読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」の茎の食害(カミキリムシ?)-3

害虫 バラの無農薬栽培

verandarosegarden.hatenablog.com

上の記事の続きです。

数日間、下の穴の様子を見ました。

アリの出入りも無く、糞の排出もないので、

f:id:verandarosegarden:20160911102420j:plain

水がたまって腐るのを防ぐために、木工用のパテでふさぎました。

どうなるでしょうかね。

ちなみに上の穴は水が抜けるので、そのままにしておくことにしました。

 

今回、犯人は捕まえられなかったけれど、考えられることは。

カミキリムシの幼虫がいて、針金などでつついていたら、中で死亡。

穴は開いていたので、鼻のいいアリが死骸を見つけてみんなで運び出した。

というものです。

実際、これで終わってくれて、バラが復活してほしいのですが…。