読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

ローズ・ドゥ・グランヴィルの開花後の切り戻し

新苗を育ててみる バラの栽培 バラの無農薬栽培

f:id:verandarosegarden:20160619082933j:plain

上の写真は花が散り次第、花がらを摘んで、最期の花がらになった状態なのですが、

よくよく株元を見ると

f:id:verandarosegarden:20160619083109j:plain

芽が3つほどありました。全てシュートになるとは限りませんが、今ある茎を短くしなくとも、シューがさらに増えそうなので、今ある茎の高さをあわせるくらいの剪定で済ませました。

f:id:verandarosegarden:20160619083354j:plain

このまま少し、定期的な追肥と、液肥を行って様子を見ていくことにします。

たぶん、秋までには鉢増しが必要になるかなと思っています。

 

それから、この「ローズ・ドゥ・グランヴィル」ですが、今のところ、目立った病気の発生はありません。

 

そして、育てているといろいろとわかってくるのですが、花の特徴なのですが、花の命が比較的短いですね。2から3日で散ってしまいます。

だから、大きくして、花数を増やす方が良いのかなと思っているところです。

 

また、いろいろ気がついたところが出てきたら書いていきます。