読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダ・バルコニーに、小さなローズガーデンを

バラが一鉢あるだけで、より心豊かな生活ができるかも。そんな生活へのお手伝い情報の発信とサポートをいたします

マンションは一戸建てよりもメンテナンス費用を考えて買いましょう

とある雑誌のマンション広告を見て

 最近すごい華美なマンションは減ってきていますが、それでも、充実した設備のマンションはありますよね。そんな充実した設備のマンション広告を見てふと思ったことを書きます。

 マンションを買われる際に、一応、修繕積み立て金とか最近気にしていただける方も多くなってきましたが、実際、その積立金で足りるかというと、足りないマンションの方が多いのではないかと僕は思っています。

 ここ数年のマンションは、共用部の水道管にステンレスなどの耐久性の高い材質のものを使用してきたり、ベランダの手すりもアルミなどの錆びない材質のものを使ってきています。

 しかし、それでも、月日が経つと、だめになるところはだめになってしまうのです。ベランダのアルミ製手すりを例にすると、確かに、見えているところはアルミなのですが、土台のコンクリートの中に入る部分の一部に鉄製の部品があったりして、錆びてぐらつくということも実際に起こり、修繕費が当初予定していたよりも多くかかってしまうことにもつながっています。

 では、年月を経て、修繕積み立て金の臨時徴収とかの突然出費や修繕積み立て金の上昇を防ぐ手段ではないけれど、こんなマンションの選び方をすると、それも低く抑えられる可能性があるということを書いていきます。

 この記事は資金が潤沢にある方ではなく、さらに、終の棲家としてマンションを購入される方には是非読んで頂きたいと思います。

 

1.共用部分が最低限度生活に支障のない範囲の質素さであること

 たとえば、エントランスが3階吹き抜けガラス張りである必要性ってありますか?

 ホテルのロビーみたいな感じなものをうたっている広告もありますが、普通の人で、ホテルのロビーを年がら年中、会合等に使用する方ってそんなにいませんよね。

 一時の感情に惑わされず、本当に必要な機能だけついている共用部分でよいのではないでしょうか?

 家を販売していた経験から、特に、女性は見た目の素敵さに弱い方が多いです。冷静な目で見て考えた方がよいと思います。

 なぜ、夢や希望を打ち砕くようなことを書くかというと、この共用部分の維持・機能向上のために、修繕積み立て金が必要なのです。だったら、共用部分が少ない方が維持費は抑えられますよね。

 そして、プール、浴場などの水を使う施設があるところは、かなりの維持費がかかることを頭にいれておいてください。

2.機械式の駐車場がないこと

 現在、都心のマンションでは、駐車場が余ってきているにもかかわらず、そのメンテナンスに多大な経費がのしかかっているマンションが少なからずございます。その修繕費も、築10年位から急激に必要となり、駐車場の修繕積み立て金を別に積み立てているところでも、足りなくなってきているマンションもございます。

 もう、ご自身が車を必要とされないのであれば、来客用駐車スペースがあるくらいのマンションがお勧めです。

3.超高層マンションでないこと

 何故かというと、足場が下から上まで作れないからです。だから、超高層マンションでは、大規模修繕時は、ゴンドラを使用して行っているか、部分的に足場を作って行っているかで、非常に足場設置の効率も落ちますし、コンドラだと修繕作業自体の作業効率も落ちるのです。また、高層階ですと、地上付近よりも、風の影響を受けるため、雨が降っていなくとも、作業できない期間がどうしても出てきます。全体的に修繕費コストが上がってしまうのです。

 

 これらを考えるとちょっと安っぽい感じになるのではないかと思われますが、確かに高級そうには見えないかもしれません。ただ、安っぽくならないように工夫しているところも多々あります。

 ただ、考えて欲しいのは、今ではなく、10年後、20年後、その先、いつまでも、潤沢な資金を同じマンションを所有する全員が持っていられるかということです。

 修繕積み立て金とは、あくまでも、共用部分の修繕のためのお金であって、自分の持っている部分、専有部分の修繕には基本的には使用できません。だから、専有部分の修繕は別にお金が必要なのです。古くなれば、専有部分の設備も故障してきます。自分の専有部分の設備を直したくても、修繕積み立て金が足りなくなれば、共用部分への支出が優先されるものなのです。

 ある程度建物は古くなると、かなりの出費がかかるのです。そのときのことを考えずに、一時の気持ちの舞い上がりだけで、マンションを選ぶのはいかがでしょうかと言いたいのです。

 ですから、いつか訪れるときのために、そのときのリスクを減らす選択も考慮にいれておくのが良いかと思った次第です。

 実際最近よく聞かれるのは、「年金生活で苦しいのに、突然、修繕費が足りないから10万円出してくれって言われても…。」みたいな声です。

 一戸建てだと、自分が我慢すれば、雨漏りしようが直さなければそれで良いのですが、マンションはそうはいきません。

 そうならないためにも、きちんとした修繕計画があり、それに伴った修繕積み立て金額の設定、積立金の管理手段の提案があるところで、万が一の場合にも、出費が少なくなるようなマンションを選んでおけば、先々の不安も少なくなるものかと思います。

 その他、いろいろなこともありますが、それはおいおいに書いていきます。