ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

意外にがんばっているシリーズ…2

f:id:verandarosegarden:20180819091124j:plain

酷暑が終わってきてから、少しずつ咲き出しました。

夏は、いつもどおり花は小さく、ほぼ無香です。

f:id:verandarosegarden:20180819092119j:plain

まぁ、ぼさぼさですが、新しい枝が次々と出ていて、いつも通りの夏を過ごしましたよ。といった感じです。

 

酷暑の爪あと…2

今年の夏は、暑くてもかなり咲いてくれたのですが、

実は、このノヴァーリスは暑さに花びらも弱いのですが、

今年は

f:id:verandarosegarden:20180819081700j:plain

葉も小さく、ちりぢり部分が。そう、高温障害。

でも、温度が下がってきてから展開した葉は通常に戻っています。

この時期なら、夏剪定を兼ねてばっさり行ってもいいし、気にしないのなら、そのまま付いている蕾が花になるまで待って、咲かせてから、切り戻してもいい。

ただ、こんなに悠長にしていられるのは、大きく丈夫になった株で、鉢植えとは言え、根が、地中にかなり入り込んだ、半地植え状態ということもあるので、小さい株のときは、蕾をつけたら、切り戻して、なるべく体力を使わせないようにしてくださいませ。

酷暑の爪あと

今年の8月上旬までの暑さは異常でした。これが、異常のままで終わればよいのですが…。温暖化はこんな環境を通常にしてしまいそうで…。

そんな年でしたが、一番弱ったのはこの品種。

f:id:verandarosegarden:20180819075049j:plainでも、まずは

f:id:verandarosegarden:20180819075542j:plain

シャベルで掘って、コガネムシの幼虫がいないか確認しました。

それから、枝の先端の葉の展開状態を確認して、暑さにやられたんだなと。

f:id:verandarosegarden:20180819080244j:plain

そんなときは、とりあえず、これをあげて様子を見ることにしています。

 

意外にがんばっているシリーズ…1

f:id:verandarosegarden:20180811110624j:plain

一回、黒点病で葉を落として、先週の少し涼しくなった以降に葉をけっこう展開してきました。上の写真は今年のシュートにあった黒点病がうっすら出でいた葉をとった状態の写真です。

この状態の葉はすぐに、黒点病にかかってしまいやすいので、黒点病のある葉を取ったということです。

f:id:verandarosegarden:20180811112031j:plain

そして、今年のシュートに優先して栄養分が割り当てられていたので、剪定を少し

しました。この状態で、雨の当たりずらいところで育てていきます。

黒点病シリーズ…3

f:id:verandarosegarden:20180811110123j:plain

黒点病の広がりスピードは比較的というかけっこう速い。そして、すぐ葉を落とすので、これもあっさり、

f:id:verandarosegarden:20180811110227j:plain

丸裸にして、枯れている枝などを剪定して、少し暑さに弱り気味だったので、数日程度、休眠していただきたいかなと。

あと、一番古い枝が、枯れ込んできているので、たぶんダメかな。

僕のところでは、ジル・ドゥ・ブリザックの次に、黒点病に弱いのですが、これは、やはり、捨てられないや。比較的、復活が早めだし、香りがすきだから。

本当、バラって嗜好品だなって思いますよ。

 

違和感を感じたら…

f:id:verandarosegarden:20180811154041j:plain

暑い中でも、繰り返し咲いてくる、ポラリスα。

f:id:verandarosegarden:20180811154155j:plainその、枯れた葉を取ろうかなと思って、なにか違和感が…。

f:id:verandarosegarden:20180811154309j:plain

取ってみると、でかいの。

僕は、小さなうちは手で、捕殺しますが、大きいとけっこう暴れるので、割り箸でつかんで、踏んでます。

パット見おかしいなと思ったら、よくよく見ましょう。

黒点病シリーズ…2

f:id:verandarosegarden:20180811105616j:plain

雨が少なかったときは、全然問題なかったのですが、台風12号が来たとたんに、黒点病になり始めて、13号が過ぎたらこの有様に。

本当に僕と相性が悪いバラなので、取りにこられるかたがいらっしゃったら差し上げますよ。

これは無農薬で育てないほうがよいです。

香りよい、良い感じの花ですが、樹勢も黒点病への耐性も悪いです。

f:id:verandarosegarden:20180811105939j:plain

とりあえず、多への蔓延を防ぐために、丸裸に。