読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

パット・オースチンの植替え

バラの無農薬栽培 ジャンク品(?)扱いのバラを救う

verandarosegarden.hatenablog.com

玄関においてあるバラは1つだけなので、忘れないうちに早めの植え替えをしました。

f:id:verandarosegarden:20161104093831j:plain

状態は、それほど悪くなく、虫にやられているのと、黒点病の葉があるだけです。

鉢を抜いてみると

f:id:verandarosegarden:20161104094007j:plain

無理やり抜いた割に、根鉢がしっかりしています。

抜きずらかったので、一応

f:id:verandarosegarden:20161104094204j:plain

便利なグッズを使っています。

購入時の際の植え付け時に酷評した土に植わっていたこともあり、土をとって行くと、

f:id:verandarosegarden:20161104094400j:plain

意外と、上の発根が弱い。そんな発根の弱い場所に限って、あのきらいな土が残っていました。

f:id:verandarosegarden:20161104094638j:plain

リキダス水溶液に浸けてから、

f:id:verandarosegarden:20161104094727j:plain

ハイフレッシュふって植えつけました。

根がいまいちでしたが、根を伸ばして植えつけるにはもとの大きさの鉢では小さかったので、8号鉢から9号鉢へと鉢増しして植えつけています。

 

ちなみに、玄関はクリスマスツリー風なものを置くため、一時違う場所に置きました。

半年間、真北においても、なんとか育ちました。

ただ、僕のところの玄関は北側向きの180度が解放空間なので、結構日が当たっています。

北向きといっても、全く日が当たらないところはだめでしょうが、僕のところみたいに、北向きでも、夏場は数時間日の当たるところだと鉢バラでも育ち開花しますよ。

 

あと、植替え作業のときは、保護手袋の他に、ビニール手袋をするか事前にハンドクリームを塗っておくと、手ががさがさにならずにいいです。どうしても、鉢を洗う作業など、水を扱うことが多いのでね。