあって、なにを植えようか迷っているときは、ホスタお勧めです。

ただし、その場所にあった品種を選んでくださいませ。寒河江などはちょーでかくなりますので。

開花せまる

f:id:verandarosegarden:20180417112846j:plain

様々なバラに蕾ができ、日に日に大きくなってきていますが、僕のところでは、もう少しでサフラノが開花しそうです。

でも、よくよく全体を見ると

f:id:verandarosegarden:20180417113033j:plain

うどん粉病にかかったところや

f:id:verandarosegarden:20180417113112j:plain

アシナガバチが巣を作っていました。

さすがに、切り戻しが必要なので、蜂の巣は撤去しました。

本当は、庭の片隅に営巣して欲しいのですが、バラの枝はなしかと思います。

うどん粉病は1枚だけだったので、ちぎっておしまい。

それにしても、けっこう乾燥している年ですが、うどん粉病にある程度耐性のある品種を選んで育てていると、庭全体にうどん粉病が出なくなった気がします。

うどんこ病が出やすいのは、僕のところではサフラノだけかなと思っています。

 

少しずつ咲いてきています

f:id:verandarosegarden:20180416104205j:plain

木々の新緑が美しい季節となりましたが、我が家の寄せ植えの紅葉も今が一番美しい季節を向かえております。

まぁ、そんな季節は葉に目が行きがちですが、その下を見てみると

f:id:verandarosegarden:20180416104419j:plain

イカリソウ

f:id:verandarosegarden:20180416104542j:plain

ハナイカダ

f:id:verandarosegarden:20180416104852j:plain

ん?

そんな感じで咲いてきています。

 

雨が降っても水切れ注意

f:id:verandarosegarden:20180416103330j:plain

雨が降ったのに、もう水切れ?って思うことが、これから、出でくると思います。

そんなときは、根元の土を少しほじってみてください。

それで判断しましょう。

でも、

f:id:verandarosegarden:20180416103802j:plain

これくらい、葉が茂ってくると、かなり雨が降っても、鉢に雨が入らなくなってきます。そこで、雨が多い季節に入っても、水切れに注意しましょう。

 

メンテしました

f:id:verandarosegarden:20180414082600j:plain

家の中で冬期間育てていたので、間延びしたもの。そして、外に出して、急に赤くなってきたものもあり、仕立て直しました。

f:id:verandarosegarden:20180414082735j:plain

切り詰めて挿しなおしと、そして、汚い葉など取り去ったという感じです。

そして、

f:id:verandarosegarden:20180414082844j:plain

とった葉などで、元気がありそうなものはこんなふうにしておいておくことに。

一部、取れた葉から芽が出ているものがありましたので、それもここに植えておきました。

これもたぶん枯れる気がする

verandarosegarden.hatenablog.com

f:id:verandarosegarden:20180414081937j:plain

やはり、だめでした。

メインだった枝。

f:id:verandarosegarden:20180414082042j:plain

切り口を見ると、なにかに侵されている感じがする。ウイルスあるいは細菌に。

先日切ってしまったほうの台木の芽を残したほうが良かったかなってふと思いました。

f:id:verandarosegarden:20180414082237j:plain

残った、1本も、元気があまりない状態。これも覚悟しておかなきゃ。

それにしても、枝切ったら、はさみは火炎滅菌しているのに…。

土も新しいもので植替えしているので、どこからへんなものが入ったのか…。

無農薬栽培なので、アブラムシでも媒介されるものはあるので、ある程度潔くあきらめるのも必要なのかも知れません。

 丈夫な品種を選ぶことがやはりなによりも大切なことだと実感した日でした。

枯れたと思ってたら、生きていたので…

f:id:verandarosegarden:20180411172335j:plain

昨年、苔玉チックな物を作ったのですが、冬にコケが枯れ、一緒に生えていた、ものも枯れて、杉も、まっ茶色だったので、放置していたのですか、久しぶりに見たら緑になってきたので、水をあげていたら、復活してきました。

ただ、コケはなかなか復活しないものでして、そこで、もう外に出さないことにして、ヤマゴケを買ってきて作り直しました。

f:id:verandarosegarden:20180411173021j:plain

完全にばらしてから、握りなおして

f:id:verandarosegarden:20180411173229j:plain

今回は、室内で育てることにしたので、糸などで縛らず、ただ貼り付けただけ。

普段は、半日陰の室内において、来客時に、真っ暗な玄関に置こうかなと思っています。