ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

空席にしておけないので…「アカデミー・オルレアン」の植替え

f:id:verandarosegarden:20171212113037j:plain

さすがにこのままというわけには行かないので、

f:id:verandarosegarden:20171212113125j:plain

少し目の届かないところにあり、ハバチの餌食に成り果てていた、アカデミー・オルレアンを手近にもってくることに。

f:id:verandarosegarden:20171212113241j:plain

葉をむしりとり

f:id:verandarosegarden:20171212113315j:plain

鉢から抜いてみると、放置気味だったのに、根張がしっかりしていて、良い状態でした。

f:id:verandarosegarden:20171212113430j:plain

けっこう土を落として

f:id:verandarosegarden:20171212113516j:plain

この日も寒かったけれど、放置したら、いつやるかわからないので、

f:id:verandarosegarden:20171212113638j:plain

誘引&剪定をしておきました。来春まで基本、いじらない予定です。

(まぁ、予定は未定の人間ですが…)

 

新しくアーチの片側には「ローズ・ドゥ・グランヴィル」

f:id:verandarosegarden:20171212095054j:plain

ビェ・ドゥをよけた穴を埋めるべく、少し調子がいまいちだけれど、がんばってもらうことに。

とりあえず、植替えしようと抜いてみたところ

f:id:verandarosegarden:20171212095241j:plain

根鉢は崩れなかったけれど、なんだかいまいち。

f:id:verandarosegarden:20171212095720j:plain

根ぐされ手前の感じでしたね。それでも、植替えしてしまいました。

丈夫な品種なので、なんとかなることを信じてね。

f:id:verandarosegarden:20171212095829j:plain

寒いけれど、このままで終わるわけには行かないので

f:id:verandarosegarden:20171212095921j:plain

誘引&剪定を終わらせましたが、欲しいところに枝が無いのは仕方ないか…。

再来年までにはアーチの頂上まで、調子が上がれば、来年咲くかなといった感じです。

来春のことを考えると、誘引は楽しいよ…仕事でもね

好きなことを仕事にしている僕ですが、昨日は、23区内のお客様宅へ。

今日は、午後から誘引を2つ半。

とりあえず大物の「カクテル」から。

f:id:verandarosegarden:20171213192329j:plain

今年の1月にも誘引に来ましたが、その際は、昨年の家の外壁塗装の際に誘引をはずして無理に倒してやったためか、少し弱っていたので、ほぼ枝を切らずに壁に納めて終わりにしたのです。そのため、まぁー、枝がジャングル状態に。実は最初に写真を撮り忘れていて、1/3ほど切ったときの写真でこの状態なんです。

都心は暖かいので、まだ蕾があって、咲きそうでしたが、思い切っていきましたよ。

お客様も今回は、ばっさりやって欲しいとのことでしたので、

f:id:verandarosegarden:20171213192842j:plain

ここまで、すっきりさせました。本当は、もっと曲げたい枝もあるのですが、太い枝を後々の縦方向の支柱代わりにしたいので、けっこう直立させたまま残しています。

もっと大きくなりますが、実はこのカクテルは、もともとのフランスでは、大きめなシュラブとして分類されています。でも、日本に来たら、暖かい気候もあってか、つるバラに分類されています。

黒点も出ますが、うどん粉は普通かな。そして、カイガラムシがびっちりしていましたが、それでも元気なので、樹勢はかなり強い品種です。

そして、次はパーゴラの「ファンタン・ラトゥール」

f:id:verandarosegarden:20171213193428j:plain

1月の誘引時には、枝数が少なかったのですが、ここまで、枝が伸びてビュンビュン状態に。それでも、パーゴラの上部を覆うほどの長い枝は少ないので、枯れたり、ハバチにやられていた枝以外は、先端を切る以外はほぼ切っていません。

f:id:verandarosegarden:20171213194632j:plain

とにかく、パーゴラ上部をたくさん覆うだけの長い枝が何本残るかちょっと不明だったので、できる限り乗せています。

残念なことに、下の方の枝が少し枯れていたので、少ない感じですが、手前にバラがあって、それを補うことができる素敵な配置になっているので、良しとしました。

このバラは、基本、つるばらではなく、半つる、シュラブなんです。ただ、ケンティフォーリア系の中でも、大きくなる品種で、枝の伸びが良いだけなので、そんなに毎年、枝が伸びすぎてということはないのです。だから、数年かけて、覆っていく感じかな。

黒点も普通に出ていたので強くはないかと思います。

 

昨日は、あと、半分だけアーチの手入れをしたのですが、時間切れでまた来週ということに。一番残念なのは、開花時に今年いけなかったことかな。来年は是非開花時にうかがいたいです。

 それから、自分に対してだめだしも。というのは、保護面つけてやっていたのですが、見ずらくて、ずらした際に、枝が戻ってきて、顔に少し傷が…。

というように、細くて曲げやすい2品種ですが、やはり、枝からしたら、無理に曲げられているので、反発はあります。

ですので、要注意です。皆さんも誘引気をつけてくださいませ。

 

それから、誘引のご注文、鉢植えの土換えなどもお待ちしております。

料金 - V.R.S

料金はこちらに載せておきますが、「ブログ見てるよ。」とお伝えくださると、

1,000円値引きいたします。

 

アーチから開放…「ビェ・ドゥ」

f:id:verandarosegarden:20171212093733j:plain

このアーチを設置してからだから、けっこう経つのかな、アーチの半分でがんばってくれていたけれど、この鉢の大きさで、この子だと限度だったのかもしれない。普通にゆるやかな誘引で、小さめに育てようということで思いっきりリセットしました。

f:id:verandarosegarden:20171212093942j:plain

設置する場所にもって行き、

f:id:verandarosegarden:20171212094036j:plain

まずは荒く剪定しました。

f:id:verandarosegarden:20171212094135j:plain

根はがちがちに周っていました。

f:id:verandarosegarden:20171212094322j:plain

根を切って小さくしていたら、

f:id:verandarosegarden:20171212094409j:plain

こんなものありましたよ。

これが不調の原因なのかもしれないですね。

それにしても、コガネムシの幼虫を夏に見つけたのに、よくこれだけ根が張っていたと思いました。

f:id:verandarosegarden:20171212094640j:plain

同じ鉢に新しい土と肥料を入れて、いつもどおり植えて、さらに、簡単に誘引して、それにあわせて、剪定しておしまい。

そして、水を数回に分けてあげました。

来春はどうなるかわかりません。枝が基本的に古いので、だめになるのも出てくるかも。シュートが出ても、すぐ枯れてしまうのを繰り返していたので、枝が本当にないのに…。それも、植替えの理由だったのですがね。

 

 

また、鉢植えに…「レンゲローズ」

春先に弱って、「もういいわ。」とある意味投げやりに地植えにしていたのですが、復活してきて、逆に邪魔に

f:id:verandarosegarden:20171203195730j:plain

そこで、鉢植えにけっこう抜けづらいかと思って引っ張ったら、すぽっと

f:id:verandarosegarden:20171203200501j:plain

やはり、長雨の影響か、根があまり張っていませんでした。

f:id:verandarosegarden:20171203200616j:plain

枯れていた所を切っていると、また、この虫が入っていました。

f:id:verandarosegarden:20171203200738j:plain

また鉢植えに戻しました。これも、蕾が少しあるので、明るい、暖かい場所に。

黒点病には弱く、うどん粉病にはかからず、虫にとても好かれて、いつも丸裸だけれど、決して枯れない、この丈夫さ。すごいと思います。

久しぶりに…「モリニュー」に会いに

f:id:verandarosegarden:20171203205256j:plain

誘引前の写真は撮るの忘れましたが…。

モリニューを出したところへ。

先日まで、エドゥアール・マネに使っていた、鉄の誘引具を持って行って来ました。

一度、全て葉がなくなりリセットしたのですが、再度、葉も蕾も出てきていました。

23区ではないものの、霜がおりない様な比較的暖かい地区なので、このままで誘引・剪定をして、施肥までしてきました。

正月明けぐらいに行って、その際に、休眠させようか決めたいと思っています。

暖かい地区だと迷うんですよ、正直、休眠いつにさせようかと。

何回か、葉をなくして、少しの間休眠しているようなことがあったので、それで良いかなとも思ったり。

あと、やはり、根の張りがいまいちみたいなので、来年はV-RNAの使用を推奨しておきました。

まだ咲く予定ですが…「エドゥアール・マネ」

先月にしたかったのですが、今年はかなり自分の庭はずれ込んでいます。

f:id:verandarosegarden:20171203185052j:plain

けっこう蕾もあるのですが、前評判よりも黒点病にも弱いので、けっこう葉が黒点病だらけです。

f:id:verandarosegarden:20171203185217j:plain

それでも、鉢から抜いてみると、根がしっかりしていて、つまっていましたので、鉢増ししました。

f:id:verandarosegarden:20171203185947j:plain

ちなみに、大きめな鉢には、こっちの土を使っています。

f:id:verandarosegarden:20171203190156j:plain

これで、水をあげておしまい。そして、これは、蕾があり、咲かせたいので、太陽が比較的あたり、暖かいところへおくことに。