読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

雨に弱い「アブラハムダービー」は

アフターガーデニング バラの無農薬栽培 食べ物

f:id:verandarosegarden:20160629093117j:plain

花弁数も少なく、整っていないだけでなく、花弁が雨に弱くて、この時期あまり花が持たない「アブラハムダービー」

f:id:verandarosegarden:20160629093157j:plain

毎年のことですので、今年はもう咲いたらすぐ摘んでホワイトリカー+氷砂糖の中へ。

右が「アブラハムダービー」、左が「ムンステッドウッド」です。

「アブラハムダービー」の2番花が、意外と今年はたくさん咲いてきて、容器がいっぱいになってきたので、どうしようか思案中。

作り方もとりあえず書いておきます。

1.ホワイトリカーと氷砂糖と花びらを入れる

・ホワイトリカーは度数の高いものを、予算に余裕があればウォッカもお勧めです。

・氷砂糖の量は経験で調整するしかないです。たくさん入れると甘くなるだけです。

 花びら重量の10から20%の重量の間かと思います。

 入れないと、浸透圧での抽出ができなくなりますので、入れてください。

・花びら本当は一度に入れるのがよいでしょうが、花が一度に集まらないので、毎日花びらを継ぎ足しています。

2.花びらの色が完全に抜けたら花びらを取り出し、お茶のパックや珈琲フィルターなどで、濾します

どんなに洗っても、本当にちいさな虫や花びら以外の部分が残っていますので、濾しましょう。

3.冷暗所で保管

どんどん味が変わっていきます。その変化を楽しむのも良いかと。年単位で楽しめますよ。