読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

この時期はバラの花が長く楽しめます

f:id:verandarosegarden:20161118114908j:plain f:id:verandarosegarden:20161118114949j:plain

同じ「アルシデュック・ジョゼフ」の花ですが、

左と右の写真は5日間の違いがあります。

f:id:verandarosegarden:20161118115057j:plain f:id:verandarosegarden:20161118115133j:plain

同様に、「パリス」の変化

写真ではわかりにくいのですが、両者とも、最初は花の外側の花びらの色が濃いのですが、時間とともに、全体的に均一的な色会いになると同時に、色が薄く変化していきます。

「アルシデュック・ジョゼフ」は、花びらも丸まってくるので、散り際は菊の花の様になります。

「パリス」の花の経過を見ていると、最初よりも、時間の経った時の方が上品で素敵に僕は感じました。

ただ、気温の高いときは、ここまで、花が長持ちしないので、晩秋から冬限定の楽しみ方なのかなと思います。

香りも少し減りますが、残っています。

バラを栽培するとこんな楽しみもあるといったとこでしょうか。