読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

思っていたよりやられていたね

「ジャンク品(?)扱いのバラを救う」カテゴリーの2回目

2.実際の根の様子を見てみる

 まず、花はついていたもの、花茎は折れて宙ぶらりん。それとつぼみ2個を取り除いて、棘に引っかかっている葉を取り除きました。

 

f:id:verandarosegarden:20151119085547j:plain

 このまま根鉢崩さずにいけるかなと昨日は思っていのですが、日のよくあたるところにおいていても、上の写真のように土が乾いていないので、これは、ダメだなと思いながら、鉢を抜きました。

f:id:verandarosegarden:20151119085703j:plain f:id:verandarosegarden:20151119085805j:plain

 (写真左)鉢側(表面の根)は復活してきておりましたが、中心部が腐っていた様子。そこで、もう少し中心部を崩してみると、(写真右)けっこう茎に近いところほどかなり湿っていて、そこらへんが一番根がやられていました。

 思ったよりも重症。でも、この株は生きようとしているのだから、僕も出来うることはしなくては。

3.対処

f:id:verandarosegarden:20151119090029j:plain f:id:verandarosegarden:20151119090221j:plain

 まず、ミリオンを中心部の水はけの悪い部分に入れ込みました。(写真左、臭くは無いが、またいつ腐敗するかわからない状況だったため。)そして、植え込み。

 迷いましたが、一応、リキダス水溶液をあげました。(写真右)

 今回は、肥料は入れていません。根のストレス軽減のため、培養土に入っているだろう緩行肥料分に頼ることにしました。

 そして、水分補給の際に、アミノ酸液をあげることとにしました。

 置く場所も風通しの良い場所においてあります。

 1ヵ月に鉢を抜き、根の様子を見て、冬も室内で育てるかどうか判断しようと思っています。

 今回は、どうでしょうかね。僕は来年花が咲くことを祈っております。